« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

11月 23, 2010

双方向解説 そこが知りたい!「雇用危機」 2010年11月23日

解説の人も、携帯メールで意見を述べている人たちもほぼ全員が「他人のせい」にしている。
仕事はいくらでもある。正社員の求人だってたくさんある。
ただし、「あなたが探している仕事が無い」。
菅さんがいくら雇用雇用と叫んでも菅さんの政策は日本から雇用が逃げ出す政策であることをまず日本人は知らなければならない。
 雇用が無いのは「日本の中で百万人以上の外国人」が就労している。
 彼らと同じ給与なら日本人が働いた方が良い。 企業のグローバル化と言われるが、要するに、グローバルな給与水準なら日本での雇用がきちんと守られるのだ。
 もう一つは、日本人が英語を学ばない、という決定的な欠点だ。 日本よりず~~~~っと貧しい国の人たちでも、英語が出来る(英語が公用語)だけで、英語圏への出稼ぎが当たり前の国はたくさんある。
 ☆資格を取ったが仕事が無い、という意見もあった。 要するに、必要とされている資格ではなかった、ということだ。資格なんか取らなくてもバリバリ稼いでいる人もたくさんいる。
 雇用悪化の原因は、「日本人が高い給与を求めているから」。
 
 私は昨年リストラに遭遇し、求職者になった。 ただ、その時に、発想を変えた。 「これからは給与が下がる時代」。  ということで、前職の6割程度の給与の会社に就職した。すぐに仕事は見つかったよ。
 それでまず雇用を確保した後に、次のステージを今模索中だ。

話を戻すと、「正社員」の求人は今でもたくさんある。 まずは「正社員」というステータスとポジションを固め、そこで次のステージを探すべきだろう。正社員になって、そこで深呼吸して、どういうスキルや資格(勉強)が必要かをしっかりと研究して、このレッドオーシャンから抜け出して欲しい。 

あなたでも正社員になれる仕事はある!

※ しかしつまらない番組だね。解説委員の言うことは正しいんだけど、「じゃぁどうしろ」というのが一つも無い。
もっと「テストの花道」的に就職に困っている人たちに「あっ!そうだったのか!!」という気になるような番組にして欲しい。(解説委員の休日出勤代がもったいない)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月 21, 2010

合同就職説明会になぜ就活スーツで行くのか?

こんな言い方をしては誠に失礼だが、なぜ皆は「他の人と同じ」恰好をするのか?
別の良い方をするなら、なぜ落ちるパターンを繰り返すのか?
どうせ落ちるんだから、せめて「見た目だけの差別化」をはかる勇気は無いのか?

合格率が8割なら「ちょっとでも良い子」を演じる必要があるが、合格率が10%に満たないのから「ちょっとくらい良い子」では選ばれない。「他と違う子」でないと。 それと、ミヤネさんも言っていたけど、「一緒に居て楽しい人」も重要だ。 そのためには中学高校時代から人数の多いクラブ活動でなんらかの役職をやっていたりしている人でないと。

そうでもない人はブルーオーシャンを目指すか、レッドオーシャンならひときわ目立つ行動をとらないと。

頑張って!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月 15, 2010

第74回四大学英語劇大会 2010年11月14日 慶應優勝ならず!

<ご案内  http://www.youtube.com/watch?v=GDZtX4Ce7uI >
(1978年の公演の模様)

<2011年:http://fuessa2011.jimdo.com/四大学英語劇大会について/過去の演目/>

☆まずはじめに、多くの方々が2010年(第74回)の四大学英語劇大会(四大ドラマ)の結果に関心を持って下さり、まことにありがとうございます。

さて、その結果ですが、

BP・・・立教プロダクション
EP・・・早稲田プロダクション
SE・・・立教プロダクション
GP・・・立教プロダクション

30年前はBP(Best Performer)ではなく、ベストアクター、ベストアクトレスと男女1名ずつ選出されてました。
早稲田がEPですか。時代も変わったものですね。
というか、帰国子女軍団の「ひとつだ(というよりは「つだ」ですけど)」が取らなかったの?

私は本年はリストラ退職の煽りを受けて、「何か資格を」ということで簿記の勉強してたので本公演には行けませんでした。近いうちに復活しようと思ってますけど。

英語を活かして外資系に入り、そこでリストラに遭うとは、なんと色々な経験をすることが出来たのだろう!
割増退職金をもらって失業生活(再就職活動)が出来る、なんて、まともな大企業に居たら定年退職するまで体験できなかったぜよ!

大学1年生2年生の皆さん!
プロダクションに参加するにしても、
1) 就職活動時にどう活かせるか?
2) 社会人になってどう生きていくか?
3) 人生の中でどう位置付けるか?
を気にしながら参加すると青春が変わってくると思いますよ。

(君たちのお父さん、お母さんたちがどんなに苦労して君たちを慶應に通わせているのかちょっとでも考えたことはありますか?
私は大学に入る時に、父親から「学費は出してやる。家から通う分には食費も出してやる。でも外で飲み食いする分の小遣いまで出してやれる余裕は無い。自分で稼げ。と言われ、アルバイト3件掛け持ちしなからプロダクションやって、寄付金まで自分で出して、そしてグランドプライズとステージイフェクトを勝ち取ったんですよ! アルバイト禁止、なんて言いながら、プライズとれなくてどうするんだ! と、君たちのご両親と同年代のオジサンが吠えているわけですよ。本当に苦労しているのが分かればこっちだってリストラ退職金の中からちょっとでも寄付、と思うけど、寄付金の集め方にも必死さと知恵が感じられないよ・・・)

私は無我夢中でやっていたので1番目と2番目は意識しなかったけれど、一番目はそれなりに役に立ちました。
つまり、「セットのチーフとしてプロダクションをリードし、ステージイフェクト賞を勝ち取りました(最初から狙ってたので)」と堂々と言うことができました。

そして3番目ですが、同窓生が50歳台になり、会社人生にメドがつき始めたり、奥さんになった人たちは子育てに一段落ついたりし始めた今日この頃、間違いなく四大(ドラマ)を作り上げてきたころの人間関係が「人生にとって本当に充実した時間だった」と思えてくるのです。

話を2010年のパフォーマンスに戻すと、プロダクションの最終目的は「いかに短い時間で公演をやるか」ではないはずですよね。だったら最初から短いスクリプトを選べばよい。
一番大きな目標は、慶應の英語会(英語會)の活動を通じて、悔いのない青春時代を過ごすことではないのですか?有意義に過ごすことではないのですか? 
もちろん、今年のプロダクションの人たちが、50歳になっても70歳になっても他の人に何時までも胸を張って今年のプロダクションは歴史に残る114分で終わらせたんだよ!って言えるのならそれはそれで良いのですが。

新入生はまだそういった意義とかのことが良く分かっていないのですから、上級生は上手にリードして行ってあげないと、無駄な時間を過ごさせてしまうことになってしまいますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月 08, 2010

結局iPhoneもGalaxyも日本製ではない・・・

日本人の雇用はどこへ行った?
出てっていった外貨はどうやって取り返す?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月 07, 2010

節約時代の決定版 少人数乗車なら軽の商用車だ!

2009年3月から2010年3月の1年間でクルマの保有状況がどう変わった方調べていた。
四輪車保有台数は75百万台レベルで、1年間に10万台くらいしか減っていないが、これをもうちょっと細かく見て行くと、実に面白い。
 要するに「軽乗用」が60万台増えていて、それ以外の車両が激減。プラマイで見て、「乗用車が増加しつつも、全体で10万台減少」ということになる。つまり普通の乗用車も減っているのだ(軽貨物、普通貨物、乗合も減っている)。 
 ただ、私が言いたいのは、「もし、車は必要だが、お金は掛けたくない。そのためなら軽でも構わない」という人は、是非、「軽の商用車(ボンネットバン)」を考えて欲しい、ということだ。細かく書くとキリが無いが、アルトの4ナンバーと言えば分りやすいかな?
 このクラスは、現在、事実上3車種ある。アルトバン、ミラバン、ミニカバンだ。いろいろと見て行くと、3社(車)三様でおもしろい。アルトは新しいだけあって4ドアのみで、4AT(4速オートマチック)。ミラは2ドアのみで、4AT。運転席はドライバー重視で助手席側は狭い感じ。ミニカは3速オートマで、シフトノブも「床から突き出ている」感じ。(他の2車も床から突き出ているのだが、ダサさではミニカ、ミラ、アルトの順になる)。ミニカの場合は、ちょっと乗用ライクな5ドアバンの「ナッティ」ととコスト重視(安さにこだわった)3ドアバンの「ライラ」になる。細かい点の差は色々ある。
ミラ、ミニカはカラードバンパーなのに対し、アルトは「材料着色バンパーは、塗装されておりませんので、ボディー塗装色とは異なります。」こればかりは実車を見ないことにはわからない。
さらに、エアコンは皆標準装備のようだが、パワーウィンドウが無いグレードもあったりする。幾ら一人で乗る、と言っても左側の窓を開けたくなる時もあるだろう。
 細かいところに関しては、3車の比較表を作って、〇×を付けて一覧で比較することをお勧めする。

もう一つの節約術は中古車である。特に、初めて中古車に乗る人は、あまりワケアリで安い車は避けた方が良いだろう。せいぜい4年落ち程度まで(軽自動車の車検は最初が2年目(4ナンバー:5ナンバーは最初が3年目)、以降2年ごと。) 年間走行距離は1万キロ以下がが好ましく、総走行距離も5万キロ未満のもので、(登録時期にもよるけど、車検が2年付いているものが良いのではないか、と。
 で、購入したらメーカーに「ユーザー登録」をされることをお勧めする。 リコールとかの時にいち早くお知らせが来るし、こっそり直してくれる場合もあるし、なにかあっても保証期間内で無償修理になる場合もあるから。

それと、軽自動車は小さなエンジンで街中を走らなければならない分、エンジンを中心に「高回転」になる場合が多く、今まで乗っていた小型乗用車や普通乗用車の3割~5割程度こまめにメンテナンスをしてあげた方が良い。
 エンジンオイルの量も少ないからなおさらだ。

とにかく、安く買った分、アクセサリやメンテナンスにお金を掛けた方が良い。
メンテに関しては家から近くの修理工場が一番良い。修理工場の人はクルマいじりのことが好きだし、昔からクルマをいじっているので、車、特に軽自動車のホームドクターにするのには一番だ。

では、楽しいクルマライフを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月 04, 2010

紗栄子夫人はもっと冷静に、そして賢く振舞って!

ダルビッシュの離婚関連の話で巷は盛り上がっているが、多くの女性は「男特有の生理」を理解して賢く振舞うべきだ。

というか、男の単純な生理を知らないまま損をして不幸になっている女性がいかに多いことか。

男(動物のオスよりはもうすこしだけ脳で行動を管理できているように見える)とはいえ、たまってしまうものは「安全に」放出したほうが良い、というか、大脳よりももっと奥深いところで「安全に放出しよう」と指令を出している。
 ダムを想像してほしい。放出しないとどんどんたまっていってしまい、決壊していしまう。
本当は愛する(愛しているはずの、そして、愛さなくてはいけないはずの)奥様に放出したいのだけれど、多くの女性は妊娠中だけでなく、出産後も子育て等でダンナの気持ちを受け止めてあげる余裕がなくなってしまっている。
 男は男で「安全弁」を開放しなくてはいけないのだが、意外とメンタルな部分もあって、奥様から冷たくされるとその気がウセてしまう。その一方で世間には誘惑がいっぱいある。ちょっとお金を持っている人に対して積極的になる女性はいつの世にもたくさんいるのである。
 そんなときに男の気持ちを安らかにしてくれるような人がいればイチコロになるのは「100%当たり前」であって、そうならない男性は魅力がない(お金もない)。

ちょっと安全弁を開いただけなのに「契約違反」のようにナジられたりヒステリックになってしまったら、そんな女性に対しては男は嫌気を起こすことはたやすく想像できると思う。

そりゃあ、自分勝手でわがままで欲張りで自分のことしか眼中にない女の人から見れば裏切られたような気にもなるし、フケツな気になるのは、そうかもしれないが、でもそうやってキーキーいう人は、原因が自分にもあることを全く気付いていない。 でもそういう人は男がどうしたら自分に向いていてくれるか知ろうとしていないだけだと思うよ。

デキる女性といわれる人たちだって旦那が外で遊んできたら(浮気じゃないよ)心中穏やかではないと思うけど、だからこそ、原因は自分にあると反省・分析して旦那が家に帰りやすい環境を整えているのだと思う。
 そういう考え方のできる人は旦那の給料が少ないと思っても、外で一生懸命に稼いでくれているダンナに感謝し、自分がつらい時でも(つらい時こそ)旦那や家族が明るい家庭を維持できるように気を使っているのだと思うよ。

私はダルは全然悪いとは思わない。
むしろ、磯野貴理なんかと同じように(子育てで大変なのはわかるが)単純にキレちゃった紗栄子夫人が可哀そうだ。(⇒ワカる?この表現)
お金はあるんだから、もっと上手にやりくりして、子育てを上手に手伝わせれば良かったのに。
残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月 01, 2010

農家はTPP参加を積極的に検討しては?

いきなり核心にせまるが、日本の農業の人たちは自分たちの製品が「超高品質」であることを意識すべきだ。
これを海外に輸出すれば日本の何十倍ものマーケットが存在している。
もちろん、日本の農家の人たちが諸外国の安ものと同じ品質のものを作っているのならそこに明日は無い。

有機農業の作物なんかは日本に売るよりもはるかに高く中国に販売できる。
ようは、そのビジネスチャンスを誰がそれをまとめるか、だ。

頑張れ!農家!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »