« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2月 27, 2011

ハンドルネームという表現はやめませんか?

ちょっと調べればわかりますが、英語圏では「handle」で通用するこの言葉。
まぁ、オリジナルは「ペンネーム」なのでしょうが、だったら「インターネットネーム」とか、言いにくいのならば「WEBネーム」とかでも良いと思いますが、とにかく「和製英語」を乱造するのはやめましょう。
特に日本人は英語の語源との連携想像力が弱いので、ヘンな和製英語がどんどん出てくる。

Japan origin英語ならかっこいいけど、導入を間違えてヘンな和製英語を作るのはやめよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またもやビール(ビール系)のCMに深夜放送の曲が!

キリン濃い味糖質ゼロ
CMソングはなんと懐かしい「口笛天国」。
そう、「走れ歌謡曲」のテーマソングだ。
今から35年も前、受験勉強をしながら聞いていた深夜放送。
いつもは2時半ごろには寝るのだが、ちょっと遅くなって3時になって始まるのが「走れ!歌謡曲」だ。
この歌が始まると「はやく寝なきゃ」と思ったものだ。だから余計に懐かしい。

http://www.youtube.com/watch?v=zQQ5sEOhbjQ

金麦の方は「オールナイトニッポン」だしね。
BITTERSWEET SAMBA(ビタースウィート・サンバ)』
http://www.youtube.com/watch?v=LV50GNmTV6I

セイヤングが使われるのも時間の問題か?
http://www.youtube.com/watch?v=2yTaG1kNczQ&feature=related

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月 24, 2011

都01にアリソンAT搭載バスが続々(?)登場!

渋谷~新橋を結ぶ都営バス「都01」。

最近、ふそうの新型路線バスが導入されている。
歩道側からみるとリアタイヤの後ろ側に尿素水(アドブルー)注水用のフタがあるのですぐにわかる。

あとは、タイヤがISO規格の10スタッド(要するに他の8穴ホイールではなく10穴)。

停止状態から発進するところを耳を澄まして聴いてみると、ゆったりとスムーズに発信するのがわかる。
そして、「えっ、もうしふとあっぷしちゃうの?」と思うくらい、低めの回転域でシフトアップしていく。
昔のノンステップ初期の「結構引っ張り気味のシフトアップ」とは世代が違う感じがする。

一方で、まだまだ運転手さんが慣れていないような挙動もあった。
どうしてもマニュアルの癖で、発進後ちょっとするとアクセルを緩めてしまうのだ。
これはマニュアルシフトのクセが体にしみ込んでしまっているからなのだが、このアリソンの上手な運転の仕方は、ふんわりアクセルで発進するも、そのままやや強めにアクセルを踏み続けて、早めに巡航速度に到達してしまうことだ。アクセルを強めに踏み込んでいるとシフトアップの時にショックが出るのではないか、と思われる方がいると思うが、アリソンのATはエンジンとの協調制御がなされるので、シフトアップの前後で意識的に滑らせる(1速の状態から徐々に2速へと移行する)のと、エンジンのトルクをその時点で緩めることを行うので、耳で聞いているよりもショックは少ない。これを体感すると、けっこう感動モノだ。

残念なのは、運転手さんが、せっかく装備してある「アイドリングストップ」を活用していないことだ。
東京都のバスなのだから、積極的にアイドリングストップを励行して欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月 15, 2011

日経ビジネス非連動 チャイナマネーを活用せよ!

言うまでもないが、皆さん良く考えて欲しい。
経済的に豊かになるためにはどこかからお金を持っくる必要がある。
例えば、一家の収入が一定の時に、子供が高校生になってさらに部活を始める。
お金がどうしても必要になるよね。お父さんの収入は頭打ち。となると、お母さんはパートに出て少しでも現金収入を得ようとするでしょ。

これと同じことが今の日本だ。
結局、政府がいくら経済経済と言っても、日本の外からお金を持ってこないと経済は良くならない。
ここをわかりやすく説明できないから管政権は矛盾だらけになってしまう。
GDPが中国に抜かれたとしても、中国の人口は日本の10倍以上。逆にいえば、中国のGDPは今の10倍にもなる可能性を秘めているわけだ。
 で、有り余る外貨をアフリカとか、中近東とか南米とか、どちらかと言うと日本があまり着目していないところに桁違いにバラまいている。その話をすると長くなるので割愛するが、とにかく、日本は上手に中国からお金を得ることを考えないといけない。K-POPではないが、国策として考えないといけない。
(但し、日本は長年政治の場に居る人は国際経済にウトい人が多い:菅さんだけではない)

手っ取り早いのは中国からの観光客。外国の人が来て直接外貨を日本で使ってくれる。
わかりやすい。
次は、中国への大量輸出。簡単ではないが、原材料のレベルで外国から輸入したものを最終加工して「made in Japan」として中国へ大量に輸出することだ。
で、中国の一人ひとりの国民に購買力がついてきた今がチャンス。携帯とかウォークマンとかが手ごろだが、このあたりも既に日本は諸外国に後れを取っている。
 既に、ターゲットは富裕層ではなく、その2ケタも3ケタも数が多い、ワーカーを狙うべきなのだ。

現地生産ではなく、made in Japan!   これが2011年のキーワードだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月 14, 2011

ラ・サール中学(鹿児島ラ・サール中学校) 1970年4月入学

まァ、そういうことですが、そのままなら1973年3月卒業、1973年4月ラ・サール高校進学、となるはずだったのですが、私の場合、諸般の事情によりまして、1972年夏に転校しました。
 転校した先は埼玉県浦和市立大原中学校。今のさいたま市立大原中学校なのですが、私が7か月通った大原中学校は移転前のもの。現在は「さいたま市文化財資料室」がある所です。

 その後、頑張って半年で浦和高校に入りました。

今思えば12歳の少年を私の母はよく手放したものだと思う(12歳で寮生活を始めた)。

最初の1年は谷山教会にある「カトリック教会寮(カト寮)」2年生からは本寮に入りました。 今は無くなっちゃったけど、当時の学校のカフェテリアで浅間山荘事件を見てました(印象が強烈)

最近はfacebookとかで実名公開もあるのだが、中学まではプロフィールを書けないので、こちらでプチカミングアウトしてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月 06, 2011

大相撲 残念だが、完全民営化に

まぁ、八百長というのはお金が絡む話だから出てくる話なので、むしろお金を稼ぐ、大金が動くのなら完全民営化にしてしまえば良い。
国技国技と言うが、日本人は魁皇ただ一人で頑張っているようなもので、外国の出稼ぎの場になっているのも事実。
それこそ事業仕訳の筆頭にあがってもおかしくない。
文部科学省も縁を切っては如何?M-1とかK-1と同じレベルにしても良いのでは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »