« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

5月 29, 2011

上野樹里 江 お箸の持ち方

巷では北川景子サンの箸使いが話題になっているようだが、残念ながら私はその番組を見なかった。

で、NHKの「江」に出演中の上野樹里さんだが残念ながらお箸の持ち方がいまいち。
基本的な点、中指を2本の箸の間に入れてコントロールしているところまでは良いのだが、全体として「甘えん坊持ち」とでも言おうか、普通にお箸を持った時に箸先が「手前に」来ている状態が残念。腕の骨に対して直角、もしくは親指に対して直角に箸を支えられれば美しいのだが、これが「鋭角」になってしまっている。

このままでは「のだめ」で納豆ご飯をバスの中で食べている時のようだ。

「脱!のだめ」の為にも箸の上げ下ろしもお姫様然とお願いしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月 26, 2011

A.C.L.ロイヤル8 AC7R81 の評価に対する私の見解

大手サイトにレビューが出てましたが、双子の兄弟車ITY L8に乗っている私なりの見解を。

納期:私の場合、約2週間。(その方は一ヵ月半以上)BSの方が納期が長い?

ギアに関しては個人の感想が分かれるところ。ただし、内装8段はギア比が3倍以上もあり、うまく使えば良い。私も4~5で発進し、すぐに7~8に入れてしまうが、道路状況に応じて細かく使い分けている。
フェリス坂は「強+1速」で登り切った。(できればあまり登りたくない、というのが、登った後の正直な感想)

ギアがクロスレシオと感想を述べらているが(特に6~8は差が感じにくいが)外装の方が実はもっとクロス。

変速に関しては、内装は強く漕ぎながらの変速は避けた方が良い。アシスト車の場合、漕ぐのをやめたり踏み込みを緩くしてもちょっとの間(1~2秒?)モーターアシストが続いているので変速してくれないこともある。このへんのタイミングは慣れの問題。
取扱説明書にもそのようなことが書いてある。
ハリアやジェッターが内装ではなく外装にしたのもこの辺のカラミがあるのかもしれない。
8速は要らない(泣)。
他者も書いておられたが、4~8までしか使わない。慣れると6~8速しか使わない。
強烈なクロスミッションに戸惑った。
正直、3速でよかったな・・・と。
でも、電池切れたら8速と言う多段ギアが重宝されるかもしれない。
それでも、1~3速は使い物に成らない位のローギアっぷり。これが不満点。
あと、3速に比べて8速はクセが強く、漕ぎながら捻ると内装ギアが余り変速してくれない。
これも戸惑ったが、クセを見抜けば何とかなるレベル。そういうもんだと思う事にした。

アシストに関して、「8速=内装3段で言う3速」とのコメントがあるが、3速車はペダル1回転で5.4m程度進むのに対し、8速は6.4mくらい進む。結構差があるが、車種による味付けの違いも大きい。

私の場合、まだ体が慣れていないこともあり、22km/h程度で「速め&ちょっとペダリングがきつい(8速でも7速でも)」なので、個人の体力差によってレビュー(評価/クチコミ)にも差が出るのだなぁ、と感じた。
(フツーの道を30km/hで走っている人には電動アシスト車はお勧めしません)

なお、同じシリーズでも廉価版とデラックス版をそろえている場合が多いが、細かく見ると使われている部品がそれなりに違う。ライトにしてもデラックス版の方が明るかったり(高価で高性能の部品)、カゴが大きかったりするので、「安い方を買って云々」よりもデラックス版の方が長い目で見た場合いろいろな面でお買い得なのでは?というのが私の感想。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月 22, 2011

3年で壊れるノートパソコン。ひどい世の中になったもんだ⇒5年保証に入ろう

東芝のQOSMIO G40が突然壊れた。購入後、3年1ヶ月。25万円もする「家電」がテレビを視聴していただけでブッ壊れたのだ。

頭にきているのであまり細かいことを書く気にならないが、特にノートの場合、グラフィックボードは専用設計になっているので、マザーボードと一緒に交換しなければならなかったりして修理代が高くつく場合が多い。
昔のパソコンは壊れなかったかもしれないが、今は「1年のメーカー保証が切れたら壊れるもの(特にグラフックボードが別に搭載されている場合&特にNVIDIAの場合)と割り切った方が良いだろう。本体価格の5%程度で5年延長保証が使えれば安いものだ、と思うべし。

昔と違ってパソコンの進化も一段落したので、以前3年で買い換えていた人も5年くらいは使い続ける時代になってきたと思う。

※その前は、DELLのXPS1210。これもNVIDIAのグラフィックボードを搭載していた。
たまたまこちらは3年延長保証に入っていて、同じ症状で2回保証修理をした。
後からネットで調べてみると「欠陥品」であった。

※ATIの方がまだトラブルが少ないようだ。

いずれにせよ、高いものを気持ちよく使うためには少々の負担(延長保証)は必要な時代になったのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

5月 17, 2011

愛国心ということ

大阪府の橋下徹知事は16日、入学式や卒業式での君が代斉唱時に教育委員会などの指導に従わず起立しない教職員について「辞めさせるルールを考える」と述べ、排除していく考えを明らかにした(2011年5月17日)

やり方は橋下流でやや強引なところもあるが、基本理念には賛成だ。
震災を契機にするかどうかは別だが、日本人は(基本的に)単一民族国家というだけで「日本人=日本国民」という気持ちをいつの間にか抱いている。個人的な考えもそうだし、日本の歴史の中でもず~っとそうだった。
基本的に島国ニッポンに住んでいるのが日本人で、海で隔てられている島国が日本、と漠然と思いこんでいる。

そこには民族同士が領土争いをしたりする経験が「ほとんど無い」。これが平和ボケを「当たり前のもの」としてしまい、「交渉」とか「戦術」とかを考える癖が無いシンプルな人格を構成してしまっている。

おそらくこういう国家・民族・国民は「世界で日本だけ」だと思う。
(島国台湾だって民族問題や政治闘争問題を抱えている)

残念ながら先の大戦で連合国側に徹底的に骨抜きにされてしまった日本は愛国心すら軍国主義へつながるものとしてタブー視されてしまった。
東京オリンピックがあり、高度成長があったお陰で「まじめに働けばいつかはクラウン」のような夢を追って皆が額に汗していた。

バブルがはじけ、失われた○十年、リーマンショック、そして大震災。
(中略)

日本人に生まれたことを誇りに思うことがこれから2050年までの我々が意識しないといけないことだ。

ボロは着てても心は錦。こういう気持ちをさわやかにもち続けたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月 13, 2011

傘について

BI 自動開閉折傘 ブラック 65cm 商品コード:4545962004056 3,465円(税込) (色違いあり:ネービーとグレーだったかな) 超撥水素材東レのキューダス使用!

傘を新調したくなって、調べてみた。
今使っているのはハンズオリジナル。超軽量。8本。グリーン(モスグリー)。3ッ折。65㎝。(現時点ではネットで検索できないが、ハンズのお店では売っている)
この傘の欠点は2つ。
1) 3本目の骨(傘をさした時に一番外側になる部分の骨)が少々短く、傘を畳むときにきちんとつかめない:傘の生地の部分もまとめてグイッと握って生地を整えて畳むようにしないといけないのでやりにくい。この骨がもうちょっと長くて、そして長傘のように生地から突き出す部分(露先)が1cmくらいあると畳みやすいのに。
2) 生地が薄地のナイロンにフツーのフッ素撥水加工をしてあるだけ(テフロン加工とか書いてあるが)。しばらく使っていると撥水力が落ちてきて、傘を畳むときにバサバサやっても傘がベタ~っとしていてうれしくない。

実は、この傘は2本目。一本目が壊れた(中棒:中心のアルミのパイプ(3段)がバカになってしまい、傘をさそうと引き延ばすと中棒がとれてしまう、という状態になった)。生地の撥水力も落ちていたので、「キューダス」使用のハジキの良い傘を捜した。
3ッ折、6本、60cm、キューダスの傘があったので購入して使ってみたが、3日くらい使ったところで生地と骨がバラバラになった(もともと折り畳み傘は折り畳んだときにムリが来ないように生地と骨はゆるくつないであるものなのだが、そのつなぎ方(縫い方)が緩すぎて、ほぼ全部ほどけてしまったのと、元親骨(6本の骨の一番中心側の骨)が弱く、たった3日の使用でゆがんで来たのだ。 水ハジキが良かっただけに残念。
購入後1週間くらいだったので、ハンズに持ち込んで、返品。と同時に以前使っていたのと同じ8本骨、65cm、3ッ折を購入した。これは鞄の隅にちゃんと収まり、なおかつ軽いので常時携行しても苦にならないし、65cmサイズなので、一通りの雨はしのげる。メインの傘として常に持ち歩けるのは心強い。

で、その傘の撥水が弱くなってきたのでまた「買い物の虫」が疼き始めたのだ。
で、インターネットで調べてみたら、同じくハンズで「EBI 自動開閉折傘 ブラック 65cm キューダス使用」を見つけたので早速ハンズに見に行った。
しかし、結論は「購入せず」。
とにかくデカくて重い。今持っている傘の「2倍くらいある感じ」。もともとキューダスはそんなに薄い生地ではないことと、自動開閉機構とやらでやたらとかさばる重い傘になっている。この傘を常時持ち歩く人はいないと思う。

で、そもそもの原因となった「撥水能力の回復」に挑むことにした。
実はこれは簡単なことで、「生地の汚れをとり」「アイロンとドライヤーで撥水被膜を復活させる」だけなのだ。
傘は使用しているうちに畳んだときや持ち運んでいるときに生地がこすれることにより、撥水層が「乱れてくる」らしい。ここに熱を加えることで撥水層が「整列」して撥水能力が回復するそうな。
ということで、今度の土日で傘を干して、汚れをとり、ドライヤーを掛け、低温でアイロンも掛け(結構使っているうちにしわだらけにもなってきたので)、ついでに撥水スプレーも掛けてメンテしておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月 06, 2011

フィルターとエレメントの違い

Yahoo!知恵袋に「オイル交換とオイルエレメントとオイルフィルター交換の違いを教えてください。」という質問があって、ベストアンサーの書き出しが「まず、エレメントとフィルターは同じものです。」なんてなっている。

書く方も書く方だが、納得する方も納得する方だ。いかにも現代っ子らしい(会話をしていても内容がキャッチボールされていないということ:お互いが「会話」のつもりで別々のことを言っている。相手の話を理解しないまま、自分が言いたいことだけを言う。質問した方も本当の回答になっていなくても、反応があればそれで満足してしまう)。

まず、エレメントはelementで、oil filter elementの略だ(語句の一部だ)。昔はオイルフィルターと言うと、今のようなカートリッジタイプではなく、中の濾材(ろざい)を清掃していた⇒そのうち濾材を交換するようになり、さらに、カートリッジタイプになったのでケースと濾材が一体になったものを交換するようになった。
 だから、本来、カートリッジタイプのもののことを「オイルフィルターカートリッジ」と呼ぶべきで(英語はそう呼んでいる)、濾材がエレメント(oil filter element)。
 だから、エレメントという言葉が独り歩きしている。国籍のわからない人が日本の中を平気で歩いているようなもんだ。
 自動車に関するカタカナはほとんどが英語だ。だからできるだけ英語に戻って本来の用法を気にすることが望ましい。
 自動車会社(メーカー)の中にも英語があまり得意でない方もいるので、「英語本来の意味から独り歩きしているカタカナ言葉」がたくさんある。

だけど、そういうことを意識して、カタカナ言葉はできるだけオリジナルの意味・語源/用法を理解して使ってほしい。それがこれからの日本人が(好むと好まざるとにかかわらず)地球という一つの市場で生きていくための唯一の手段なのだ。

さて、さらに回答者は「交換の目安は、フィルター交換はオイル交換2回に1回の割合が良いでしょう。」と回答しているが、最近のカートリッジは軽量化とコストダウンの両面から昔のカートリッジより小さくなっている。それだけ濾材の濾過(ろか)面積が小さくなっており、最近の車両は(オイル交換のインターバル(交換までの走行距離)が長くなる一方で、オイル交換の時に同時にオイルフィルターも交換した方が良い場合が多くなっている。

省燃費型オイル(サラサラタイプオイル)がはやっているが、このタイプはサラサラしている分、走行後にオイルがギア等からオイルパンに落ちてしまっている場合が多い(ギアの表面に残っている油膜が薄くなってしまう場合多い)。毎日乗っている車ならあまり問題にならないかもしれないが、数日に1回とか1週間に一回しか乗らない車両に「取扱説明書」に指定されている以外のサラサラオイルを使うと、エンジンを掛けた瞬間にエンジン内部の金属同士が直接こすれあってしまう可能性が大きくなっている。
 また、アイドリングストップ等でエンジンの始動/停止が多いと、その時にススが出る頻度が高い(エンジンを始動するときは着火しやすいように燃料を濃く噴射するので、燃え残ってススが出る可能性が高い)。
このススは金属に対しては「研磨剤」の役目をするので、できるだけオイルに分散させ、オイルの通路上で捕捉(フィルターで濾過)することが望ましい。
 こういった理由もあり、最近の小さなカートリッジが付いている車両の場合はオイル交換ごとにフィルター(カートリッジ)も交換した方が良い。

☆しかし、Yahoo!知恵袋って、どうして「習ったはず、教わったはず」のことを皆平気で質問してくるのだろう。
ちょっと調べれば済むことを質問してくるのだろう?
確かに「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」と言うが、まず自分で「どういう意味だろう?○○って意味かな?」と想像してから手元の資料で調べてみて、それでも納得がいかないときに「知ってそうな人」に聞くのがスジなのではないのか?
 わからないから気軽に携帯電話から質問して、すぐに答えが返ってきてその場でわかったつもりになる程度の知識なんか5分後にはもう記憶に無いよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

5月 03, 2011

電動アシスト自転車のバッテリーは購入時の選択制(オプション)に!

自転車ほど広く家庭に入りこんでいるものは無いだろう。もちろん、テレビとか冷蔵庫とかもあるが、私が言いたいのは、自転車はスーパーで日用品感覚で買ってくるものもあれば、軽自動車並みにお金を掛けている人もいる、ということだ。
 自転車は自分でカスタマイズできるところが楽しい。

で、電動アシスト自転車だが、私としては小径(20~22インチ)程度に大型バッテリー、内装8段変速、前後にキャリア&カゴとサスペンションが付いたモデルが欲しかった。それぞれにそれなりの理由がある。自転車に詳しい人から見れば異論はたくさんあるだろうが、私なりの考えは、
・小径:車両全体が軽くなる。(回転の)慣性モーメントが小さくなるのでこぎ出しが軽い。これは発進停止の多いシティユースでは大事なことだ。そして、軽くて、(回転の)慣性モーメントが小さいことは結果として省エネにつながる。デメリットとして「すぐにスピードが落ちる」ことをあげる人もいるが、街乗り中心の場合は特にデメリットにはならない。
・大型バッテリー:一回充電当たりの走行距離が長いのはもちろんだが、結果として充電する間隔が延びる。1週間に2回充電していたものが1週間に1回の充電で済むのならバッテリーの寿命(充放電回数による寿命)は2倍になる。
・前後キャリア&カゴ:街乗り、通勤中心なので通勤かばんを簡単に載せることができ、また、自転車カバーやウィンドブレーカー等のちょっとした小物を入れておくスペースが必要。
完璧にママチャリだが、乗り降りが楽で、あまり前傾姿勢にならず(頸への負担を減らしたい)、荷物を簡単に載せるのはママチャリが優れている。
・サスペンション:街乗り中心の場合、歩道と車道との行き来が多いのと、歩道はでこぼこしているので車体や荷物への負担が大きい為に、サスペンションは欲しいところ。ただ、フロントにサスペンションを付けるとキャリア&カゴの自由度が少なくなってしまうのが難点。
・内装8段変速:内装3段でも自分のフィーリングにあったギア比なら良いのだが、一般的に3段の場合、1速でも登れない坂がある割には3速のときに「もっとスピードを出したい」状況も多々ある。内装3段でもっとワイドレンジになっていれば良いのかもしれないが、今のところそんなギアは見たことが無い。それと、内装というのは、発進停止の多い街中向き。いくら電動アシストとはいえ、踏み込んだトルクでアシスト量を決めるので、負荷の掛る発進時は軽いギアで発進して、だんだんとあげていくのが理にかなっているし、バッテリーも長持ちする(はず)。

要するに自転車の世界は実用性を取るとカッコ悪くなるのはある程度仕方がない。
同じ電動アシスト自転車でもブリヂストンの方はややカッコ重視で、ヤマハは実用性重視だ。

で、電動アシスト自転車だが、商品構成上、価格が安いものは容量の少ない(価格の安い)バッテリー、価格の高い自転車には容量の多い(価格の高い)バッテリーが付いているが、最初にも書いたが、自転車は安くて良いものを自分でカスタマイズするのが楽しみなのだから、(最近のパソコンと同じように)店頭モデルの他にカスタマイズモデルもあってよいのではないか、と思う。
サスペンション付きは無いにしても、小径モデルに大容量バッテリー、キャリア、内装8段モデルがあってもおかしくないと思うのだが。少なくともバッテリーは購入時選択制にして欲しい。

※細かく見ていくと、タイヤとか、スタンド(ステンレスのものとメッキのものがあり、PAS CITY L8にはメッキのものが使われている:こんな所ケチってもしょうが無いのに。
それと、ライトも安いモデルは0.5wx2なのに8Aモデル(要するに高いモデル)は1Wx2になっているとか
⇒結果としては高いモデルが割安になっているようにも見えるが、軽いクロスバイクベース(アシスト無し)で仕上げても半額くらいでとりあえずモノになることを考えると電動アシスト車の購入って二の足踏んじゃいますよね。

※購入時に販売店の人にダメモトで「差額払うから大バッテリーと交換して!」と交渉してみる。
※購入時に同時に大バッテリーを購入し、新車装着の中(小)バッテリーは「未使用」扱いでヤフオクに出す。
 (予備バッテリーとしてのニーズはあるはず)

繰り返しになるがバッテリーが購入時の選択制にならない現在では、「ちょっと高いなぁ~」と思ってもバッテリーの大容量のモデル(一般的には上級モデル)の方がお買い得になるのでは、というのが私の見解。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »