« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

9月 30, 2008

MSI U100Extra/U90 ホームページに出てます!

エムエスアイコンピュータージャパンのホームページを見に行ったら、無敵のU100 Extraと、真打のU90が掲載されていました。
U100 Extraは、U100に対し、 6セルバッテリーが標準 無線がドラフトn Bluetooth メモリ2G 160GSATAHDD  (重量1.27Kg)

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0929/msi.htm   に出てましたね。

U90はU100に対してディスプレイが8.9インチになっただけ。

どちらも魅力的ですけど、遅かったねぇ~。私はONKYO SOTEC DC101予約しちゃったから。
クリックボタン以外はU90で十分だったのに・・・ 時はカネなり、ですね。
欲を言えばU90 Extra?

MSI はマザーボードメーカーらしく、U100用のオーバークロック対応BIOSも発表しているみたいだし(ATOMの1.6GHzを2.0GHzにオーバークロック動作させるもの:もともとU100は発熱が少ないので、25%オーバークロックは魅力ですよね)
 とにかく、日本人が欲しいと思っているミニノートに近づいている感じ。 DC101を購入することにしてますが、こちらの発売も楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月 29, 2008

NetBook大活用! クロスケーブル1本で!ストレートでもOK!

最近流行のミニノートパソコン(ミニノートPC/UMPC/NetBook/minimumPC:私はNetBookと呼ぶ)だが、最大の特徴であり欠点は光学ドライブ(CDドライブやDVDドライブ)がついていない、ということだ。
 「それがなにか?」という人も多いとは思うが、光学ドライブが無いと、それなりに不便。
 (1)CDやDVDの鑑賞ができない。ソフト・アプリケーションのインストールもできない
 (2)CD-R/DVD-R にデータを焼いてそれを何枚も作って配布したりできない
 (3)何かあったときにOSのインストールもできない
 おまけに、光学ドライブが無いクセに小型モバイルパソコン(20万円くらいするヤツ)並みの重量
でも、NetBookは5万円前後で気軽にインターネット/パソコンライフを楽しむためのもの。これにお金を掛けて重装備するよりは、手持ちの資産を有効活用しようではないか。
 つまり、手持ちの、Netbookを買う前に既に持っていたパソコンの資産を有効活用して、NetBookを万能とは言わないが「より使えるマシン」に仕立てよう!

続きを読む "NetBook大活用! クロスケーブル1本で!ストレートでもOK!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月 28, 2008

罷免でしょ!

中山国土交通大臣が辞表を麻生総理に提出したのだが、何故辞表を受け取ったのか?
辞任する理由は無い。罷免ではないのか?
 民間企業の理論から言えば背任行為であり、確信犯であるので懲戒解雇に相当する。
 民間企業の場合は退職金に大きな差が出る。解雇は退職金は出ない。自己都合で辞める場合は退職金が出る。
 選挙区の有権者の期待をこういう形で裏切ってよいのか?
 それでも有権者は彼に期待するのか?彼は選挙民に何をしてくれるのか?
 大臣職の辞任ではなく、議員辞職ではないのか?

辞任会見でもまったく反省の気持ちが無い。結局麻生内閣の閣僚はみな同じ、と思われてもしょうがないし、麻生総理の任命責任名は当然問われる。投票した人の責任は?

選挙は人気投票ではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月 25, 2008

麻生内閣 カン違い内閣

嫌いなものは嫌い。

閣僚名簿の発表を自分でやる。独裁者か!
閣僚全員の写真(認証式の後の写真ではない) 女性をはべらせてご満悦(⇒小泉さんも似たような写真が残ってた)
男尊女卑内閣 女性が単なる飾り物になっている。女性有権者からの支持がどうなることやら。
閣僚⇒知らない人ばかり 知っているのは桝添さん・与謝野さん・石破さん、野田さん、小渕さん、鳩山さん、中川さん、甘利さんくらい?小渕さんは別として、他の人は過去も大臣とかやって露出度の高い人だからね。 実力を発揮して欲しいのは桝添さん・与謝野さん・石破さんってとこかしら。他は期待が持てない。(というか、実力を知らない⇒あまり実力が無いのでは?)

しゃべりに「品」が無い。国を代表する人として尊敬できない。

がんばって欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月 24, 2008

麻生内閣万歳!

麻生さんに投票された人たち、おめでとうございます。
皆さんが選んだ麻生さんが作った四役・内閣 最強の布陣ですね。
これで5年後10年後の日本は経済も回復して安定成長して、国際的な地位もぐんと上がって、近隣諸国からも感謝される良い国に成っているでしょう。

まずはおめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NetBookを更に安く買う方法

WindowsXPとか2000の製品版を持っている人はライセンスに影響しない範囲でそれを利用してみよう(デスクトップ1台と、持ち運べるパソコン2台まで?)。

で、Ubuntuモデルを買う。SATAのハードディスクをもう一つ持っている人はパソコンに最初に入っていたHDDをはずして、「Windows用」HDDをつけて、OSのインストールをおこなう。
 余分なHDDを持っていない人はデュアルブートにするか、Ubuntuを捨ててWindowsをインストールする。やり方は説明しません。わかる人にはわかるし、わからない人にはわからないから。 わからない人がムリをすると取り返しのつかないことになっちゃいますからね。

CドライブがSSDの場合はどうするのかしら?
私なら(使用していない)2.5インチHDDがあるので、True Image でSSDのイメージをHDDにクローン(退避)させて、そこにWindowsをクリーンインストール、でしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月 23, 2008

SOTEC DC101 出た~!

私が気にしているMSI Netbook U100 と真っ向勝負のマシンが出てきたゾ!
何が言いかと言えば、タッチパッドのクリックボタンが独立していること。
ACアダプタのプラグがL字型になっていること。

現時点では、HDDやメモリの交換・増設、大容量バッテリーがどうなるのかわからないが、言い換えれば「どうでも良い問題」。
 Dual Core Atomは9月21日に発売になったが、これはマザーボード、というか、デスクトップ。ノートのDual Core Atomは来年になる、というウワサ。
 スペック的には10万円台前半のモバイルノートの方が軽量・高性能・高機能・長時間バッテリー駆動・高ディスプレイ画素数なのだが、やっぱりATOM Net Bookも欲しい。
 言ってみればレクサスハイブリッドも欲しいが軽自動車も欲しい、といった状態。

東芝もヨーロッパで発表したみたいだし。量販店は売り上げ単価が下がるので戦々恐々かもしれないけど。
 2.5インチHDD搭載モデルで5万円で買えるモデルが欲しい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月 22, 2008

石原伸晃氏 頑張れ!(2)

自民党総裁選が終わった。
石原伸晃氏は4位だった。
次回は谷垣さんも出てくるだろう(今回は出来レースだったから、最初から出なかった)。

まぁ、日本国民には民主主義選挙と人気投票の区別がついていないのがまたはっきりしたけど、選んだ人は最後まで応援してあげてね。私は選んでいないので応援しない。

ここで民主党に負けたほうが自民党は「野焼き」のように、次は少々しっかりした人が出てくると思う。 自分の国は自分で守ろう。 でも「北風と太陽」を忘れないで欲しい。

未来志向で、とよく言うが、それは過去を無視するということではない。
過去の失敗を良い経験にして再び同じ過ちを犯さない、と誓うことだ。
そう誓うのなら、周りの人は優しく受け入れてくれるだろう。 意地でも謝らない、というのとはワケが違う。 ゆとりのある大人の言動を心がけましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

総裁を選ぶ、という責任と、なぜ麻生氏なのか?

まぁ、過去私が投票しなかった人は「私が投票しなかった理由」がもとで実績を残していない人がほとんどなのですが、今回なぜ皆さん麻生氏に投票するのでしょうか?
 もう一つは前回の参議院選挙の話になっちゃいますが、なぜ民主党が参議院選で圧勝しちゃったのでしょうか?

 投票をする人は目先だけではなく、5年後10年後も気にしながら誰にするか決めましょう。国際的に日本がどうなるのか?選挙民の多くの「昭和」はもうとっくに過去のものです。他の国から「内政干渉」されたくなければ、国民が国際的な感覚を身につけるしかありません。

 国民にとって衆議院議員選挙と参議院議員選挙の区別が出来なくなってしまった今、参議院を「良識の府」とは言いにくくなってしまったが、だったらなおさらの事、1院制にして、規模の縮小(議員数の削減)も考えるべきかもしれない。
 一方で、民主党は参議院では、だからこそ、「民意民意」と叫ばずに各議員が崇高な(孤高な?)良識のある人間になって欲しい。

で、麻生さんを選んだ人は「麻生さんに国政を託す」のではなく、「麻生さんと日本の舵取りをする」という気持ちでやってほしい。
 ミステリーツアーではないのだから、バスに乗る人は自分はどこに行って何をしたいかに対して責任を持って欲しい。
 福袋ではないのだから、ツアーバス「麻生号」に乗ると決めたが、そのバスがとんでもない所に行ってしまって後で文句を言うようなことはしないで欲しい。

繰り返すが、人気投票では無いのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月 20, 2008

EM(イーモバイル)だけにしてしまう、という選択

最近は12MのADSLもずいぶん安くなってきたが、それでもやはり毎月2000円程度掛かってしまう。
 で、思い切って「プロバイダ+ADSL」の組み合わせをイーモバイル(7.2M)一本にしてしまってはどうだろうか?
 考え方の根底には、「現在のADSLの環境+月々3000~4000円」ではなく、「現在の支払額+1000円~2000円」で、どこでもインターネットが出来る、ということ。
もちろん、フリースポットでもっと高速なインターネット、というオプションも残っている。
 我が家の場合、ADSL+無線 で、それを利用しているパソコンが3~4台あるので上記はムリなのだが、一人暮らしの方や、パソコンが1台だけ、という人(家庭)には一つの考え方だと思う。

イーモバイルの最新のTouch Diamondなら7.2Mでインターネットができるし、Windows Mobileなので、無線LANを経由させてワイヤレスアクセスポイントにさせることもできる。
Bluetooth®2.0は3Mが最高なのでせっかくの7.2Mがもったいないが、これを無線LANのサーバー(?)化することも可能だ。モデムとして使っている間は電話はできないのかもしれないが、パソコン側からスカイプ、なんてやるのは本末転倒?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月 16, 2008

Dual Core Atom (デュアルコアAtom)マシン 大胆予想! & MSI NetBook U90

9月末にもDual Core Atomが発表されるとの話で、ここ数日はあまりNetBookの話が出てこない。
私が勝手に予測(希望)するDual Core Atomマシンは、
1)メイン価格帯は75000円~8万円 (Atomマシン+2万円)
2)Windows Vista Home Premium (SP1)
3)メモリは1G (2G以上に増設可)
4)ディスプレイ WXGA (1280x800 )
5)現行マシンよりも10%以上バッテリー長持ち(チップセット、どうにかなりませんかね)
6)オプションで「出っ張らない」6セルバッテリー)

欲を言えば、CドライブがSSD(16G)+2.5インチのDドライブ ディスプレイは10インチ
SD(SDHC)カードスロットx2 +マイクロSDカードスロットとか

わくわく!

で、そうこうしているうちにMSIからU100のディスプレイを8.9インチにした(その他のスペックは皆同じ)U90が発表されたようだ。(同時に大容量バッテリーモデルも?)
ある意味、EeePC901Xキラーですね。 
これは伏線として、Dual Core Atomを搭載してVistaモデルにしたもの(仮にU200とかしましょうか・・・でも3桁の数字はディスプレイの大きさっっぽいから、U102?)に対してWXGAを10インチ液晶で搭載してくる可能性?

つまり、
Dual Core Atom ハイスペック&VistaモデルはWXGAで、バリューモデルは無し。
フツーのAtomはスタンダードがWSVGAのU100で、バリューモデルがU90。
そう見るとU90+大容量バッテリーが注目かしら?
ソーラーセルモデルとか出ないのかしら?

とにかく、手持ちのPenIII 1.2Gマシンにはこれ以上お金をかけずに、5万円でUMPC(NetBook+)を入手することを考えよう。PenIIIマシンはHDDがIDEだし、メモリは価格が高いので、これ以上手を掛けたりお金を掛けたりするマシンでは無い。 
 5万円で買えるのなら2年程度しか使えないとしてもシングルコアAtomでOK。

9月30日追伸:  http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0929/msi.htm 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月 15, 2008

竹中平蔵はなぜ間違っているのか?

一般Peopleは目先の現金に弱い。 自分の子供には「知らない人について行っちゃダメよ」と言いながら、知らない人を総裁に選ぶ。
 結論から言えば、竹中平蔵先輩は正しい。小泉改革もまだ道半ばなので、結論が十分に出ていない部分があるのも事実だが、ここで構造改革の手を緩めてしまっては、「もうちょっとでピロリ菌をやっつけるところまで来ている抗生物質治療を止めてしまうようなもの」。 つまり、きちんと構造が変わらない状態で「構造改革には意味がない」という意識を植え付けてしまう、ことになるし、細菌には「耐性」がついてしまって、次にはその抗生物質よりももっともっと強力な薬を使わなければならなくなってしまう。
 抗がん剤治療では多くの人が副作用に苦しむ。
 だからといって、お医者さんも患者さんも「苦しいから止めましょう」とは言わないのはナゼ?
 ここまで癌をガンと言わずに、放置してしまったのは誰のせいなのか? 自民党というよりは日本国民である。
 誰だって病気はつらい。早く直したい。
 だから、今、体質改善もしながら大手術もしなければならない。 手術の途中で「麻酔が切れかけた」時に、皆さんはどうするのですか?」
 ここは思い切って麻酔のやり方を見直しながら、手術を成功させないといけないんです。
 過去、私が支持した人は、ほとんど落選してます。でも、そのときに受かった人は成果も残せずに、ひどい時には大失敗もしてます。 選挙とは目先の人気投票ではないのです。 民主ではあるのですが、その民は自分の5年後10年後、子供の代まで見据えた投票をしなければなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月 11, 2008

反麻生氏&民主党

私が麻生氏に反対するのにはいくつか理由がある。書ける理由もあれば書けない理由もある。書ける部分だけ書こう。
1)財政出動はあまりにも近視眼的だ。財政出動後の絵が見えない。
 同じように、社会保険や防衛、外交等々、何もビジョンが見えない。私に見る気が無いだけかもしれないが、それでもやっぱり見えない。記者等から聞かれたらそれなりに応えているが、でも「場当たり的」というよりはやはり「目先のことだけ」の解答であり、5年後10年後に対するビジョンが見えない。
 写真映りや言動が若いが、既に67歳。経験豊富なのは事実だが、「これから」を託すにはムリがある。
2)「英語でしゃべらナイト」では英語が達者なことがわかった。そこは100%評価できるが、2年間も留学したのだからあの程度は出来て当然だろう。
 せいぜい、「英語で交渉」して欲しい。日本語でのビジョンが見えない以上、英語も「日常会話程度」ではこまる。重要なのは、英語が話せるかどうかではなく、「議論が出来るかどうか」である。

で、麻生さんが総裁に選ばれちゃったら、今度はやはり民主党に政権をとってもらうしかない。民主党に期待をしているのではなく、根腐れしている官僚制度をたたきなおしてもらうためである。

日本国民よ。ちゃんと将来を見据えなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月 09, 2008

HDDが寿命?

草柳文恵さんがなくなられたそうです。合掌・・・・

さて、先日起動不能になった私のセカンドパソコンなのですが、(2002年製。当時はWindows2000マシンだったが、現在はメモリも500まで増設し、PentiumIII-1.2Gながら1.6Kgと軽いので重宝していた。 先日、A disk read error occurred. Press Ctrl+Alt+Del to restart. なんて表示されてしまい、「修復セットアップ」を試みたがうまくいかず、結局クリーンインストールをおこなって、身軽になったので気分よく使っていたのですが、昨日帰宅して電源を入れてみるとまた A disk read error occurred. Press Ctrl+Alt+Del to restart. が再び表示されてしまいました。
 パソコン(ノートパソコン)は、電源OFFではなく、「休眠(ハイバネーション)」モードで寝ていたはずですが、なんらかの拍子でお目覚めになり、そのまま熱暴走(ディスプレイを閉じてあったので)したような気がします。

 しかし、わずか数日間で2度も同じエラーになりましたので、今度はHDDを別のものにするのと、ハイバネーションは使わないモードにしようと思ってます。
 ちなみに、HDDが死んじゃっている間は7200rpm60GにインストールしたWindows2000を遣っているのですが、モーター駆動騒音が気になる。ポインタの挙動が不安定(起動後、ポインタが動かなくなる)等の不具合があるので、こんどは5400rpm60G IDEにインストールしてみようかと思ってます。

古いパソコンの不具合が続くと新しいおもちゃが欲しくなりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

YS-11ハイブリッドで通勤したい!

YS-11という14インチ小型自転車がある。で、これの電動アシストタイプがある。
これで時々通勤したい。
家から会社まで、NAVITIMEで調べてみると30.3Km。自転車としてはちょうど良い距離だと思う(もちろん、私にとって、だが)。
 なんで電動アシストか、というと、特に冬場は北風が強く(真正面から吹く)、これを打ち消すのに電動でアシストして欲しいからである。
 (不思議なことに、帰りもまた向い風になるのだが・・・)
行きはかいせいだったのに、帰りは雨、なんてこともあるから輪行モードも出来るに越したことは無い。

 欲しい・・・・  (だけど試乗記とかほとんど無いんですよ)

時々通勤したい、と書いたのは、例えば、月曜日の朝、会社に乗って行って、そのまま金曜日までは普通に電車バスで通勤して、金曜日の帰宅時にまた自転車に乗って帰る、とかを想定している。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月 08, 2008

財政出動には反対 というか、それだけではダメ!

年収1500万円以下の低所得者層 (あえてこう言おう)にとって、定額減税をはじめとする財政出動は人気のある政策の一つである。

死に掛けている人に対して「まず基礎体力をつけましょう」なぁんて言ってる場合じゃないよ、と誰かは言っていたが、体力が残っていない人に対して阿片を吸引させるような、ヒロポンを勧めるような言動はいかがなものか?

もちろん定額減税(年間30万円くらい?)はやろう。来年は20万円、再来年は10万円くらい。月々1万円単位は「目に見えて」うれしい。
 ただ、抜本的に構造を変えるのなら、消費税UPとセットで定額減税だ。
つまり、減税額を年間50万円にして、一方で、消費税を一気に10%にする。フツーの過程ならこれでも減税のほうが多い。
 で、5年掛けて40万円、30万円、20万円、10万円 としていく。
社会保険料も10%くらい上げよう。一方で医療費控除は20万円にしよう。

これでだいぶ仕組みが変わるとおもうけど。
定額減税にするのはもちろん「操作をして税金を払っていない人もたくさんいるし、こういう人は税率がいくらになっても操作するから」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デル、格安ミニノートPC発売

リンク: <a title="デル、5万円切るミニノート Ubuntu搭載で - 速報 ニュース:@nifty" href="http://news.nifty.com/cs/technology/internetdetail/itmns-20080908038/1.htm">デル、5万円切るミニノート Ubuntu搭載で - 速報 ニュース:@nifty</a>.

ニフティのホームページのニュースのタイトルにはたしかに上の「タイトル」のように書いてあったが、リンクをクリックしてもどこにも「格安」の文字は無い。
 そもそもNetBookの類は本当は定義がはっきりしていて、ウルトラモバイルPC等とは一線を引いている。
 59998円とか出せばDVDドライブもついたちゃんとしたノートパソコンが手に入る時代に光学ドライブもつかず、ディスプレイもワンランク下(ちゃんとしたノートパソコンが1280x768に対してNetBookは1024x600)。CPUの性能だって「ぎりぎり」だし、バッテリーの持ちも飛びぬけているわけではない。
 だからNetBookは「飛びぬけてお買い得」というわけではない。
 これが1Kgちょっとの手軽なインターネットマシンということになれば話は違う。同じ程度の大きさのウルトラモバイルPCは15万円位してしまうので、仮に外付けドライブをつけたとしても半額程度でおさまってしまうからだ。
 だから、NetBookは、「パソコン作業の95%をインターネットをやっている人」には「インターネット作業に機能を絞り込んだ」お買い得な専用工具、ということが言えよう。
 機能を絞り込むのなら、やはり「自分のやりたいことが5万円以下で出来る」ように、絞り込むのが良いだろう。(本当にメモリの追加が必要なのか?外付けドライブをなんとかUSBとSDHCカードでやってしまう方法はないか?等々)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月 07, 2008

石破茂氏も慶應義塾 (法学部1979年卒)

ず~っと現役なんですね。それなりにエリート。 
選挙演説のときは饒舌らしいですが、テレビで見る討論時のしゃべり方は「庶民的」ではない。
センセイとしては冷静沈着という見方も出来るが、庶民はある種のヒーローを渇望している。

もうひとつ真剣に考えないといけないのは、「世界の中の日本」ということ。
一人でも多くの日本人に「外国語を勉強してみたい」という気持ちにさせるような人とナリをかもし出して欲しい。

石破さんが優秀だし、それなりの素質を持っているのはわかったけど、石原さんにがんばって欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の、これから NHK

この項目に関してはあちこちのブログ等で批判続出であるが、2008年9月6日の「とことん話そう税金」をチラッと見ました。
見るに耐えなかったので「ちらっと」しか見ることが出来なかったのであるが。

1) 日本人は多くの広がりの中で(つまり、いろんな職業・性別・年齢・居住地)、多くの人が税金の知識が乏しい。ミクロとマクロがごちゃごちゃになっている。
納税の義務は国民の三つの義務のうちの一つだが、ナゼをきちんと説明しないまま「憲法に書いてある」と言われても、それは「説明責任」を果たしていない。
 政府は義務教育の中でもっともっとお金と税金に関する教育をしないと、日本は世界での地位を失ってしまう。
 「士農工商」がいつまでたっても呪文のままであり、理論にならない。

2) 日本人はディベートもファシリテートも下手。 これも義務教育の中で改善して欲しい。 教育で大事なのは何を教えるかよりも何を身につけるか、である。
 そういう意味では、放送(とくにこの手のディベート番組)では、放送しっぱなしではなく、「討論番組」としての反省番組をやって欲しい。 できれば外国の人がコメントする。それにより、国際社会の中での討論術を身につけることがいかに最重要課題であるかの理解が促進されると思う。

個人的には税金は少ないほうが良い。 当たり前だ。 
汗水たらして稼いだお金を何の説明も無いまま「税金です」はないだろう。
説明のないままお金を払ってしまっている日本人だから、世界の中でも生きることが出来ない。何の見返りも無く「国際貢献」という催眠術に掛けられて血税をドブに捨て、命まで捨てている。その命の代償に更に税金が使われている。

 世の中は「税金を勉強した人ほど納税額をちゃんと減額している」ことを認識して欲しい。
要するに、政府はお金の話と税金の話をきちんと国民にしないまま、サラリーマンから取れるだけとっているのが実態。 低所得者層の人たちには直接税は極力削減しながらも間接税はもっと増税しなければならない、というのが私の理論。
 事業規模1000万円の個人事業主はほとんどの人が確定申告で納税額「ゼロ」にしていると思う(というか、納税額をゼロにするために個人時業主となっているはず)。
 でも、消費税は理論上50万円支払っている。だから、消費税率を10%にすれば「(直接)納税額ゼロの人からさらに50万円税金として徴収することができる」。 もともと「利益(所得)を上げないように調整している」人だから税率はいくらでもかまわない。
一方で所得が500万円以下、300万円以下、年金生活者にはそれぞれの「直接税」の部分は消費税増税をカバーするだけの「減税」を実施する。
あとは、税金のムダ使いを「締め付け」と「構造改革」と「知恵」で乗り切ればまだまだ将来に希望はありそうだ。

追記だが、この記事も面白かった。

http://diamond.jp/series/nippon/10022/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月 04, 2008

日本語が亡びるとき

カテゴリー的には「日記・つぶやき」でも良いのですが・・・
8月のある日、ふと義父が持ってきてくれる産経新聞の一面の左側あたりに「新潮9月号」の「日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で」のことを知った。
 なんとなく胸騒ぎがし、居ても立っても居られなくなり、近くの本屋数件を探しに行ってみると「小説新潮」とか「新潮45」とかはあっても「新潮」がなく、困った。一度家に帰ったのだが、やはり気になってちょっと遠くまで(やはり自転車で)出かけてようやく見つけた。
 帰ってきてから、何を思ったのか、数十ページをスキャナに掛けた。OCRで文字化した。
もちろん、そんなにデキの良い読み取りソフトではないので、「修正・更正」が大変だったのだが、不思議なことに新潮の縦書きの作品が横書きになってしまった。
(話はそれるが、最近は名作文庫がヨコガキで再出版されてそれなりに売れているらしい)
 で、要するに今世紀は英語の世紀、で、英語で書かれたものはあっという間に世界を飛び交い記録としても残るが、それとは別に話し言葉が存在するようになる、ということらしい。
 ブログなどは一般的には独白的な文体が多い。まぁ、現時点ではしゃべろうと思って頭に浮かんだものを無声話し言葉として文字化しているわけだ。

 私なりに思い浮かぶのは、話し言葉というか、会話においては「相手をさえぎる」という行為が発生するが、書き言葉においては例えば「チャット」であっても、一応相手の書き込みが完結/完了してからこちらが書きはじめる。相手の言ったこと(書いたこと)の意味が不明瞭になったら読み返すこともできる。

でも(というよりは、だから)最近の人は会話が出来ない。相手の言うことを理解する能力が低下していると思う。

話をもどそう。 英語は出来て当たり前。

表現を変えるならば、日常語としての日本語、普遍語としての英語、さらにコミュニケーションとしての○○語(私の場合は中国語:会話はなんとかできるけど読み書きはほとんど出来ない)。 これが出来るか出来ないかであなたは勝ち組・満足組の仲間入りだが、出来ない人は負け組・不満組だ。
いくら巨大掲示板に情けない表現で書きなぐっても「品格の無さ」を露呈するだけだし、周囲からは無視される。

筆者(私ではないですよ)は日本語がなくなるのではなくて「亡びる」と言っている。今は存在していても将来は存在しなくなってしまうのである。そして、この電子世界においてはアルファベット26文字で表現できないものは「流通しなく」なってしまうのである。ロゼッタストーンでしか残らないのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石原伸晃氏 頑張れ!

2008年9月4日石原伸晃氏が自民党総裁選挙への立候補を決めたようだ。
今回は私は彼を全面的に支持する(以前の「谷垣さん支持」は撤回)。
1)誕生日(生年月日)が2ヶ月しか違わない。つまり、同じ年に小学校に入ったわけだ。
 それだけ共感/共有できるものがある、ということ。
2)私は2浪してしまったが、彼も私も慶應義塾であるということ。
 (もっとも彼は小学校から慶應なのだが) つまり、同じキャンパスで勉強していた時期がある、ということ。慶應文学部と言っても、都市社会学を専攻した。(今の今までそんな専攻があるとは知らなかったが)

彼を応援するのは他でもない。自分自身に対する刺激である。自分とそうかわらない人が総理を目指す。 もちろん大変なことではあるが、自分もそれをマネて挑戦を続ける元気が出た。石原さん、頑張れ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月 03, 2008

Dual Core Atom

昨晩、帰宅してパソコン2号の電源を入れたら 「A disk read error occurred Press Ctrl+Alt+Del to restart」なんて表示されて、起動しなくなっちゃいました。
どうやら「修復インストール(セットアップ)」をすればどうにかなりそうだ。
HDDはまだ1年程度しか使っていないので、「単なる夏バテ」としておこう。
 ということで、2002年モノのCompaq Evo N410c (Pen-III 1.2G)も6年の歳月を経て、くたびれ気味。インターネットとアナログキャプチャによるテレビ視聴、時々DVD等の動画鑑賞には「まぁこんなもの」なのですが、最近のノートPCの動向もすごく気になる。
 2008年9月に入り、市場ではDual Core Atom 搭載マシン登場も近くなる一方で、Dellは9月5日にもAtomマシンを発表するらしい。 世の中混沌としてきた。
 今後はやはりVISTAだと思うが、クルマの中で使うとすれば12インチではなく、10インチワイドのものが良さそうだ。
 日本人はとにかく「全部入り」とか「どうせならあれもこれも」が好きだ。自分の本当に必要な物はナニか?」がわかっていればAtomでもじゅうぶんなのかもしれない。というか、EeePC900でも十分なのかもしれない。Atomマシンはまだチップセットが十分に省エネではないので、20万円クラスのモバイルPCと比べてもバッテリーの持ちが十分ではない。

そういった中で、日本人はDual Core Atomに何を求めるのであろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月 02, 2008

福田氏(72歳)退陣!

まずはじめに「ご苦労様」と言いたい。批判をするのは簡単だ。だが、難しい局面でどちらかと言えば総裁就任を「引き受けた」かっこうで就任した。
もともとハデな方ではないので「官房長官」が最適任だったのかもしれない。
 民主党だってとにかく反対。対案無き反対の繰り返しで、最近の政治はオールオアナッシングでは議論をする意味が無い。
 麻生さんは個人的には好きではないが、肩書きが人を作る、という言葉に期待したい。
個人的には谷垣さんが好きなんだけど、麻生太郎氏もそれなりの歳(もうじき69歳)なので、谷垣さん(63歳)には「将来に期待」しよう。

だけど、日本人は真剣に英語力をつけ、国際舞台での存在感を増していかないと「使用済み」になっちゃうよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »