« 佐世保バーガー、食べてきました! (690円) | トップページ | NetBookを更に安く買う方法 »

10月 05, 2008

SOTEC DC101 (C1/C101) 発注した~!触ってきたー!ファンレスだった!⇒ファン付でした

はじめに
皆さん、SOTEC C101に関心を持ち、このページにお越しいただき、ありがとうございます。
いきなりですが、現在私はこのNetBookを使用していません。
それは、このブログの最後の方に書いてあるように、
・1024x600 では1280x800に馴れた私には情報量不足で使い勝手が悪い
・バッテリーの持ちが1.5時間程度では「常に電源のことを気にしないといけない」ので使い勝手が悪い
・個体差がありそうですが、冷却ファンが回りだすとそれなりに気になる
等が主な原因です。
 その一方で、この大きさ・デザイン・全体的な重心の位置・蓋が開け閉めしやすいこと
等が優れているだけに残念です。ATOMの動作そのものは特に遅いとは思いません。
速いとも思いません。「こんなもん」です。
Sotecには、せっかくのこの美人筺体を活かして、
・ファンレス化
・Vista化
・1280x800化
・低価格大容量バッテリー化(カタログスペックで10時間、とか)
を目指して欲しいと思います。

ということを念頭に、以下、オリジナルブログをお読みください(2008年12月9日)

========================

私が気にしているMSI Netbook U100 と真っ向勝負のマシンが出てきたゾ!
ソーテックダイレクトショップでのWEB専用モデルがDC101で、店頭モデルがC1シリーズ(C101)といった表現になているようだ。
何が良いかと言えば、
1) タッチパッドのクリックボタンが独立していること。
2) ACアダプタのプラグがL字型になっていること。
3) 天板のデザインがすっきりしていること。
4) 1000Base-Tであること
5) メモリ2G搭載可能であること(出荷時は1G)
6) 2.5インチHDDモデルであること
7) キーピッチが17.5mmあり、楽にタイピングできること

9月末時点では、HDDやメモリの交換・増設、大容量バッテリーがどうなるのかわからないが、言い換えれば「どうでも良い問題」。(やりたい人は何でもやっちゃいますからね)
 Dual Core Atomは9月21日に発売になったが、これはマザーボード、というか、NetBoxというかデスクトップ用。ノート用のDual Core Atomは来年になる、というウワサ。
 スペック的には10万円台後半~20万円台のモバイルノートの方が軽量・高性能・高機能・長時間バッテリー駆動・高ディスプレイ画素数なのだが(一部には10万円台前半のものもあるが)やっぱりATOM Net Bookも欲しい。
 プリウスも欲しいが、100万円で買える軽も欲しい、って感じ。

東芝も発表したけど7万5千円じゃぁねぇ。8.9インチだよ。
8.9インチは5万円! それとキーボードが打ちにくそう(買った人は負け惜しみで「悪くない」と言うに決まっているけど)。 でも、キーボードのピッチを17.5mmにすると、8.9インチの液晶とのバランスが難しいのですよね。
2.5インチHDD搭載モデルで5万円で買えるモデルが欲しい!!
NetBookが大売れするのは結構なことだが、量販店は売り上げ単価が下がるので戦々恐々かもしれない。
 
Aspire Oneも価格が下がってきているが、「結構熱い」とか「分解が大変」とか。(多くのクチコミ&PCJapan)
タッチパッドの脇についているクリックボタンの事はあまり触れられていないが、私はイヤ。

ということで、「悩んでいてもしょうがない」ということでSOTEC DC101を9月25日に予約してしまいました。
当初、10月3日発売、となっていたのだが、9月30日に「1週間遅れて10月10日発売/発送開始」とのアナウンスがホームページに載っていたようだ。

そして、現物も見ずに発注してしまったものだから、待ちきれずに東京駅八重洲口にあるONKYO/ソーテックダイレクトショップ東京駅八重洲口店に行ってきて触ってきてしまった。
お店はパソコンショップらしくない。銀座のアップルストア、とは言わないが、広くないものの、明るく、清潔な感じ。触れるマシンは白が1台(黒は展示のみ)。発売前のものなので、Windowsのロゴシール等は一切貼っていない。インターネット用にEM(イーモバイル)のUSB接続の長円形のモデムが接続してあった。接続速度は3.6Mと表示されたがこれは7.2Mモデルでは? デモ機のブラウザはIE7。一瞬貯めてから画面が変わっていく感じ。イライラするほど遅いわけではないが、Google Chromeにすればもう少しサクサク動きそうだ。

天板とキーボード/キーボードの面は塗装もキレイで良く仕上げてある。詳しくはホームページに譲る。天板のデザインが良いのでより「スッキリした高級な」イメージをかもし出している。「SOTECは安物」というクチコミも見かけるが、私はそうは思わない。
キーボードも打ちやすい。ストロークもそこそこ。MSIのU100と一番差をつけたのが右クリック、左クリックのボタン。U100は一本のバーがシーソーのようになっているので、左端や右端を押すと押しやすいのだが、中央近くを押すと押しにくい。DC101は左右のボタンが独立しているので、左右ボタンの中央よりで押しても押しやすい。ただし、クリックボタンはやや重い(節度感がある、というのはちょっとホメ過ぎ)
 タッチパッドは大きさもまぁまぁ(このクラスでは最大か?)だが、パームレストと段差があまり無いので人によっては「カーソル飛び」が気になるかもしれない。

明るいショールームの中であったが、ディスプレイの輝度は「6~7」くらいで十分。全部で10段階だったと思うが、きちんと輝度が変化するので使いやすい。節電にも寄与できそうだ?
 ディスプレイはノングレアタイプ。1024x600の600が気になるのだが、考えてみればWindows95が始まったころは800x600なんてのがフツウだった。インターネットエクスプローラも「全画面表示」にすればけっこう広く表示させることができる。10.1型は、ボディとのバランスもよく、小さい感じは全く受けない(その分、バッテリーの消費が多いのだろう)。
広く表示させたいときは外部ディスプレイを接続すればよい。

ディスプレイの周囲の「フチの黒い部分」はホームページの写真とはやや違う。四隅のネジ穴の処理がされていないので、銀色のネジが丸見え。製品版ではゴムのクッション(ディスプレイ面がキートップに触れないようにするのと、ディスプレイ部とパームトップ部がぶつかってこすれるのを防ぐ)が貼られているのをC101のホームページで確認。ディスプレイの「蓋」(ヘンな表現だな・・・)にはラッチ等がなく、(おそらくちょうつがいのつくりによるのだろうが)蓋を閉じる最後ですこし強くしまる感じ。ケータイの技術が応用されているのか?

ディスプレイのフチと同様、底面は「試作品」なのかもしれないので、デキについてはコメントしない。(これも製品版に期待) 底面には独立した蓋のようなものはなく、メモリやHDDを交換しよう、というときには底面全体をはずすことになりそうだ。Aspire One方式か?
と思ったが、別の人のブログには「大きなフタがネジ止めされていて」となっていたので、10月6日に再度見に行った。なんと、巨大な蓋になっていた。このフタをはずすだけでイロイロとアクセスできそうだ(当面はメモリの交換くらいだけど)。
メモリもおそらく1Gが一つのスロットについているのであろうが、ビデオメモリのDVMTを見る限り、この1Gをはずして2Gをつけることは可能だ(既についている1Gをはずして2Gを取り付ける:これもC1のホームページのスペックにて確認済み)。
HDDが2.5インチなのだが、SSDにすることは無いであろう・・・たぶん。

インターネットに接続、程度の負荷だったので、全体的にはキーボードの「I」のあたりを中心にほんのりと暖かくなっていた程度。底面も暖かくはあったが気になるほどではない。インターネットを何面も開けていたり、DVDを再生したりすると発熱するかも。
ファンの音が確認できないので再起動させてみたが、筐体に耳をくっつけてみてやっとHDDがカリカリ言うのが聞こえるだけ。
ファンの音がしない・・・・お店のひとに聞いてみると、「ファンレスです」とのこと。超びっくり。ずいぶん思い切りましたねぇ・・・・ お店の人「けっこう熱くはなるんですけど、こういうパソコンは長時間作業するものでもないし・・・」と割り切っていました。高負荷作業をするとどんな具合になるか楽しみです(動画変換とかはする気は無いです)。
http://www1.sotec.co.jp/direct/dc101/face.html
左側面、白いボディの上半分には「排気口」らしきものが見えるが、ほとんどダミー。
熱はその下の黒いスリットから逃がすようだ。
本体をひっくり返してみるとわかるが、本体上面の白い部分が、底面の黒い部分を上からカバーするようなツクリになっているので、「排気口」のようなところには底面のフチがきているようだ。 デザイン的にこうなったのか、もともとはファン付きで設計していたのかは不明。


ついでにスピーカーの音も確認できず。スピーカーはパームレストの手前側の底面にあまりはなれていない距離で二個、真下に向いて長円形のものがついていた。
 一見、MSI U100のように筐体の両端についているほうが良いようにも思えるが、実際にパソコン操作をしてみると、筐体の両端に下向きにスピーカーがついていると、キーボード操作をした時に手首付近が「反射音」をさえぎってしまう。
それよりはこのDC101の位置の方が机からの反射音をさえぎらない位置なのかもしれない。(ONKYOこだわり?)

<10月10日訂正:結局ファンはついていました。お店の人の話は「CPUファンはついていないけど、筐体にこもる熱を排出するためのファンがついている」という意味だったようです。実際に使ってみると、CPUの発熱とは違う、今までのパソコンとはちょっと違う温まり方をします。ファンの音はフツー。出てくる熱は熱いものではありません。不思議な感じです。ファンはOFF/弱/強の3段階。一番多いのが弱で、OFFのときもあれば、強のときもありますが、強はめったに回らない感じです。

底部のデザイン/形状がすばらしい。(ホームページの写真ではわかりにくい)
筐体から一段内側から更に斜めに底部をデザインしてあるので、上から(斜め上からでも)本体を見たときは非常にすっきりした印象を受ける。
このDC101は全体の高さが31mm(突起物含まず:おそらくゴムの足)。私が今このブログを書いているLATITUDE D420が25.4mm(全体的にフラット)

皆さんが興味を持っている6セルバッテリーはどんな形になるのでしょうかねぇ。
標準の3セルではスペック上は2.1時間なので(実質は1時間半程度ですね)、そういう意味では電源の無いところで出張報告を書くのはちょっと心配かも。あくまでも「空いた時間にやりたいことをやって、バッテリーが無くなったらそれまで、なのでしょうか?
Wordとか使わずにエディターでサクサク入力すればバッテリーも持つし、サクサクたくさん入力できそうですね。
バッテリーは常に頭の痛い問題で、標準と同じバッテリーを予備として持つのはなんとなくバカらしいし、かといって6セルは重いし買うときには出費がかさむ。シャレで「ソーラーセル」か? 昔(大昔?)の車のように「リザーブ」があれば良いのに。

一番最初に買うのは職場用のACアダプタか(超小型を買う:1500円なら安い?)http://akizukidenshi.com/catalog/items2.php?q=%22M-00937%22&s=popularity&p=1&r=1&page=&cl=1
(ただし、記載があるように、自己責任で使用してくださいね:そんな危険を冒すのならACアダプターを持ち歩いたほうが良いけど・・・でも毎回コードを束ねるのも面倒くさいから、「自宅用」「会社用」「本体と一緒に持ち運ぶ用」になるのか?

電池の持ち、はSpeedfan/SpeedswitchXP等で調整できるのか?
HDDは回り続けているかもしれないが、アクセスを減らすために、良く使うデータとか、連続して使うデータ(動画とか?)はSDHCに保存したほうが良いのか?

メモリは4000円も出せば2Gが買える。とりあえず手元のパソコンの2Gを挿してみよう。

HDDは早いうちにクローンを作成しておこうか?  夢はふくらむばかり。
発売延期を知らずにクロスケーブルも買ってしまった。良く調べてみると、最近のパソコンはストレートケーブルでも問題なく繋げることができるようだ。家のパソコンで色々勉強してみたが、100Base-Tは無線よりは数倍はやいもののそれでも遅かった。早くGIGAbit来い! (MSI U100は100Base-T)

後から気づいたのだが、この、予約したホワイトモデル、母艦となるdynabook Qosmio G40W/96EW とデザインが似ている。
http://dynabook.com/pc/catalog/search/user/cgi-bin/disp.cgi?pid=PQG40W96ELNW&dir=DBsCO
これをギガビットでケーブル接続する!
まさに母艦と子機。G40(メモリを2G+2Gにしてある)の2GとDC101の1Gを交換してしまおう!

最終的には画面(1280x800)とか、Vistaじゃ無い、とか、バッテリーの持ちがねぇ、とか、やっぱりシングルコアのATOMじゃぁとか、光学ドライブはあった方がいいねぇ、とかの不満(最初から気になっている点)に戻ってしまった。結果として「日本製モバイルPC」を買っってしまった。結果として「最初から気になっていたところが妥協できなかった」のだ。
皆さんも購入にあたっては気になる部分をまずリストアップして、冷静に評価して購入してください。
 http://bbs.kakaku.com/bbs/00200216706/

<a href="http://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2527401&pid=877735994" target="_blank" ><img src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2527401&pid=877735994" height="1" width="1" border="0">バリューコマース</a>

ところで、パソコンだけでなく、「どこメモ」と併用して能率UPしてみませんか?
http://mycalk.cocolog-nifty.com/china/2006/10/post_8e83.html

=====10月5日追記=====
発売が1週間遅れたが、MSIからはU100ExtraとU90が発売になってしまい、10月4日はDC101をキャンセルしてMSIを買おうか、とかさんざん心が揺れてました。

=====お詫び=====
継ぎ足し継ぎ足し書いたり内容をUPデートしていたりするので、ところどころ文体が不統一だったり、内容が飛んでいたりしています。ごめんなさい。

=====お願い=====
皆さん中型トラックに興味がありますか?「トラックもオートマ!」といったらどんなイメージを持ちますか? 「トラックもオートマ!」で検索してみてください。(できればココログを)
http://mycalk.cocolog-nifty.com/truckmoat/

「バスならオートマ!」もよろしく。

|

« 佐世保バーガー、食べてきました! (690円) | トップページ | NetBookを更に安く買う方法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SOTEC DC101 (C1/C101) 発注した~!触ってきたー!ファンレスだった!⇒ファン付でした:

« 佐世保バーガー、食べてきました! (690円) | トップページ | NetBookを更に安く買う方法 »