« お金を稼ぐと言う事 | トップページ | インドネシア人看護師 »

7月 29, 2008

Atomパソコン

IntelのAtomというCPUを搭載したパソコンに興味がある。
だけど、画面はWXGA(1280*768)欲しい。
要するに、ちゃんとしたワイド画面だけど、消費電力の小さなパソコンが欲しいのだ。
おうちにはCore2Duo T9300 (45nmプロセス 2.5GHz)の17インチ巨大AVノートパソコンがあるので、それの「サブ」マシンとして使用したい。
気持ちとしてはLooxRやDynabook SS/RX1のようなものが欲しいが、20万円も出せない(東芝は「ちゃんとした中古パソコン」をリーズナブルな価格で販売しているが、Dynabook SS/RX1は画面が見にくい。スピーカーがモノラルだ。)
Looxは以前、LooxT86Aという名機をメインマシンとして使っていて、ものすごく愛着があるが、Rシリーズになってからは「AVモバイル」というカテゴリから転向して「ビジネスモバイル」というカテゴリになってしまってちょっとさびしい(Core2DuoのUシリーズやSLシリーズでは厳しいのか・・・)

工人舎のSXシリーズに期待するも、Atomのデュアルコア版が秋には出るとの話もあり、資金繰りにメドがつく10月頃にもう一度悩むことになりそうだ。 

8月末時点ではmsiもしくはマウスのU100がいいですね。
1024x600  2Gに増設可能。2.5inchHDD。これはSSDに換装が簡単。 スピーカーが底面についていて、机に反射させるタイプなのがイマひとつだが、その分ほんのちょっとでも口径の大きなものがついていると理解しよう。

画面の小ささは「スピーカー付のモニタ」に接続すればよい。

(8月末追記)

やっぱりUMPCとかNetBookの類のパソコンは「初めて買うパソコン」として位置づけるのは難しいと思う。
私のオススメは
1:フツーの人  最初に買うのは「エントリーモデル」と言われる、8万円~10万円程度のオールインワンモデル。 これが重過ぎる、ということで持ち運びのラクなモデルが欲しい、というときにUMPC/NetBook。 その次にはオールインワンモデルの中でもスペック重視(15万円がひとつの目安?:この頃には自分が何をしたいのか、どういうスペックが重要なのかがわかっているだろうから)

2:最初からモバイル重視の人 モバイルで何でもかんでも、というのは20万円を超える。
それと持ち運びを重視するのなら1.5Kg以下。となると、ある程度大きな(有名な)日本の会社のものが無難だ。うまく選べば15万円以下でも入手可能だ。オフィスソフト(Microsoft Office)が必要ならばついているほうがお得だが、マイクロソフトオフィス製品をメインでつかわないのならばオフィス互換ソフトがお手軽だ(マイクロソフト製品と互換性があるのに無料のものまである)。
 で、しばらく使ったあとで、自分なりに必要な機能を備えたパソコンを購入すればよい。持ち運ぶ必要が無いのだから、「デスクトップ」という選択肢もある。モニタをうまく選べば最初のモバイル機の外付けモニタとしても使える。

|

« お金を稼ぐと言う事 | トップページ | インドネシア人看護師 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Atomパソコン:

« お金を稼ぐと言う事 | トップページ | インドネシア人看護師 »