« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

8月 30, 2006

キャノン EOS Kiss デジタルX

私は昔はカメラマニアだった。
オリンパスOM2を発売とほぼ同時に購入した(2浪して大学に受かったご褒美として買ってもらった。今から29年も前だ。両親も苦しい家計の中でよくやってくれたと思う)。
当時から、今で言う「モバイル」好きの私にとって、画作りのできる「絞り優先」、そしてオリンパスらしい独創の測光方式は素晴らしかった。ズイコーレンズのやや黄色掛かった色調もなんともいえなかった。
で、いろいろあって、(中略)今はカシオのS600を使っている(飛びすぎ?)。
 私の昔からのこだわりは、「広角は24ミリ」というもの。
デジカメで24ミリ(相当)と言えば、デジイチしかない(コダックは除く:25ミリ相当だっけ?)。
EOSデジタルの最大のメリットはそのEFレンズ群が使えるということであり、最大の欠点はEFレンズ群ゆえに小型化が難しい、ということだ。
 デジカメになる前は、私は銀塩のEOSKissを使っていた。なぜかというと、オリンパスがオートフォーカスに参入遅れしてしまい、OM2の良い後継機種が出なかったからだ。EOSKissは画期的に軽かった。
 だから、デジタルXにもすごく興味がある。でも、ファインダーをのぞいた瞬間の「一眼レフの感動」が無い。
視野率も95%で、それほど悪く無い。でもやはり倍率が0.8倍なのと、覗いた時の視野角の狭さが「おもちゃ一眼」という気にさせてしまう。デジカメなんだから、ファインダーよりも液晶で大体決まっちゃうことは100も承知だが。
 色々交換できて何でも出来る、ということは、「帯に短し、たすきに長し」なんだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月 28, 2006

美味しいご飯も大事だが、安いコメが欲しい!

実は日曜日(2006年8月27日)に書こうと思ったのだが、24時間テレビのせいか、アクセスが少ない感じなので止めた。
 日本は事実上、コメの輸入が禁止されている。東南アジアや中国に滞在(住んだ)した事のある人ならわかるが、あちらではジャポニカだろうがタイ米だろうが、驚くほど安い。(5キロで500円とか)
 高校生とかの食べ盛りのいる家庭とか、ぶっ掛け飯でOKという人は、こういうコメがあったらどんなに助かるのかと思う。
 例えば、100歩ゆずって、タイ米だけを解禁したらどうだろうか?
 200円でカレーライスが食べられる。
 そうやって安いコメが出回っても魚沼産しか食べない人はタイ米は食べない。
 ニワトリと卵ではないが、米の輸入問題とFTA(自由貿易交渉)とは表裏一体だが、高校生一学年100万人としても、高々300万人分の食料をちょっと安くしても儲かる人は儲かるし、失業する人は失業する。
 ガソリン価格が20円上がったとしても、(リッター10キロとしても)月に100キロしか走らない家庭では200円の負担増にしかならない。自家用で月に1000キロ走る人はまずいないと思う(多くは通勤手当とかが出ているはず)。 定率減税カットの方がよっぽど家計に響く。
 本質を丁寧に観察する目が必要だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語教育

語学と言うものは教えられたり押し付けられたりするものではない。   <BSディベート>

要するにコミュニケーションの為のツールであるという大原則を定義すべき。
それは他の学問・教科とは違う。 もっと前提は、日本語を含めた、「言語によるコミュニケーション能力の開発・啓発」である。
 私自身が、こういったインターネットの上でしかこういったことを発言できない。忸怩(じくじ)たるものがある。
もし、安倍さんが「再チャレンジできる社会」というのなら、こういった、「小学校教育で失敗した国語・算数・英語等に関し、別のチャレンジ方法で「国際人たる日本人の基礎学力」を身につけさせることが必要だ。

もう一つは、子供達自身の「友達とコミュニケーションしたい」と思う気持ちを伸ばすこと。
だから、「外国人講師」を招聘するのも良いが、同じくらいの年齢の子供を「交換留学生」で大量に呼び込んだらどうだろう。

話は矛盾するのかもしれないが、日本は国家プロジェクトとしての「英語教育」のポリシーが無い。
シンガポールは英語によって外資を呼び込み、あの地位を築いた。 香港もしかり。 マレーシアも知られていないが英語がちゃんと通じる。
 ただねぇ、冷静に考えて欲しいのは、諸外国から見て日本語を勉強する意義が無いのよ。
話が脱線するけど、例えば中国の自動車産業で今一番苦労しているのは通訳がいないこと。
一方で、英語ができる中国人はゴロゴロいる。ヨーロッパ系の自動車関連企業も中国では英語でやっている。
こういった面から見て英語がいかに大事か、という必要論を解いていく必要がある。
 個人が外国に言って何語でコミュニケーションを取ろうがそれは個人の問題。フランスに行ってホームステイしたい人はフランス語を勉強すれば良い。
 問題はそういうことではなく、英語が出来ないと、日本が国際社会から取り残される、という危機感が国民の間にあまりにも無さ過ぎる、ということ。
 アメリカ人はひょっとしたら世界で一番語学能力が無いかもしれない。おそらく日本人より語学力は無いだろう。
何故か、というと、世界中どこに行っても英語が通じるからである。

話は再度脱線するけど、「BSディベート」はディベートの体をなしてないね。
英語論を持っている人が自分の主張を主張しつづけているだけ。日本人は此処がダメ。
英語の専門家達がディベートできないで、言いたい放題言っているのは「日曜討論」と全く同じ。
パネルディスカッションですよ。
  ディベートが出来ない国民に裁判員制度を導入してもムダだし、ミスリードしてしまう。

ちょっと切り口をたくさん作りすぎて焦点がぼやけてしまってすまん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月 27, 2006

谷垣さん、頑張れ!2

今日(27日)もNHKに出ておられた。
非常に好感の持てる話し方だ。 要するに、「オレがオレが」と根拠の無い自己主張をしたり(麻生さんに多い)、全体をうまくまとめようとして論点をぼやかしたり(安倍さんに多い)しないで、まず自分の考えとその範囲を明確に表明する。自分の考えにしても周辺諸国とか関連する人たちへの配慮をきちんとしている。
 私は谷垣派ではない。
ただ、自民党の総裁候補、ひいては日本の総理大臣となるべき人間が備えておくべき資質を持っているのは3人の中では谷垣さんだけだ、と言っているのである。
 そして、日本国民に早くそれに気付いて欲しい、と思っているのである。
 周辺諸国に迎合すべき、などとは言っていない。かといって、周辺に対する配慮を欠いた自己主張をすることによって周辺諸国を敵に回して良いのか?ということである。
 核の問題と宗教の問題でアメリカは世界をリードする為に「勝者の理論」で押し切ろうとしている。結果としてその片棒を担いでいる日本は周辺諸国を敵に回すことになるのである。
 アメリカにとって日本はアジアにおける美味しい補給基地でしかない。日本が壊滅しようが、アメリカ本土は安泰である。だから日本はアメリカにとって大事なのだ。
 アメリカを敵に回せ、と言っているのでもない。日米同盟というものが、アメリカにとってどういう意味を持っているか、物事の裏側を冷静に見ておいたほうが良いということ、ご近所とはうまく付き合え、ということ。いざとなったときに助けてくれるのは同じ顔をしたご近所なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月 24, 2006

谷垣さん、頑張れ!

極めて私なりに客観的に判断するならば、谷垣・安倍・麻生さん、となるだろう。
要するに、国際的に通用するかどうか、だ。外務大臣かどうかは関係ない。
谷垣さんは「議論ができる人、だ。
ここで言う「議論」とは「ディベート」であり「ディスカッション」である。
日本人、日本の社会では麻生さんのように強いものの言い方をする人は上にたつべき人、という印象がある。
ただ、今回のロシアの発砲事件にしろ何にしろ、発言の裏づけが浅く、拙速である。
安倍さん人気は実力以上に「勝ち馬に乗る」人たちの人気に支えられている。
人間としては安倍さんのことは嫌いではないが(最近はスマートさが減って「悪代官太り」してきているのが気になるが)、もっと「世界の中の日本」を意識して欲しい。
ポスト小泉ならば今からもっともっとアメリカとの絆を作るべきだ。
ただ、日本とアメリカとは同盟関係でよいのか?そもそも「同盟関係」だったのか?そんな条約結んだか?
自分達と考え方の違う人たちを一方的に悪者扱いして、テロリストと一方的に言って宗教戦争を仕掛けているのはどこの国だ?そして、その国と同盟関係にあるようなことを言って一方的にどんどん敵を増やしているのはどこの国だ?
 政治とか外交とか言うのは力で押さえつけることではないはずだ。
なぜ向こうがそういう考えをするのかをよく理解し、同時に向こうはこっちをどのように見ているのかを分析し、誤解があればそれを正す努力をするのが政治であり外交なのではなかろうか?
 昔と比べて世界は非常に小さくなっている。だからこそ近隣諸国への配慮、近隣諸国からどう見られているのかを常にモニタリングする必要がある。(ISOなら当たり前の行動)
 それを国際的なレベルでできるのが谷垣さんなのである。 国民よ、冷静になれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高校生刺殺される

まずは死んじゃった人のご冥福をお祈りいたします。

やっぱり夜中の1時に外で男女が話をしているのは良くない。
まして高校生。
高校生は夜10時には帰宅しておくべき。
今は死語の「門限」という言葉の意味もこういう事件があると改めて「それなりに理にかなったことば」と思えてくる。

私の家の前でも高校生くらいの男女が時々話しこんでいるときがある。
当然のことながら話の内容はくだらないものが殆ど(そもそもあんまり内容まではわからないのだが、話をしているだけで耳障り)

国外に居るときは「ここは日本じゃない」という危機管理、日本に居るときは日本人としての常識を働かせて、「君子危うきに近寄らず」だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月 20, 2006

北方領土での銃撃

まずは亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。
国境や経済水域が確定していない地域、日本と相手国との主張・考え方が一致していない地域における「自主防衛」をきちんとしておかなければいけない。
境界線やその向こうに行けばよい物が沢山取れるのは昔からのはなし。
私が現時点で持っている情報で判断すれば鈴木宗男さんのコメントは正しい。

日本国内での運送業者等に対する規制が厳しいように、グレー海域に出漁する船は全て登録制とし、GPSを備え、本線以外にも行政機関が常にその位置を把握・記録できるようにしておかなければ国際的な議論すらできない。 麻生外相はその点で「すぐに抗議した」が、それが空抗議であり、論理的なデータの裏付け無しで抗議をしても国際的には誰も取り上げてくれない。
あの地域が、終戦後あっという間にロシアが攻め込んできて実効支配をしてしまったのは事実かもしれないが、現実に人が死んでいる問題を避けるような手をまず打つべきだ。
君子危うきに近寄らず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月 04, 2006

何をしても良いのか

9月で引退するのが決まっているから何をしても良いのか?
だったら即刻辞めてくれ、小泉君!
自分は一国の首相、最高権力者だから何をしても良い、というのなら、それは独裁者だ。
日本は三権分立。立法府や司法の人たちがとやかく言う話ではないのかもしれないが、自分が国の責任者としての立場、国の代表者としての立ち居振舞いを考えて欲しい。
確かに選んだのは我々だが、選ばれたからといって、何をしても良いとカン違いされては困る。
だったら、すぐに辞めてくれ。
「個人の自由だから」と言っているが、もう一度良く考えてくれ。
アナタの立場は「個人」では無いのだよ。
我々国民には辞めさせる権利は無いのか?
安倍!あなたももう終わりだ!

まぁ、私の「正しい」考えは毎回の選挙でことごとく裏切られてきたが、結果として「常に」化けの皮がはがれてしまっているではないか。
選挙直後にはいつも私は「時代が変ったようだ」「私の信念とは世の中が変ってきているのかな?」と思ってしまうが、結局国民の皆様が裏切られてしまうことをみていると、感慨深いものがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »