« 2009年9月 | トップページ | 2010年1月 »

10月 29, 2009

モーターショーの展示(パネル)は一般の人にもわかりやすく!

2009年の東京モーターショーに行ってきた。
前評判通りつまらなかったが、展示を説明するパネルのなかには本人たちにしかわからないだろうという感じのものがいくつかあった。
 もちろん、自分たちのメシの種なのでご本人たちはものすごくよくわかっているし、ご本人たちのお客さんたちに自慢できる内容なのであろうが、私には「5W1H(2H?)」が欠けていて、「これ何?」というものもいくつかあった。

モーターショーは「人とクルマのテクノロジー展」のようなエンジニア向けの勉強会ではなく、一般の人たちに「こういう技術の積み重ねで未来を創っていくんですよ~」というのがわかるような展示にしてほしい。
 例えば一番上に大きな字で「キャッチ」を書き、次に中くらいの字で簡単なわかりやすい説明をする(3行くらいで)。で、そこまで読んで興味がわかない人は次の展示に行けばよいし、興味がわいた人にはその下にもう少し小さな字で「もっと解説」欄を設ければよい。

要は、この会社の製品が(ショーを見に来る一般の人たちの)自分たちの生活にいかに密着しているのか、縁の下の力持ちになっているのか、夢を与えてくれるのか、等々をお客様の視点から見てわかるようにすると良いのでは、と思った。

また、部品関連企業のなかのいくつかはメインの製品が何なのかがわからない会社もあったし、外国企業の中には会社名が読めないところも何社かあった。
本国での発音とは違うにしてもカタカナ表記をしないと日本人に親しんでもらえないと思う。

あと、開発費がどのくらいかかっているか、逆にアイディア勝負だったのでびっくりするくらい安く開発できた、とかの「お金のスケール」があっても良いのでは?と思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悔しいけれど VAIO Xシリーズ

まぁ、皆さんの方が色々と研究されていると思いますけど、私なら
1) Lバッテリー
2) プロセッサは一番安いもので済ます
3) Bluetoothを付ける
4) オフィスソフトは別途買うかOpenofficeあたりで済ます
5) SSDは256。初期投資はちょっと掛かるが2年後に換装するリスクと手間を考えればわずかな初期投資だと思う

とにかく軽くてバッテリーが長持ちして、何とかまともな液晶サイズならOK。特に付属品を持ち歩かずに1日使えて1Kg以下、というのは強力。

あまり他の人はコメントしていないが、パームレストの下にバッテリーが来る、というのも秀逸。ディスプレイ(ふた)を開けるときに開けやすいのと、置いている状態でのバランスが良く、使いやすいからだ。もちろん、パームレストがヘンに熱くなることも無く、使用中に気が散らないのもGOOD!

ノングレアのディスプレイも実用的だ。

保護ケースは色々あるが、薄い低反発ウレタンのシートとポリカーボネイトの板で自作してしまう方が完璧かもしれない。

スリープからの起動も速そう。

当面はWIMAXとかではなく、公衆無線LAN ワイヤレスゲートのヨドバシプランで何とかなる。
(この間、図書館で「おっ!HOTSPOTにもつながるようだ」という状況になり、「お使いのIDとパスワードでつながります」と書いてあったのでその通りにしたらちゃんとつながった。
料金の話は見当たらなかったし、「Hotspot connect」というサービスがあるのでそれで無料でつながっているのかな?とか思いながら何日も使っていた。
3週間後、別件であちこち検索していたときに「@nifty Hotspot」というのが目に止まり、そこから調べて行ったら、単に「従量制」でつながっていたことが判明。再調査の結果1万8千円ほどの請求が来ることが判明した。みなさんもご注意願います)

動画をガンガンやるのではないのでこれで十分。
それと、飛行機の中でDVDを見たいのなら皆さんもご存じとは思いますが別の強力なマシンでリッピングとかしてデータ化してVAIOに転送しておけば良いでしょう。
再生支援機構が使えるようなフォーマットにするにはどうしたらよいかは別途調べてみましょう(私も今は知らないので)

ソニーは好きではないが、今のところ対抗馬が見当たらない。

ちなみに、Aspire Timeline AS1410は約1.3Kg。厚さが30mm。
私のLOOX R/A70よりは重い。厚みはR/A70の方が7.4mm厚いが、とにかく持ち運ぶことを考えればVAIOが絶対有利。
毎日持ち運び、頻繁に使うならVAIO。他にも荷物がたくさんあるのでちょっとくらい重くてもしょうがないし、肌身離さず、というほど使うわけでもない、という人ならAspire Timeline AS1410だろう。実際のキーボードはAspire Timeline AS1410はかなりペラペラ感があるらしいが、キーピッチも19mmあるので「安い割には使える」機種を探している人ならAspire Timeline AS1410だろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

10月 28, 2009

横浜中央図書館 ありがとう!

2ヶ月にわたる転職生活も残り少なくなってきた。 毎日お世話になっていた横浜中央図書館に来るのも本日が最後になりそうだ。
一番の失敗はHotspot@nifty のことを知らずに「従量制」のままつなげてしまい、1万8千円もの請求が来ちゃうこと。本来のワイヤレスゲートのオプションの「フレッツ・スポット」で接続すれば数100円で済んだものを。
 それと、私のパソコン。 ありがとう。 Fujitsu LOOX R/A70。 バッテリーユーティリティをOFFにして毎日100%充電で臨んだ。おかげで(もちろんこまめなOFFには気を使いながらも)ACアダプター無しで毎日生活することが出来た。 

最近の生活パターンは8時頃桜木町に到着し、日ノ出町のマクドナルドで9時半すぎまで過ごし(マクドナルドのBBモバイルポイントを活用)、図書館が開いたら図書館に移動し、そこで1日を過ごす。
 別ブログで書いた山崎パンの「薄皮つぶあんぱん(5個入り)」とOKで52円で仕入れた「神戸居留地炭焼きコーヒー」で昼間を過ごし、夕刻7時くらいに図書館を後にする。
 夕刻7時半ごろになると、OKのただでさえ安いお弁当が20%~30%引きとなる(最近は50%引きはめったにみられなくなった)。 帰宅途中の公園で食べたり、帰宅後さっさと自室にこもって食べたり。
 そのうち、チャンスがあればこの「割引弁当」を帰宅後そのまま冷凍し、翌日会社に持っていくいことにチャレンジしてみようと思っている。お昼には解凍されていそうなのだがごはんとかがボロボロになっているのかしら??

1週間に1回はシェーキーズで「遅い昼食兼夕食」で850円でピザ食べ放題を満喫したりしていた。
今日はそれの最終回。この楽しみがなくなるのもちょっと寂しいが、「定職に就く」ことには代えられない。

ヒマなのと節約のため、毎日数キロ(平均10キロくらい?)歩いたこともあり、2ヶ月で5キロほど痩せた。
でも来年6月の健康診断のころにはまた数キロ リバウンドしているんだろうなぁ。

個人的には充実した「浪人」生活でした。  家族のみんな、心配と苦労を掛けてごめんね。

<図書館人間ウォッチング>
・(私もそうだが)靴を脱いでいる人が多い。図書館にいると足がムレるのだろうか?
・パソコンのファンが気になる時がある
・新聞をシャラシャラめくる音がうるさい人がいる
・4階はパソコンが使えるフロアなのだが、マウスのホイールがジーコジコジコうるさい人がいる
・飲食禁止なのに私の隣の人はおかきをボリボリ食べ、乾きものも食べていた。
 音の出ないものをこっそりとやってほしい(本来はちゃんと地下の飲食コーナーに行って欲しい)
・私物(特に飲食関連)のものがレジ袋に入っている場合が多いのだが、この袋をシャラシャラいわせていても全く気にしていない人がいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本人の給料 大幅ダウン中

今回の転職によって給料が三分の二になってしまった(最初の1年間はもう少し少ない)のだが、雑誌「プレジデント」2009.11.16号にはそれを裏付けるような特集がある。
「全公開!日本人の給料」である。

給与所得所者の平均年収は10年前と比べて30万円もダウンの429万円(2008年)。
パートや派遣の人たちが増えたのかもしれない。
男女の賃金カーブは男性は50代前半がピーク、女性は40代前半がピーク
業界別ではインフラ関連(電気・ガス・熱供給・水道業)が固く、医療・福祉・飲食店・宿泊関連が低い(とはいえ、パートさんとかの比率もあるでしょうから50歳大卒課長とかで比較しないと良くわかんないですね)
相変わらず大企業は高い。

製造業は大雨状態。一般社員が残業ゼロになったのにあわせて管理職も大幅カット。自動車は暴風雨で、ホンダの管理職は月給3割カット、賞与4割カットとのこと。
そうみれば私の「給料が3分の2になった」のも特別にひどいわけでもなく、むしろこんな中で転職先が見つかったのが奇跡とも言えるだろう。

いつまでも幻想を見続けている昭和妻はどうしたら現実が理解できるのだろう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月 14, 2009

ネットノートとかCULVとか

ひところのネットブックもWindows7のどさくさも含めて新しい世代に突入した感があるが、どれも不満だ。 個々の機種の話をしだすとキリがないのでやめるが、私はこの際、
1) Lバッテリーを付けて重量1Kg
2) 1366x768 ディスプレイ装着で筐体のフットプリントはA4サイズ以下
3) バッテリーの「持ち」は、無線LANつなぎっぱなし、ディスプレイ実用輝度で6時間以上
4) Microsoftのオフィスソフト(with Power Point) 付きで10万円以下
5) 筐体はあえて傷がついても良いような安っぽい作りにするか、傷防止のフィルムが貼りやすいような天板を工夫する。

あとは、重量配分とかいろいろあると思うけど、例えばCPUは天板側に装着してファンレスで放熱させるとかの発想の転換はできないものでしょうか?

ディスプレイのサイズだって、無理やり16:9にする必要は全くない。テレビのワイド化によりこの手の液晶が安くなっているとの話もあるが、こんなサイズのテレビなんて見たことないし、カーナビにしてはデカすぎるし。むしろ1366x1024とか1400x1050(4:3)のほうが日本語でのA4縦の表示やホームページもいろいろと表示できるし、余白でいろいろな作業もできるから無理にワイドにする必要も無いと思う。(ディスプレイのヒンジの強度が持たない、なんてはなしもあるかもしれないけれど)

2009年10月15日現在ではAcerのAS1410シリーズがコストパフォーマンスに優れているようだが、Celeronは安いのにバッテリーの持ちが今一つ、という難点がある。通常のオペレーションでの処理速度はそれなりに十分だと思うが、外出先でのバッテリーの「持ち」は悩ましいところですね。

インターネットがメインで動画サイトをあまり見ない、という人ならEee PC 1101HAなんかもお手軽で良いと思います。
仕事でパワーポイントとかもちゃんと使いたいのならAcerかもしれないけどOfficeソフト抜きで1万5千円の価格差をどう見るか、ですね。あとわかりにくいのがインターネットにつないだ状態での電池の持ちとファンの音ですかね。最近は図書館でノートパソコンのファンの音が結構気になります。(マウスのホイールのクリック音がジージーうるさいオッサンもいますけど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2010年1月 »