« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

5月 25, 2008

アフリカ会議とアフリカ開発会議

2008年5月28日に横浜でアフリカ開発会議が開かれるという。
私はこの話を5月23日に知った。
たまたま乗った横浜市営地下鉄に中吊り広告が出ていたからだ。
調べてみると「戦略的誘致」とのこと。
 実は2006年に北京に出張に行ったときには「度肝を抜かれた!」
北京空港はアフリカ一色。「祝アフリカ会議開催!」「歓迎歓迎アフリカの指導者たち!」等々。空港から市内への道のあちこちにも歓迎の看板が立ち並び、ホテルも、ほぼすべてのホテルに「祝アフリカ会議開催」の横断幕。宿泊したホテルの部屋にも「アフリカ週間特別プログラム」等々。
 部屋に差し入れられた「人民日報」にもアフリカの記事だらけ。

日本からのODAがアフリカ向けに転用されているかどうかは別として、そのしたたかさにはただただ感心するばかり。訪れたアフリカの人たちのみならず、ありとあらゆる人が中国とアフリカの絆の深さを実感するであろう。
 アフリカから横浜を訪れた人のどのくらいの人が市営地下鉄に乗るだろうか?
横浜を歩いていて「アフリカが歓迎されている」という気持ちになる人が何人いるだろうか?そもそも成田に到着したアフリカ以外の人たちはアフリカ開発会議の開催すら知らないだろう。
 学校教育において、世界中の人たちと協力し合って行くこと、日本が手を差し伸べるのを待っている国々がたくさんあること、そしてそれら国々に人的支援をすることがいかに有意義なことであるかを教えてみてはどうだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月 20, 2008

対アフリカODAを2012年までに倍増する

まぁ、情け無いと言うか、知恵が無いと言うか・・・
自分の財布からお金を払わない人の発想というか・・・

ODAは、もらう側にしてみれば多いにこしたことは無い。
ただ、それが、本当に必要なものなのか、必要と気づいていなくても、後から「あのときのあの援助で今、国がこれだけ良くなった。それは日本のおかげだ」と20年後に言われるためには何をすべきか、よ~く考えてみてはどうだろうか?
わが社の営業も自分が仕事をしているうフリをするために忙しそうに動いているが、何の成果も出ない行動を容認している人にも問題はあるよね。

話が脱線したが、ODAの尺度って、金額だけですか?
派遣するJAICAの専門職の人を3倍増させる、とか、シニアボランティアを5倍にするとか、留学生を4倍受け入れる、とか、「円」ではなく、「人日(人数×日数)」が劇的に増加する方法を考えたほうが良い。
後で、何の感謝もされない援助は道路予算と同じで、無駄しか生じない。

で、もっと言いたかったのは、そんなことは既に中国は大昔からやっていて、更に「アフリカ会議」を北京で開催したりして、しっかりとアフリカ人民の心をつかんでいる。

お金があるとどうしても奢り高ぶるようになる。そしてその後でお金がなくなると心が貧しくなる。
最初から貧しければ、「ボロは着てても心は錦~」となる。
ハングリーな人が清く潔く頑張れる。 我々は忘れてしまってはいないだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月 02, 2008

カルフール抗議行動と愛国主義 愛国感情

日本人もそうだけど、本当に国を愛しているひとはそんなに多くない。
中国でカルフールに対する抗議行動や不買運動が起きているが、それは愛国感情の高まりではなく、中国政府の「仮想敵国」政策に乗せられているだけである。

 中国の人たちは、「中華思想」が強いと言われている。ここで言う中国の人たち、というのは、華僑の人たちであったり、中国から海外に留学に行って、一生懸命に勉強している人たち、中国から海外に「偽装留学」している人たち、中国国内に居て、海外を見たことの無い人たち、色々と広範囲な意味である。
 そういう人たちが、海外のある場所を五星紅旗で埋め尽くすという行動が情けない。
五星紅旗は中華人民共和国の国旗ではあるが、中華民族のシンボルではないはずだ。
 古くから海外に出ている華僑のひとたちは、その国に根ざしつつ、でも一歩家庭に入れば先祖代々の文化風土が脈々と生きている。だから、戸外に居るときはその国の代表を応援し、家に帰ったら自分の好きな人たちを応援する。
 別の言い方をするならば、日本において五星紅旗を振るのは日本人であるべきだ。
思いやり、おもてなし、そしてその反面としての「村八分」といったものを風土のベースとしている日本/日本人にとって昨今の中国の人たちの態度・行動は受け入れられない。
 つまり、日本人社会/国際社会の中で孤立していますよ、ということ。

自国内国民だけで世界の人口の五分の一を占めてしまう中国の人たちは、「だから中国人だけでも一つの世界が作れるんだ」と凄むのではなく、「だからこそグローバルな、グローバルの一員として他の五分の四の人たちから尊敬される行動を取ろう」という気持ちを持って欲しい。

集合住宅のベランダから家庭のゴミを外に捨てる人たちにはムリか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »