« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

12月 29, 2010

第42回四大学英語劇大会 1978年11月24日 慶應優勝!

かなり古いですが、やっぱり私の原点の一つ(?)なので、ここにアップします。

http://www.youtube.com/watch?v=GDZtX4Ce7uI

これは10分のダイジェスト版ですが、けっこう30年前がリアルによみがえります。

http://www4.plala.or.jp/hitotsuda/4u_history_part2.htm
は他の方のものですが、当時の四大をほうふつさせるモノがありますので、一緒に見て下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月 25, 2010

第79回全日本フィギュアスケート選手権大会 真央ちゃんお帰り!

ショートが終わったばかりだけど、「真央ちゃん、お帰り!」って感じ。
トリプルアクセルを飛ぶ前の異常に長い「ため」は気になるけど、まあ、良かったね。
全日本に出てくる選手はみんな素晴らしいし、村上も期待の星だし、でも椅子は3つだし。
すごい、としか言いようがない。
皆さん、本当にありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月 13, 2010

電動アシスト自転車 走行距離を延ばすには

電動アシスト自転車を購入したけど思ったほどアシストしてくれる距離が延びない人へ。

最初に(まず最初に、と書き始めたら「意味の重複(ちょうふく)」と怒られた)お断りしておきますが、これは私がYS-11ハイブリッド(電動アシスト自転車:新基準対応)に乗っていたときに体験したことをベースに書いています。アシストの仕組みやメーカーの調整があるので、私の記事が当てはまらないことも多々あることをご了承願います。

距離を延ばすには、
1)24Km/h以上で走る
2)できるだけ早く24Km/h以上に到達する
3)できるだけ軽いギアで走る
4)できるだけ電源を切る

解説:
1)24Km/h以上で走る
電動アシスト自転車のアシストは時速24km/h以上では切れる(アシストしない)ことになっている。
できればデジタル式のサイクルメーター(安いものでOK)を取り付け、24Km/h前後でアシストが切れるポイントを探ってみよう。自転車によって個体差があるが、アシストが切れるポイントがある。
良く分からない場合は約1割上の26~27Km/h以上の走行をしてしまえばモーターへのアシスト電流は零になるはずだ(システムとしては微弱ながら電力を消費している)

2)できるだけ早く24Km/h以上に到達する
もちろん、道路の事情等で24Km/h以上で走ることが困難な場合がたくさんあることは承知しているが、「可能ならば」できるだけすばやく「非アシスト領域」に到達すべきである。本来アシストなしで走れる10Km/h前後をアシストさせるのはもったいない。(最近のモノはデキが良くなっていて、チンタラ(⇒語源は焼酎の蒸留器だそうだが)走る時はあまりアシストしないのだが、それでもゼロではない)

3)できるだけ軽いギアで走る
電動アシスト自転車はペダルを踏む力を検出してアシスト力を決めている。ペダルが「重い」というのはそれだけ足に力を入れている証拠。だから自転車の方は「力が必要」と感じて、アシスト力を強くしてしまう。変速機付きの自転車の場合は、(昔の自動車のように)走りだしは軽いギア(3段変速の場合は「1」)から走り始め、スピードが上がるにつれて2⇒3とギアを「重く」していこう。
目的はもちろん上述の「できるだけ早く24Km/h以上に到達すること」だ。足の回転が速くて疲れてしまいそうな気もするが、軽いギアから発進して次第に上の(重い)ギアにしていった方が足にもアシストにも有利に働く。

4) できるだけ電源を切る
これは機種によって違うけど、電源が簡単に入れられたり切ったりできる場合は、電源を切ってしまった方が良い。待機電力をカットするのと似たようなものだ。
但し、コントロールスイッチはそんなに頻繁に電源のオンオフがされてしまうような想定はしていないと思うので、スイッチが速く壊れてしまうかもしれない。また、システムによっては停止時にシステムオンになることを想定しているかもしれない。基本はその自転車の取扱説明書に従うべき。
この項目はむしろ「できるだけスイッチ入れずに走る」だね。
そのためにもアシストが無い状態(電源を入れない状態)で、フツーの自転車と同じような軽さで走れるかの試乗はした方がよい(というか、絶対にしたほうが良い⇒アシスト状態ではなく、電源を入れない状態での走行フィーリング)。

☆その他:リチウムイオン電池であってもできるだけ使い切ってから充電した方が良さそうだ。
使い切る、と言っても、システム側で最低電圧を監視しているのでバッテリーそのものが壊れてしまうような過放電になることは無い。
だからこそ、電源を入れない状態での走行フィーリングが大切。帰り道の途中でバッテリーが無くなったら、その日くらいはアシスト無しで帰ってこられるような機種選びが重要。
また、というか、但し、機種によってはバッテリーが切れるとライトが点かない機種もあるので、帰り道とかでライトを多用する人は予備の灯りを持つとか、バッテリー式ライトではない方式のアシスト自転車を選ぶとかの対策が必要。
機種選びのチェックリストを作った方が良いですよ。その上で、クチコミを良く検討しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月 08, 2010

芦田愛菜 なんか違う

あれ、子供の表情じゃないでしょ。
でも、ああいう子って、大人の中で育つから「子供らしさ」が無くなっちゃってるのかな?

さくらまやちゃんなんかもそうだけど、大人のような表現・表情をする子供、と私は見ている。

大橋のぞみちゃんや加藤清史郎君なんかの方がわたしから見た「好感度」は高いけど、成長の早い時期なので、いつまでもあれでもかわいそうだけど。

芦田愛菜ちゃん、江に出るのかぁ・・・・見るのをためらっちゃうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月 04, 2010

母親の事

今、彼女が住んでいるマンション、貸せば月10万円くらいになりそう。安全を見て8万円で、年間100万円としよう。
多分、現状で売却すると600万円くらい。リフォームに1000万円?
 売ってしまうなら現状で売った方が良いが、貸すならリフォーム、できればバリアフリーへのリフォーム。

売ってしまえば600万円。リフォームして貸せば元を取るのに15年。

というか、母が生きているうちに今のマンションを売却してしまうのは現実的ではない。
でも、お金が無い・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月 01, 2010

スマートフォンと相性の良い2011年の手帳・カレンダーを考える:「どこメモ」2010-2011

以前から一人で騒いでいる「どこメモ」に便利な2010年2011年の印刷用エクセルフォームを添付しました

2006年からアイディアを暖めていて、実は大もうけしようと考えていたのだが、そんなに美味しい話でもなさそうだとわかってきたので、この場を借りて大発表しよう!
 で、商品名「どこメモ」 その名のとおり「どこでも使えるメモ」のこと。

①用意するもの。A4の紙 52枚(できれば再生紙ではなく、ちょっと良い紙が良い。できれば「耐水紙」;理由は後述)
 ・A4のファイル。できれば見開きで右表紙と左表紙にファイルできるもの。ファイルするときに簡単にはずして閉じられるもの。(通常のファイルの左表紙にファイル用のクリップを自分で取り付けても良い)

②作り方: 52枚の紙にパンチで穴を開ける。 (こう書いた時に一番オーソドックスなやり方でよい)
 穴が開いたら、左表紙に綴じる。これで終わり。
 できれば、紙の左上に1年52週の月曜日の月日を書いておく。「8月7(月)」とか
  人によって、左上の日付は日曜日だったり月曜日だったりする。私の場合は月曜日。
 なお、今までは毎回(毎週)日付を書き入れていたのだが、2010年版2011年版はエクセルを利用して年間分の日付をプリントするようにした。(ダウンロードできるようにしてあります。御利用下さい)

Photo
③使用方法。
  月曜日の朝、当該日付の書かれた紙を左表紙からはずす。
  紙を折る。 人によって折り方はさまざまだが、私の場合は

  月  水
  火  木
  金  買い物
  単語 メモ

  となるように折る。つまり、まず「火・木」の部分と「金・買い物」の間の線が山になるように折る。
  次に「月火」の部分と「水木」の間の線が山になるように折る。最後に月と火の間の線が山のようになるように折る。
  そうすると、月が表、火がウラになるようなメモが出来上がる。
  水曜日になったら、「月」と「火」の間の線が谷になるように折り直せば「水」が表、「木」がウラになる部分が出現する。

  要するに、ハガキの半分程度の大きさのメモを常に携帯することになる。書き込む場所が無くなったら紙を広げてA4用紙全体のウラ面に書けば良い。
  「買い物」「単語」「メモ」の部分は自分の好きなようにアレンジすれば良い。
 一週間が終わったら、月曜日の朝に新しい紙を左表紙からはずし、前の週のメモを右表紙に閉じる。
  これだけ。  (必要に応じて、未完了事項を新しいメモに転機する。)

更に、Outlookを使っている人なら(何でも良いのですが)、新しい週の紙を折る前に裏面にその月の予定とかをプリントしてから紙を折ればかなり完璧です。
 スケジュールの一覧性も良くなりますし、パソコンが手元になくてもスケジュールのアップデート、追記等が簡単です。

このアイディアは皆さんにどんどん使って頂きたいが、商品化を考える人がいたら、「私がアイディアのおおもと」です。勝手に商品化したら攻撃します。商品化にあたっては私だって少しは欲しい。

何で再生紙やウラ紙ではなく「耐水紙」の方が良いのか?   
 それは、誤って洗濯しちゃった時の為です。再生紙はボロボロになっちゃいますよ。

記入にあたっては3色ボールペン+シャープが良い。
黒⇒事実や予定、お客さんの発言等  青⇒自分の考え、個人のこと 赤⇒重要事項

ちなみに、A4の紙を使うと、ワイシャツのポケットに丁度良い大きさですが、「名刺入れサイズが良い」という人はB5の紙でやってください。但し、メモが書きにくくなります。

私が商品化したかったのは、
①まず52週、365日を全部印刷しておく
②52枚に全部パンチしておく
③A4ファイルに整理しておく
④余白もしくはウラ面に前後月のカレンダーや六曜を印刷しておく
⑤単語欄に30個単語を印刷しておく(一日5個)
⑥蛍光マーカーインク等で「秘密印刷」しておく  何でも可。

とにかく今までの手帳は電車の中でアイディアが書けない。
ジャケットレスの時に困る(普通の手帳はジャケットの内ポケットでないと入れることができないが、どこメモならワイシャツのポケットに入れることができる)

この記事は2006年8月8日分の再掲載(少々アレンジしました)です。

「2010-11.xls」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »