« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

1月 10, 2009

内部留保は何のために?

2009年が明けたばかりの今、自動車関連の会社が軒並み「赤字」と言ってもあまり衝撃は走らないが、昨年末、各社が赤字を発表し始めたころはマスコミはここぞとばかり、いや「この世の終わり」とばかり報道をした。そうした世論を「正論」とばかり各社はリストラ策で人員削減を打ち出している。
 もちろん、自動車の販売台数が減れば生産台数も減り、それとリンクして「変動費」である生産に関わる「生産現場にいる」人は減らさざるを得ないのは事実。
 言い方を変えるならば、生産量にリンクする部分では生産量に応じて「人員を増減させる」か、生産量に応じて「給料を増減させる」かのどちらか(多くの場合はまず残業をカットするが、ラインスピードが限界以上に遅くなると人員削減、工場閉鎖となる)。

今まで円安でもうかった時にはあまり「儲かった儲かった」とは言わない癖に、円高になった瞬間に「赤字赤字」と騒ぐのは如何なものか。

為替の問題は要するにアメリカでのマネーゲームの破綻の一部。地震の後の津波のようなもの。

まぁ、企業の大きさ、グローバル度合い、その他色々とあるので一概には言えないが、日本の企業が不調になれば税収も激減するのだから、政府ももっと真剣に考えてほしいし、官民一体となって知恵を出して乗り切って欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月 07, 2009

カーナビは山岳ルートがお好き。やっちまったぜ!

出張でレンタカーを借りて、佐世保⇒長崎⇒島原⇒(フェリー)熊本
の予定だったのだが、長崎でてこずってしまい、島原からの最終フェリー(17:30島原外港出港)には間に合いそうもなくなってしまった。 急きょ手前の多比良(たいら)から対岸の長洲にわたるフェリーに変更。無事多比良港から長洲に到着することが出来た。

事前に地図ソフトでチェックしたら、長洲からは501号線をひたすらまっすぐ走り、やや南寄りから熊本市に入るはずだったのだが、なぜか途中から斜め右に行くところを(他の多くの車が右斜め前に曲がっていった)まっすぐ進み、だんだんと山道に入っていってしまった。

結果として夜中の峠越え(熊本玉名線)。だが、最終的には熊本の夜景もチラッと見えたし、まぁ、OKとしよう。
でも以前も四国で国道400番台(441だったかな)でも峠道というかけもの道のような道を走るはめになったことがある。 でも注意のしようがないしなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »