« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

11月 28, 2005

キリスト教式お葬式

キリスト教(プロテスタント)式のお葬式に行ってきました。(お通夜に相当する「前夜式」)

なんだかすごく心が洗われた気分です。

時々牧師さんのお話を聞いてみたいなぁと思いました。

式もこじんまりとして、シンプルで。

天に召されるのがとても自然な感じでした。

目に見えるもの(肉体)は滅びても、目に見えないものは永遠だ、という言葉が心に残りました。

お経とちがって、牧師さんのお言葉が全て理解できたからかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月 20, 2005

もすかう

お久しぶりです。
タイトルだけでわかった人は、、、(コメントできません)

私なんかは、「空耳」よりは聞き違いの方が怖いので、「原語」にあたるタイプです。
でも、空耳だろうがなんだろうが、「そのように聞こえ」「通じるしゃべり方」の方が実用的です。

「掘った芋、いじったな」
が、What time is it now?
と言うのは有名なものですが、いいかげん、日本の英語教育も改革して欲しい。
アルファベット26文字を教えたら、あとは「ローマ字50音表」は教えない。
各人の名前もローマ字で教えてはいけない。
耳を徹底的に鍛えるべきだ。
それと多様性。

英語のheと、中国語のピンインでのheと、日本でのheの発音の違いと意味の違いを徹底的に教え(teach)、習得させ(learn)研究(study)させること。
これは「べき論」ではなく、義務だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月 09, 2005

転職4 とうとう

とうとう発表の日が来ました。
会社の規定に従って先月中には「退職願」を提出済みだったのですが、人事部長が入院していたりして、社内アナウンスが遅れていました。

転職先の選定にあたっては、KT法が役に立ちました。
もっとも、行きたい、行きたい、と言っても先方が「ダメよ」という可能性もあるので、100%自分都合で決められる転職先というわけではないのですが。

ただ、エージェントを通す場合は、その段階でかなりのフィルタをかけますので、合格の可能性は高いです。
そこがエージェントを通す最大のメリットです。

自分から企業のホームページを探して応募する場合、どうしてもミスマッチの部分が多くなります。
今の会社も今年の始めにインターネットの人材紹介会社に募集記事を掲載したのですが、「ダメもと」的な応募が多く、応募する側にも選ぶ側にも無駄の多いものでした。
その後、紹介会社経由での募集に切り替えたらすぐに良い応募者が見つかりました。

話が変わりますが、見落としてはいけないポイントが、「給与以外の待遇」です。

今度の会社は(まだ入社してませんが)、退職金、定年、就業時間等、長い目で見れば大きな差がつく部分で非常に良い条件の会社です。
大手の会社から中小の会社に転職する場合、「肩書きUP、年収UP」につられてしまい、結果として「総労働時間UP、年間就業日数もUP」「退職金が事実上無し」なんてこともありますので、何のために転職したのかわからなくなってしまう場合があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »