« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

10月 14, 2010

昼飯(昼食)にカネを掛けない

元中国駐在員も人生の波に揉まれ、リストラされ、転職して給料激減。
ということで、今月から更に「食費」の切り詰めに掛っている。
基本的に私の場合、平日は3食外食。(それが前提の小遣い)
リストラで、小遣いも半減になったまま。
結果として、食費を減らすしかない。

朝、ローソンストア100で、黒糖入りテーブルロール(5個入り)を105円で買う。
朝食はそのうちの1個を食べる。
カロリーが不足する分は、会社のコーヒー(従業員用)用に砂糖を入れて補う。

昼食もパン一個。それと魚肉ソーセージ(1本45円相当)。場合によってはカキの種(6袋入りで200円前後で売っているので、一袋30円程度。 残りの3個のパンは2時間ごとに適当に食べる。
これで空腹感は無し。(足りないと感じたら、上述の砂糖入りコーヒーで補う)

アメリカのオフィスとか行くと、お昼時にスナックとか食べてる人が居るでしょ。
昔は「あんなんで足りるのかね?」と思っていたが、砂糖(血糖値)をコントロールすることでであまり空腹感を覚えないで済む術を身につけたから怖くない。

後は、全体的に不足する栄養素を夕食で補うだけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月 13, 2010

中学生に積極的に管制体験をさせよ!

福岡航空交通管制部が見学に来ていた中学生に無線交信をさせてしまった件だが、もちろん、規則違反であることは間違いないが、これを機会に「もっと大胆な方向に」改革をしてはどうだろうか?

つまり、きちんと管理された体制の下、積極的に見学者を受け入れ、実際の交信体験をさせる。

実際に体験することにより、
・実社会でのしごと体験 (大変だ、緊張した、興奮した、ミスが許されない 等々)
 何物にも代えがたい体験ができる。

・実際の社会での英語って、こんなもんで通じるんだ、
 とか、やっぱり日本人英語でもなんでももっと勉強しなくちゃ

・大人の世界はルールで動いている
 (ルールを守ることで社会が動く)

等々、これからの日本にとってどれだけプラスになることだろうか?

むやみやたらになんでもかんでも禁止することのマイナスよりはマシだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月 09, 2010

上海万博は7千万人になるのか?

上海万博は160日で6000万人を突破したが、ほとんどニュースになっていない。
このままだと6750万人。 残り20日で1000万人ということは1日平均50万人(これはできない数字ではない)。

ただ、新しもの好きの上海っ子にとってはもう「万博は過去のもの」。
大阪万博の6421万8770人を超えるのは確実だから7千万にはこだわらないのか?
(とりあえずメンツは立つからね)   まぁ、「7千万という高い目標にチャレンジしたから史上最高の結果を残すことが出来た」と言うのだろう。

それにしても40年前の大阪万博って凄かったのね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月 08, 2010

日銀の市場介入は、日本人の血と汗と努力の結晶を海外に捨てること

まぁ、今回の円高は円高というよりはドル安でありユーロ安なのはもう説明を要しないであろうが、ここで日銀が市場(外国為替市場)に介入する、ということは、ようするに昔爪に火をともしてためたお金を外国に捨てる、ということ。

定年退職されて年金生活をしている人に責任は無いが(しくみを作った人には責任がすこしある)、先達が築いた財産を外国に捨てないで、上手に運用するためには、日本人はその給料を2/3くらいにしてしまえばよい。

もっとわかりやすく言えば、外国人アルバイトと同等以下の給与水準になってしまえば、外国人労働者が減り、日本での雇用が増える。

不思議なのはこれだけ外国人労働者が増えて我々の雇用が激減しているのに、皆はそれでも外国人が働いている居酒屋でたばこを吸いながらチューハイを飲んでいる。 経済のケの字も知らない、というか、経済・お金のことを教えない日本の教育の賜物ですな。

・どんなに給料が少なくて所得税をほとんど払っていなくてもたばこを吸えば元も子も無い。
・チューハイのコストは50円前後なのは周知の事実。どうせ飲むならビールの方が「マシ」だし、そもそも酔うだけなら数十円で酔える、ということ。
・外国人と同じで良いから雇ってくれ、と言えない日本人のプライドの高さ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月 07, 2010

新「香味焙煎」 香りを出すための微細粉(粒)は有か無しか

香味焙煎が変わった。

ある意味「禁じ手」である、「コーヒー豆を入れちゃった」ことに賛否が分かれるところ。
個人的には×。 口にザラザラ感が残るし、コーヒーカップにも微細粒が残る。

この「挽き豆の微細粉を入れちゃう」のはスタバが6月にはじめたやり方。
と、このブログを書いている今も口の中に微細粒がのこってヤな感じ。
(とは言え、今後も香味焙煎(深煎り)は飲むと思うけど)

チョコレートの「ダース」もそうだが、日本人は「なめらかさ」にうるさい。
日本のチョコレートを食べ慣れると、外国のチョコレートは「ザラザラ感」が気になる。

もうひとつは 日本人は素材の良さにこだわる のに対し、アメリカは「アレンジを楽しむ」。

もともと味覚、味に対する感じ方・考え方が日本人と違うので(一説によると「うまみ」という概念が無かったらしい)、求めるものが違う。 アメリカに駐在に行った人は一時帰国の際に日本のコーヒーを買っていく、とか。
(ほんとにアメリカのコーヒーってマズいですよね)

もうひとつ、ネスカフェに言いたいのは、「コーヒーの敵は「酸化」でした」と今更堂々と言ってしまうところ。

こんなことが常識で無い人もたくさんいるんですね。

挽いたコーヒーは保存できます。それは「空気(酸素)を通さない袋に入れ、空気を追い出してから冷凍庫に入れる」です。この方法なら「極端に酸化を抑えることができる」のです。

実は同様のことがインスタントコーヒーにも言えます。
インスタントコーヒーでも、新しく開封した時はいい香りがしますよね。
これが時間とともに香り成分が飛んで行ってしまうのと、酸化してしまう事によりインスタントは味が落ちていきます。更に、インスタントコーヒーは「ものすごく表面積が広いので、ものすごく酸化しやすい」「瓶に入っているので、飲めば飲むほど瓶の中で酸化する(袋に入れて袋の中の空気を追い出すようなことが出来ない)」

だから、インスタントコーヒーをおいしく飲むためには「(割高でも)小さな瓶」を買ってさっさと飲みきる。
冷凍庫で保管する。です。ただし、冷凍庫からの出し入れの時に結露したりするので、できるだけすばやくお願いします。

<2011年1月追記>
とはいえ、ストレート(ブラック)でまともに飲めるインスタントコーヒー(ソリュブルコーヒー?)はこれしかないので、もっぱらこれを飲んでます。また、他のインスタントコーヒーと混ぜてもそれなりに美味しくなるので、ブレンディーとかと併用することもあります。最近特売が無いのがさびしいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月 05, 2010

DIME 2010年10月19日号 今あえて紙の手帳を使う理由

だからこそ、超アナログの「どこメモ」が大活躍する!

http://mycalk.cocolog-nifty.com/china/2006/10/post_8e83.html

http://mycalk.cocolog-nifty.com/china/2006/11/post_78f2.html

http://mycalk.cocolog-nifty.com/china/2007/02/post_fd34.html

http://mycalk.cocolog-nifty.com/china/2008/12/post-44f0.html

他にもあるので「どこメモ」で検索してください。  人生が変わります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

10月 02, 2010

KURE CRC シリコン グリースメイト

まぁ、これのおかげで日常生活がウキウキなので紹介しておく。

とにかく、「単なるグリス」の枠を超えて大活躍している。

特に、「ゴム、プラスチックなどの素材を侵さない」という点と、フッソ樹脂(PTFE)配合が凄い。

・通常の回転部の潤滑
・プラスチックローラーの潤滑
・キャスターの軸、回転部、さらにローラー(タイヤのような部分)
・敷居スベールに薄く塗ると、障子や襖が別物のようにスルスル動く
・巻き取り式のコード(掃除機やアイロン等)のコードに薄く塗ると、巻き取りがスゴく軽くなる
・ガラス面にすごく薄く塗って、そのあと、乾いた布でよく拭くと、ガラス面がすべすべに
・冷蔵庫の製氷皿(プラスチック製)の表面にごく薄く塗り、乾いた布でよく拭きとると
 
・が簡単に取れる
・革靴に「靴墨」代わりに塗り込むと簡易防水に
・窓等のゴム部(アルミサッシの水侵入防止等の目的で使用されているゴム等と、それが当たる面)に
 薄く塗ると、キーキー音が止まる
・トイレのフタが開け閉めするたびにキーキー言っていたので、軸のところにチョット塗布すると音が止まった
・自転車のスタンドが走っているとギーギー言っていたので、スプリング全体に塗布したら音が止まった
・玄関ドアのチェーンのレールの部分、レールにはめ込む部品の両方に塗布したら「なにこれ?」と
 いうくらいスルスルにすべるようになった
・ファスナーにチョットつけると開け閉めが楽に。
・もちろん、水道のコマやパッキンに塗布すると、新品以上に滑らかにひねることが出来る
・ドアのラッチのアタリ面に薄く塗布するとドアが新品のように開け閉めできる
・アイロンの掛ける面にうすく塗って、そのあと乾いた布でからぶきしておく

「面」への塗布がおもったよりスゴイ結果をもたらしています。

思いついたら追加しますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HP Mini 210-2000 出た~

※2011年1月現在、販売終了になっているようです・・・・・残念  ⇒ちょっと重いけど、Pavilion Notebook PC dm1 スタンダードモデル WJ004PA-AAAA ですかね。 ==================

とりあえず、「出た~!」って感じ。

以前からHPのminiシリーズには興味があった。NetBookと言いながらも1366x768ディスプレイを採用したりしていたからだ。 だが、発熱が話題になったり、CPUが今一つだったりして、「ディスプレイはまぁまぁだが、それだけ」のモデルであった。

今回のMini 210-2000は、私が2年も前から言っていたデュアルコアAtom搭載。(←とりあえずCPU用件はクリア)
それに、重量も1.5Kgを切る1.38Kg。厚さも22mm~32mmで、今までのNetBook等と比較してもどちらかと言えば「薄い感じ」。 なんと言ってもバッテリーの持ちが10時間。半分の5時間としても通常の外出なら問題ない。
それでいて価格は49800円。(当時の大胆予測よりもずっと安い!)
http://mycalk.cocolog-nifty.com/china/2008/09/dual-core-atom-.html    (2008年9月16日)
Miniのメモリが1Gだが、「最大2G」とある。OSは7Starterだが、なんとかなるだろう。

そのうちVaioXもデュアルになると思うが、そうなると10万円になるかもしれない。現状のAtomZ540とか、標準バッテリで10時間とか、ディスプレイが11.1インチとか(HP Miniは10.1インチ)、HDDとSSDとか、比較しにくい部分もあるが、「それはそれなりに、HP Miniに食指が伸びる」という感じ。

レポートが楽しみだ。 (でも何となく発熱が問題になりそうだけど)

☆でも、私が今使っているLOOX R/A70N は1160gで、12インチ。未だに良い買い物をしたと思っている。

<2010.10.18追記> レポートが出てます。   http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/nishikawa/20101018_399982.html 概ね好評です。 後、DDR3は4Gも約6千円で出ているので、2G(HP仕様)もいいけれど、動作確認がとれれば4G積んじゃった方が色々と面白そう(ram-diskとかにも使えるし)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »