« フィルターとエレメントの違い | トップページ | 愛国心ということ »

5月 13, 2011

傘について

BI 自動開閉折傘 ブラック 65cm 商品コード:4545962004056 3,465円(税込) (色違いあり:ネービーとグレーだったかな) 超撥水素材東レのキューダス使用!

傘を新調したくなって、調べてみた。
今使っているのはハンズオリジナル。超軽量。8本。グリーン(モスグリー)。3ッ折。65㎝。(現時点ではネットで検索できないが、ハンズのお店では売っている)
この傘の欠点は2つ。
1) 3本目の骨(傘をさした時に一番外側になる部分の骨)が少々短く、傘を畳むときにきちんとつかめない:傘の生地の部分もまとめてグイッと握って生地を整えて畳むようにしないといけないのでやりにくい。この骨がもうちょっと長くて、そして長傘のように生地から突き出す部分(露先)が1cmくらいあると畳みやすいのに。
2) 生地が薄地のナイロンにフツーのフッ素撥水加工をしてあるだけ(テフロン加工とか書いてあるが)。しばらく使っていると撥水力が落ちてきて、傘を畳むときにバサバサやっても傘がベタ~っとしていてうれしくない。

実は、この傘は2本目。一本目が壊れた(中棒:中心のアルミのパイプ(3段)がバカになってしまい、傘をさそうと引き延ばすと中棒がとれてしまう、という状態になった)。生地の撥水力も落ちていたので、「キューダス」使用のハジキの良い傘を捜した。
3ッ折、6本、60cm、キューダスの傘があったので購入して使ってみたが、3日くらい使ったところで生地と骨がバラバラになった(もともと折り畳み傘は折り畳んだときにムリが来ないように生地と骨はゆるくつないであるものなのだが、そのつなぎ方(縫い方)が緩すぎて、ほぼ全部ほどけてしまったのと、元親骨(6本の骨の一番中心側の骨)が弱く、たった3日の使用でゆがんで来たのだ。 水ハジキが良かっただけに残念。
購入後1週間くらいだったので、ハンズに持ち込んで、返品。と同時に以前使っていたのと同じ8本骨、65cm、3ッ折を購入した。これは鞄の隅にちゃんと収まり、なおかつ軽いので常時携行しても苦にならないし、65cmサイズなので、一通りの雨はしのげる。メインの傘として常に持ち歩けるのは心強い。

で、その傘の撥水が弱くなってきたのでまた「買い物の虫」が疼き始めたのだ。
で、インターネットで調べてみたら、同じくハンズで「EBI 自動開閉折傘 ブラック 65cm キューダス使用」を見つけたので早速ハンズに見に行った。
しかし、結論は「購入せず」。
とにかくデカくて重い。今持っている傘の「2倍くらいある感じ」。もともとキューダスはそんなに薄い生地ではないことと、自動開閉機構とやらでやたらとかさばる重い傘になっている。この傘を常時持ち歩く人はいないと思う。

で、そもそもの原因となった「撥水能力の回復」に挑むことにした。
実はこれは簡単なことで、「生地の汚れをとり」「アイロンとドライヤーで撥水被膜を復活させる」だけなのだ。
傘は使用しているうちに畳んだときや持ち運んでいるときに生地がこすれることにより、撥水層が「乱れてくる」らしい。ここに熱を加えることで撥水層が「整列」して撥水能力が回復するそうな。
ということで、今度の土日で傘を干して、汚れをとり、ドライヤーを掛け、低温でアイロンも掛け(結構使っているうちにしわだらけにもなってきたので)、ついでに撥水スプレーも掛けてメンテしておこう。

|

« フィルターとエレメントの違い | トップページ | 愛国心ということ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 傘について:

« フィルターとエレメントの違い | トップページ | 愛国心ということ »