« 2006年12月 | トップページ | 2007年3月 »

2月 18, 2007

市内に無煙ゴミ処理施設を!

「東京マガジン」で小金井市のごみ焼却場問題が取り上げられているが、
①最近の「廃棄物処理」業界は急速な進歩がある。
②自治体・処理業界はもっと積極的に市民を啓蒙していくべき
③戸別収集のような「ゴミを出す側のモラルを問う」方法に改善すべき
④高性能処理施設を「有料」で開放し、自治体(もしくは業者)がビジネスとして成り立つモデルをつくるべき

反対している住民もその人のゴミに対する考えがそのまま処理施設に対する見方になっているように見える。
つまり、汚いもの・臭い物という認識でしかないのではないか。
今は技術が進んでいる。つまり、「捨てるしかない」ゴミを「再生・回収できる資源」にすることができるのである。その「個人では処理できない資源」を「地域の自治体(業者)」にお願いして処理をしてもらう、という考えにならないと、自治体も住民も何の進歩も無い。業者にしてもせっかくのビジネスチャンスが逃げてしまうことになる。

どこの自治体にも流通団地や工業団地のようなものがある。そういった場所に(つまり、もとからトラック等の出入りが多い場所に)無煙の処理施設を作る。
処理すると頃から出る電気・熱・再生された資源等は周辺住民・企業へ還元する。

こういったミニ施設をたくさん作って分散処理する方法は無いものであろうか?
そうすれば、回収コストも下がるし、「ウチのそばに施設を作ってくれ!」ということになるかもしれない。
(というか、そういう方向に持っていくべきであろう)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月 14, 2007

「どこメモ」好調!

昨年の「手帳」更新時期に「どこメモ」の件を書いた。

https://app.cocolog-nifty.com/t/app/weblog/post?__mode=edit_entry&id=13367399&blog_id=83627

このたび、ちょっと似たアイディアがでました。

http://newsflash.nifty.com/news/td/td__itmedia-bizid_20070214042.htm

要するに、名刺サイズのカードをメモ帳にしよう、という考えですが、「どこメモ」をB5サイズの紙で作れば名刺入れに収まります。(少々天地が長くなるので、カットするなりそのまま使うなり)

今日も私の「どこメモ」は好調です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年3月 »