« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

4月 27, 2008

留学生

いったい、留学する、とはどういうことなのだろう?
留学生諸君!
日本で勉強している留学生諸君!
そして、海外で勉強している日本人留学生諸君!
君たちの留学の費用は、だれが、どういう思いで負担しているのだろう?
そして、君たちが留学を決め、祖国を後にするときに、国に残ったご両親はどういう気持ちで君たちを送り出したのか、わかろうとしたことはあるかい?
 よその国の人間を押しのけて、占領するのなら、軍隊として侵攻すればよい。
 でも、北風と太陽ではないが、それではいつまでたっても憎しみしか残らない。
 日本人が中国の旗を振り、中国の人たちが日本の旗を振るようになる日はいつになったら来るのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「休みたいならば辞めればいい」――。

日本電産の永守社長の発言らしいが、私もそう思う。
問題発言の部分も多いのは承知の上だが、会社が忙しくなるように仕事を取ってくるのは社長の仕事だし、競争の激しい時代においては、仕事の量は常に全従業員が所定労働時間でこなせる量を上回っているのは当然。
 仕事とか業務は強制駆動ライン系と、生産・製造現場ライン系、定刻開始~定刻終了型のホワイトカラー系、そして非定刻型に大きく四つに分けてみよう。何が言いたいか、と言えば、会社が残業をコントロールできるかできないか、だ。 
 永守社長が言いたいのは、「ウチはこういう方針でやっている(やっていく)」ことを宣言しているのであって、もうひとつは「自分のライフスタイルでメシが食えるように自分の市場価値を見極めろ」ということだと思う。 有給休暇なんて申請しても受理しないよ、と言っているのではなく、堂々と有給を申請できるように仕事をしろ、という事だと私は理解する。

 もっともっと言うのならば、日本電産という会社がどのようにその規模を拡大して行ったかを見ればよい。日本電産に買収されてしまった会社の多くは、それなりの理由があったはず。(ここでは書かないが、多くの会社の場合は、買収されなければもっと従業員は悲惨な結果になっていたはずである) 仕事をくれ続ける永守社長は「ありがとう」と(そういった従業員達から)行ってもらうつもりは持っていないと思う。だけど、そんな会社を買ってくれた日本電産に感謝ができないのならばやはり自分の意思で去るべきだと思う。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月 24, 2008

山口県光市母子殺害事件の被告弁護団

裁判員制度の導入がいつ、どういう経過で決定されたのかはよく知らないが、「全体的に見て原告側と被告側がどのように見え、どういう議論が展開され、どのような判決に落ち着くのが妥当か」を客観的に評価したうえで審議展開計画を立てて欲しい。
 もちろん、「一寸の虫にも五分の魂」という言葉もあるし、ちょっとしたいたずら心や過失で起こしてしまった小さな過ちの為にパニックとなって信じられないような凶行に発展することは少なく無いと思う。
 だからこそ 「顔を見られたのでパニックになってしまって」(例えば、の話です。今回の裁判の事件とは関係ありません)「後から思うとなんであのときにもう少し冷静になれなかったのか悔やまれます」と反省し、「取り返しの付かないことをしてしまい、本当にごめんなさい」と素直に謝れば、その誠意は原告側にも傍聴者にも伝わると思う。
 被告弁護団は被告を弁護するのは当たり前だが、原告や傍聴者がどういう気持ちでいるかも考えるべきであろう。アメリカ式の「議論(ディベート)に勝つか負けるか」の方法論で物事を進めてしまうと、日本では取り返しの付かないことになることをもっと大人の観点で理解して欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月 08, 2008

ドンドン迷う

さて、Dyanbook SS RX1/T7A を入手したのは良いが、遅い。薄さと軽さにはホレボレするが、動画の変換とかが遅い。 モバイル人間の私であり、将来にわたって持ち運びの気軽なモバイルパソコンが欲しいのだが、たまってしまった8mmビデオとか、最近撮ったハイビジョンビデオの編集とかには全く使えない。
 だいたい、主要用途が (1) テレビの視聴 (2) テレビを録画して、それをPocketPC 規格にエンコードして通勤時間に見る (3) インターネット   がメインで、それに (4) 動画編集 となると、AVパソコンとモバイルパソコンの2台を使い分けるのが効果的?
 そもそも会社支給のパソコンがDELL LatitudeD420という、デルでは最軽量(それでも1.4Kg)なので、家からパソコンを持ち出すことはあまり無い。(カーナビを持っていないので、ドライブのときは地図ソフトを持ち出すために、会社パソコンを持っていくのだが、セキュリティー上、問題があるのでどうにかせんといかんと思っている最中。

となると、動画編集・動画エンコードに要求事項が絞られてくる。
一方で、アナログ放送終了が近づきつつあり、またビデオの編集(要するにテレビで見たいからDVDに焼くだけなのだが)となると、AVノートかAVデスクトップとなってくる。

今までデスクトップなんて全く気にしていなかったが、「地デジ視聴」ならノートなのだが、動画編集となるとやはりデスクトップか? でも、モニタとかスピーカとか色々考えるとやはり場所が無い・・・・下取りも考えてもう一度検討!(地デジハイビジョンも視野に入れて)

最終的にはハイビジョン画面をあきらめて地デジAVノートになりそう・・・なのだが、できればT9300搭載モデルが欲しい・・・   悩みは尽きない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »