« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

8月 31, 2008

AtomかC2Dモバイルか?

悩む!
どちらも1.1~1.2Kg.。 C2Dモバイルのほうは光学ドライブまでついている。Vistaもそれなりに動く。性能的には・・・意見の分かれるところであろうが、アプリケーションによっては約2倍程度C2D(1.2GHz)の方が早い場合もあるようだ。金額的にはC2Dモバイルモデルも14~5万円。Vistaなので今後3~4年は使えそう。
一方でAtomの方は現時点で「なんとか動く」レベル。今後2年程度で性能は陳腐化しそう。
画面も大きい。
2台目との位置づけにしても、Atomの場合は完全にサブマシンなのだが、C2Dモバイルは暫定的にメインマシンの「予備機」としても使える。

だから、「お金があるならC2Dモバイル」なのではなく、「お金を出してでもC2D」なのかもしれない。だからこそAtomマシンを買う意義を明確にする必要がある。

ひとつは、クルマの中で使う。(電源の問題はない:DC12V→AC100のアダプターは持ってるので、ちょっと荷物にはなるけれど、とにかくクルマの中でバッテリーを気にせずパソコンやインターネットが出来ます。:まだカーナビは持ってませんが、地図ソフトはありますし、FOMAモバイルカードもあるので、車の中でNAVITIMEも使えます。

クルマの中で使うことを考えれば、フットプリント(特に縦方向)はやや短いほうが便利。
Loox R  275mmx207x(27.3~37.4)重さ約1.2KG
MSI Wind Netbook U100 260 x 180 x(19~31.5) 重さ約1.1Kg

もちろん、車内に放置する気はまったく無いけれど、「価格が安いほうが気が楽」というメリットもあり、車内利用を考えるならNetbookか?
(スタンバイからの復帰時間とかはVistaの方が良いですけどね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月 29, 2008

退避勧告 続き

1)日本国政府はなぜ「退避勧告」を出している国に行こう、行っている日本人を容認するのか?
  罰則規定や強制措置をとることは出来ないのか?

2)中村さんの件で、いくつかの新聞を読んだが、「退避勧告が出ているアフガニスタン」のような表記がまったく無いのはなぜか?

「ペシャワール会は現地に事務所もあり、活動実績のある」NPOだから、といったような表現も見受けられるが、結果として日本人が犠牲になった。今回は特に、巻き込まれたのではなく、標的になった。

誰に責任があるというつもりは無いが、君子は危うきに近づいてはいけないのだ。
危うきに近づいてもっとも貴重なものを失い、多額の税金や時間が無駄に使われる。

迷惑だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月 27, 2008

退避勧告

危ない国に行かれて日本国として出来ないような人道支援を行っている方々には頭が下がりますが、お願いですから、外務省の退避勧告等には従ってください。

あなたがもし、そういった国で事件や事故に巻き込まれてしまったときにはその処理のためにあなたががんばった何十万倍ものお金、尽力(人力)、時間が日本人の税金から意味も無く支出されていきます。
最悪の場合はそららのお金が悪人の手に渡り、武器の購入に使われたりするのです。

自分から現地に行かなくても支援をすることはいくらでも出来ます。
お父さん、お母さんを心配させるようなことはしないでください。
あなたがせっかくがんばった、それを仇でかえすようなことはしないでください。

頭を使ってください。チエを働かせてください。命を大事にしてください。
俺だけは大丈夫、なんて絶対に考えないでください。
多くの場合、俺だけが犬死してます。

とにかく、現地は日本とは違います。現地に行かなくてすむ方法を考えてください。
現地にいる人はその経験を活かして、日本から出来る方法を考えてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月 16, 2008

ノートパソコンの処分

物価高の折、手持ちの現金が減ってきたので使っていないパソコンを現金化することにしました。

中古買取業者さんに持ち込むときの注意点です。

1)できるだけ、発売当時の製品のページ等を調べて、購入時に付属してきたものをかき集めて持ち込むこと。たとえば電話線(モジュラーケーブル?)とかでもついていないとすぐ500円減額とかになります。
同様に、PCMCIAカードスロットの蓋とかも。
マニュアル類・○○ガイド等も  箱はあったほうが良いですが、無くても減点にはならないようです。
2)OS等を変更している場合(2000からXPとか)も「XPの方が新しいから査定が良いだろう」ではなく、「オリジナルがどうだったか」が問われるようです。
2000のパソコンにXPをインストールしたものを査定してもらったら、減額されていました。
でも、単にリカバリするだけではなく、最新のサービスパッチは当てておいたほうが良いでしょう。
3)メモリは増設してある場合は加点になりますが、ものによってはオークションで処分したほうが高い場合もあります。HDDはなんともいえません。オリジナルのものがちゃんと動くのならばそれでよいと思います。
ただ、往々にして手放してしまったあとで「あ、あのデータ」なんてことになりかねませんから、手持ちのHDDに余裕があれば「クローン」をつくっておいたほうが良いかもしれません。(ある程度「抽象的」な表現にしてあります。意味のわからない人はあまり深入りしないほうが良いです)
4)印象を良くするためにも、外観はきれいにしておきましょう。
5)お店の買取キャンペーン等こまめチェックしましょう。
6)いきなりパソコンを持ち込むよりは、まず、手持ちの要らないハードウェアを下取りに出してみて、雰囲気やノウハウを知るのもベターですよ。
7)中古パソコン販売業者やオークションで、大体いくらで売られているかもチェックします。私の経験では「買取」は「(その中古パソコン)販売価格」の半値がひとつの目安となります。
8)ですから、「付属品が一通りそろっている場合」はオークションで出来るだけ高く売る。
付属品が欠損している場合は減額覚悟で中古パソコン買取業者に持ち込む
のが良いでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月 08, 2008

張芸謀さん丸出し!

張芸謀監督は大好きな作品を作ってくれる監督の一人だ。
だが、オリンピックの開会式は「張芸謀監督丸出し」。
開会式はさすがに感動!というよりは圧倒された部分もあるけど、でもねぇ、、、、

先日の「27時間テレビ」的な白けた感じ。(「さんま」すぎた)
中国が国家の威信を掛けた開会式が張芸謀監督の「一人舞台」になっちゃっていいのでしょうか??
もうひとつは、開会式の規模が大きければ大きいほど、「そこまで国のメンツを掛ける必要があるのか? それだけのお金があれば、救われる人民が何人居るのか?」

開会式を全部見ることができなかったが、たとえば農民や少数民族、人民解放軍の若き兵士たちに光は当たっていたのか?

オリンピックが開催できる、という能力をアピールしたい気持ちはわかるが、やればやるほど「うそっぽく」なってしまうよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インドネシア人看護師

実は私はジャカルタにも2年近く居たことがある。
で、日本の社会がインドネシア人に来ていただくにあたって、思いやってほしいことがある。
宗教(イスラム教)のことである。
彼らは1日5回の礼拝とか、金曜日の礼拝とか。礼拝の前には身を清める(足を洗ったり)。そういう「清める場所」とか「お祈りする場所(メッカの方角が記されているほうがベター)」を確保してあげてほしい。
それと食事。ブタ肉を食べないのは有名だが、それ以外の動物の肉もハラルというきまりにのっとったものである必要があったり。
 スカーフの問題もある。イスラム教にも色々と流儀があったりするので、人前ではフツーのインドネシア人で、「この人はイスラム教ではなさそうだね」と思っていてもちゃんと礼拝している(そのときだけスカーフを着用している)なんてこともある。

異文化か宗教の違いを知ることによって日本の考え方、社会のあり方を見つめる、なんてのはどうだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »