« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

8月 31, 2011

IDEOS X3がやってきた

IDEOS X3は国内最少クラスのスマートフォンだ。スマホと言えばデータ端末と携帯電話の融合体ではあるが、2011年9月時点の日本には月々の電話料が安くて、おまけにデータ通信料金が安い携帯端末が無い。
そこで、2台持ちと割り切り、モバイルデータ端末として使用することにした。

IDEOS X3 はすごく小さい(端末価格20500円)

b-mobileの100Kbps SIM(月額987円)はサクサクではないがそれなりに使える

(SIMフリー(SIMロックフリー)ではあるが、SIMカード無でも使える(WiFi環境下ならインターネット関連も使用できる):12月18日追記)

「アプリ」の多くは企業のホームページを活用してもらうための専用プログラム

※2012年2月17日をもってX3及びb-mobileのSIMの使用を終了しました(SIMは2月末まで使用可)
 理由等は別ブログにて

※2012年4月20日 最近、このブログへのアクセスが多いです。「タダスマ」の関連かしら。
 とにかくこのスマホはエントリーとしては良いモデルです。とりあえず使用してみて、あとは白ロムで他の
 SIMフリー端末を入手してSIMカードを差し替えて使用する、とか、色々と工夫してみて下さい。

========時間のある方は以下もごゆっくりとどうぞ=======

今まで使用していた携帯情報端末(?)は、2005年12月に発売になったHPのiPAQ rx1950 Pocket PC というPDA(Personal Digital Assistant or Personal Data Assistance)だ。購入当初はメモにつかったり、無線LANでちょっと遊んだりしていたが、一番たくさん使ったのはアナログテレビを録画したものをPocket PC用に変換して、通勤時に見聞きする(ほとんど聞くだけ)というものだった。2011年7月24日、アナログ放送が終わった。私の家ではJ:comがデジアナ変換サービスをやってくれているので、その気になれば今まで通りアナログ化されたテレビ放送を録画して通勤時に見聞きすることを続けることもできた。
 一方で、7月頃から五十の手習い、で、ちょっとお勉強をするようになった。最近はインターネットで動画でお勉強することもできる。その動画を録画してPocket PCで見るようになったこともあり、アナログ波停止前に通勤テレビは事実上終わっていた。
 また、facebookとか、mixiとかのSNSに触れる機会も増えてきた。私は家でも会社でもインターネットにつながるチャンスはあるのだが、通勤途上はあまりつながっていなかった。もともとケータイサイトとかはパケホーダイとかに加入するのがバカらしかったので加入していなかった。乗換案内とかも、事前に自宅や会社で調べておけばどうにかなる。長時間外出とか出張するときはPocket WiFiとノートPCを持っていけばどこでもちゃんとしたインターネット接続ができる。だからちっちゃな画面のオモチャは不要、と思っていた。

ところが8月のある日、夏休みも終わったある日、突然に物欲が目覚めた。
一つにはb-mobileがイオン専用で月々987円のSIMカードを発売したニュースを目にしたこと。
もうひとつは、これからはiOSではなく、Androidが面白そうだ、ということ。
後、元気に活躍している高齢者になるためにはまだまだ時代についていく必要がありそうだったこと、等々、「幾らカネが無い、と言ってもある程度の設備投資は必要」と思ったのだ。

そう思うとあとは情報収集だ。どうやら華為(Huawei)のideosという端末が面白いらしい。
日本でideosと言えば、イーモバイル(EM)がポケットWiFiの2号機として世に出したPocket WiFi S (S31HW)、が目立つ。一方で、同じモデルをIDEOSという名前のままで「おこづかいで持てるスマートフォン」ということで2011年の1月ごろから発売しており、そろそろオークションにもタマが出始めている、という環境が整い始めた、ということもある。(Huawei IDEOS U8150)
(Huawei:華為:はファーウェイと表記している場合が多いが、中国の人にもわかるような発音に近い書き方は「ふぁうぇぃ」って感じ。華は言わずと知れた「中華人民共和国(ちょんふぁれんみんごんほぐぉ:「れ」の発音は注意してね)」の「ふぁ」だし、「為」は「為了~(うぇいら~:~の為に)」の「うぇい」だ。

数日オークションで粘った。一万円出せば中古機が入手できる。頑張れば9,000円で落札できそう。だが、中々落札できない。もう即決の一万円のにしよう、と思ったところこのIDEOS X3(U8510)というモデルが目にとまった。
これも調べてみると、EMが7月から発売を開始したばかりのモデル。(だが端末単体価格は29800円?)
何が違うかと言えば、OSがAndroid 2.2と2.3.3の違い、画面が240x320と480x320の違い等。
こうなるとがぜん新しいモデルが気になる。そこにAmazonの新品価格が目に飛び込んできた。20500円(送料込)。
もう心は決まった。すぐにアマゾンに発注。翌日「発送しました」のメール。即イオンの携帯電話売り場に。
店員さんも手慣れた様子。「売れてます?」と聞いたら「思ったよりは出るんでうれしいです」とのこと。

で、佐川急便で到着。箱が小さい。開封防止シールが切られていたが、事前のweb情報で「日本語化されている」とのこと。 で、箱を開ける。二度びっくり。すごく小さくて薄い。ひとことで例えると、「そろそろ次を準備したくなる程度に減った石鹸」という感じ。110x56.5x11.2mm。スマホのイメージとは違いすぎる。

箱の中には日本語関連の書類は一切ないが、今の時代、インターネットで検索すればなんでも出てくる。
セットアップも無線LAN設定もb-mobileのSIM設定も特に問題なく終了。

月々987円のSIMでは100Kbpsしか出ないが、動画や大きなファイルのダウンロードはともかく、GoogleMap程度なら十分に実用的。U8150ではできなかったピンチにもU8510は対応しているし。とりあえず満足。
あとは節電アプリや不要なサービスをカットするアプリ等を入れて軽く電池の持ちの良い端末にしたい。
U8150にはストラップホールが付いているがU8510にはついていないのが残念。

100Kbpsとはいえ、家(自宅)にいるときはWiFiでサクサク動くし、問題ない。問題はこのオモチャが5年もつか、ということ?
100Kbpsなので、5Mのアプリは理論上500秒(8分20秒)掛る。でもこのSIMの特徴は「容量が無制限」ということ。時間を掛けてゆっくりとダウンロードすればよい。

ここまでご覧になって気付かれた方もいらっしゃるかもしれませんが、通話機能は使っていません。
SIMの料金が高いから。当面は手持ちの携帯のホワイトプランで、月々2300円程度は「電話代」と割り切ることになりそうです(間もなく24ヶ月を経過し、月々割が終了するけれど、そうなると月々幾らになることやら)。
スマホ機能(携帯情報端末機能)と通話機能は分けた方が安くつく、と思う。
b-mobileからはモバイルIPフォン機能付きのSIMカードも売っているし、WiFi環境ならSkypeも使えるし。
電話機能は私の場合ほとんど使わないけど、無いのも不便だからね。

8月31日 アプリ導入でradikoを聞くことができた。状況によりバッファへの読み込みに時間が掛って音声が途切れることもあれば、特に問題なく聞くことができる場合もある。ただし、私が聞きたい番組が無い。radio Nikkeiは私が聞きたい番組が私の聞きたい時間にやっていない・・・・残念!
ローソンのアプリインストール。日経新聞のアプリ入れたけど、有料会員でないと購読できないのでアンインストール。

9月1日 evernoteインストール 朝、約1時間動画再生したりして会社に来るとバッテリーが半分に。会社用充電対策⇒手持ちのUSB(オス)-miniUSB(オス) 用にminiUSB(メス)-microUSB(オス) プラグをアマゾンで購入。会社ではPCから充電予定。

家に帰り、手持ちのEMの赤SIMを挿してみるが、「通信サービスがありません」的なメッセージが表示されてつながらない。(もちろんAPNはPocketWiFi IIの説明書や、X3で無いIDEOS等の記事を見て設定しているのだが) WiFiはつながる。

U8510-1というモデルのようだが、機械側の周波数帯が違うのでEMのSIMでは使えないということか?U8150なら問題なさそうだが、赤SIMを使おうと思っている人は情報をよく集めて下さいね。私も再確認してみますけど。

Pocket WiFi S II (S41HW) はIDEOS X3 (U8510-1)のはずだから赤SIMを挿せば通信出来そうな気もするけど、SIMそのものにロックが掛っている?ことは無いようだが、う~ん、ちょっと残念。

9月27日 はやいもので購入後1ヶ月になろうとしている。残念ながら、人が使いたいときにはこちらも使いたい(帰りの電車の中、とか)。でもベストエフォートの場合、100Kbpsだと非力なのか、高額プランの人に電波を取られちゃっているような気がする。スピードテストなんか、受け付けてもくれない場合がある。
 今日は100均で液晶保護フィルムと、充電用チャージャーを買ってきた。購入したのは「セリア」だ。フィルムは携帯電話用の77mmx43mmのゲルポリマーシート。貼りやすいし。とりあえずこれでやってみる。IDEOS X3 は表面がラウンドフォルム(ガラスではない)ので画面にキズがつきやすいような気がする。

充電のものはBBJ01という、単三アルカリ電池もしくは充電済みの単三ニッケル水素充電電池を入れて使うものだ。実はそれまでは携帯電話用の単三電池を入れるタイプのチャージャーに「foma⇒マイクロUSB」アダプタをつけて使ってみるのだが、どうも電圧が低いようで、うまく充電できない。
 で、BBJ01だが、(できれば他の人のページも検索してみてください)スペックがよさそうな割にはやはりあまりうまく充電できない。手元には充電電池がゴロゴロころがっているのでうまく利用できないかと思ったのだが・・・  昇圧回路には期待せずに、1.2v(充電電池1本)x 4本でうまく充電できないか、近いうちに挑戦してみる。BBJ01も105円だからまぁ、OKとしよう。 ということは、予備の電池(HB4J1もしくはHB4J1H)を購入するか。

10月15日 結局バッテリーはHB4J1が安かったのでそちらを買った。

最近、このX3ははたしてスマホなのか?と思う時がある。一つは通勤時間帯の100Kbpsのアクセスの悪さ(ほとんどスピードが出ない)と、ディスプレイの情報量の少なさだ。
スピードの件は月々987円の100Kbpsのプランなのでしょうがない。極力Wifi環境で使おう。
ディスプレイは480x320。これが少ない。最低この倍は欲しい。もちろん、そのおかげで筺体を小さくすることができ、ケータイ的につかえているのも確かだが、これではディスプレイ入力方式ケータイだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

8月 28, 2011

電動アシスト自転車でちょっと急な坂を登るときは「ゆっくりと」

電動アシスト自転車購入してから早3ヶ月。800Kmを走りました。
今日は14Km離れた実家に行ってきました(2回目)。
実家の周辺は坂が多く、というか、実家は山の上で、私の家から実家まではNavitimeの自転車ナビで見ると、標高差80m程度。途中に2回くらいアップダウンがあり、フツーの自転車で行くことは最初から想定外、でした。5月に2011年モデルのYAMAHA PAS CITY L8を購入し、今回は2回目の挑戦です。
 ふだんの通勤用ルートは高低差があまり無く、なんで電アシを買ったかというと、「向かい風対策」だったのです。

で、2ヶ月ほど前に一度実家に行ったときは、最後の坂(900mで80m登る)は最初から1速にして、進まない自転車をキコキコ漕いで登ったのですが、今回はあえて6速のまま、速度を12Km/h程度以下で坂に突入! すると、あ~ら不思議。まるで坂が平地になったかのような感触。たしかに登り坂を漕いでいるのですが、ペダルを漕ぐ力がゆったりで済むのです。

内装8段変速機は特に登り坂で漕いでいるとき(アシストしている時)は変速しにくいので、登りで速度低下を覚悟で漕ぐのをやめて7速に入れましたが、そこからも加速も出来たし、7速にした分、一漕ぎで進む距離が4.92mから5.72mと80センチも延びるため、なんとなく良い感じ。 坂の傾斜にもよると思いますが最近のアシスト自転車は急な坂を登るときにはギアを落とすのではなく、スピードを落とすのが効果的、というレポートでした。

追記:アシスト無し自転車を乗りまくっていた人ほど「坂道=シフトダウン」と思い込んでいますが、電動アシスト自転車の場合、それは当てはまりません。
電動アシスト自転車を購入前にちょっと試乗してみよう、という人はこの点に注意して下さい。それと、ガンガン登ろうとすると20Km/h以上にすぐになってしまって登坂は楽ではありません。新アシスト基準の醍醐味は10Km/h前後で、やや高めのギア(場合によっては最高段)でゆっくり走ってみて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月 21, 2011

2012年 24時間テレビ チャリティーマラソンのランナーは?

徳光さんが先ほど走り始めました。雨がちょっと気になりますが、バテ防止には役立つかもしれません。21日(日曜日)の天気の方が心配です。

さて、徳光さんがゴールする以前ではありますが、2012年のランナーはだれか?

立木早絵さん、というセンではどうでしょうか?

4年続けて24時間テレビというのもナンですが、チャリティーマラソンのランナーとしては、既に、フツーの老若男女は出尽くした感があり、次は「車いすマラソン」あたりと思うのですが、車いすであまり有名な方がいない。
2011年8月21日午前1時20分時点での予想です。

====

追記:2012年4月10日  巷では郷ひろみとか、サンドウィッチマンとかの名前も挙がっているが、岡本夏生なんてどうかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月 20, 2011

超円高 国の財産が奪われているのに政府はなぜ介入しないのか?

円高が止まらない。政府は形だけ介入したようだが、本気度がまるで無い。

円高になるということは、「国土が削られている」のと同じことなのだ。国の財産がどんどん削られているのに政府は全く気付かないフリをしている。
世界の他の国では国が自国通貨安をリードしているが、財政音痴の民主党はまったく国を守ろうとしてくれない。

国力は官民一環となって築き上げるもの。
世界の他の国が官主導で自国の経済を必死に守ろうとしているのに、この国はどうなっているのか?「選んだのはお前らだろう?」は通用しないよ。あんたたちは当選の約束を守っていないのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユニバーサル・モンスターライブ・ロックンロールショー

内容とか細かいことはWikipediaとかに譲るとして、すごく???なアトラクションだった。
カミさんは「懐かしい曲がたくさん出てきて面白かった」とかいうのだが(カミさんはアメリカの高校を1970年代終わりに出ている)、日本で「リアル」でこのショーで上演される曲を聴いたり歌ったりしていた人は少ないと思う。

正直、「なんで、ここでこれらの曲をこうやって英語で?」と思った。私の場合は半分「リアル」世代だから、周辺の観客がノリノリならそれに合わせてノリノリも出来たかもしれないが、案の定日本ではノる観客は少なかった。唯一YMCAは半分くらいの人がYMCAの手文字をやっていたけど、歌詞も英語だったし。
 USJ全体に言えることだけど、案内とかは日本語がほとんど。英語・中国語(簡・繁)・ハングルくらいは同時表記しても良いだろう。
 ロックンロールショーに関しては歌詞をテロップのようにどこか(ステージの上や下)に流しても良いし、その曲がいつ頃誰が歌って、どんな映画に使われた、とかの情報も流してほしい。アメリカでは40代~50代の人たちならだれでも歌える曲だと思うし、そのメロディーを聞いただけで青春がよみがえるのだと思うけど、日本でそれを期待するのなら上演方法も工夫しないと。

17歳の娘なんか半ば「置いてけぼり」状態だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月 17, 2011

高速での私なりの走り方

私はスピード狂とか、ハンドルを握ると性格が変わるタイプではない。
高速道路では追い越し車線を前後の車両と間隔をおいて走行するタイプ。
前の車両ともきちんと車間距離を保っていたいタイプだ。

かなり後ろから速めに走ってくるドライバーからみると、走行車線が空いているときに追い越し車線を走行している私の前には「十分すぎるほどの車間」があるように見えるのか、追い越し車線の車列から走行車線に移り、秩序を守って走行している車両をよそに左側車線から車を次々と追い抜き、私の前に出ようとする車両がいる。

私だって「必ず」追い越し車線を走行しているのではない。
交通量が少ないときは基本的には走行車線を走行する。

高速道路を制限速度を超えて急ぎたいときは違法ではあるがきちんと先行車両にその意思を表示して欲しい。十分に車間距離がある時にパッシングをすれば良いのだ。それからスピードを上げれば先行車は走行車線に移るはずだ。それでも走行車線に移らないのは、移れない(走行車線を走行している車両の速度が遅い、とか、車間距離が空いていない、とか)。

ランクルなんかはマナーの悪い車両が多い。馬力があるのでスピードが出るのはわかるが、ランクルの場合は有無を言わさず後ろに迫ってきて、無言であおるクルマが多い。

走行車線側から追い抜いてくる車両が確認できた場合は私は前車との車間距離を詰めて割り込まれないようにしている。 向こうからみれば意地の悪い車両に見えるかもしれないが、全体の秩序を守る為には必要なことだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハイオクでエコ

所用で名古屋に行って来たのだが、今回は思い切ってハイオクを入れてみた。
横浜~名古屋 約350Km

往きは65ℓの燃料タンクに対し、約2/3をハイオク残りはそれまで入っていたレギュラー。
で、12.4Km/ℓ。 全レギュラーの記録がないのが残念だが11キロ程度との印象。
名古屋到着後すぐにハイオクで満タンにし、その後、名古屋を走り回り、再度高速近くでハイオクを入れて名古屋⇒横浜で、今度はなんと14.3Km/ℓ。同じハイオクで500円も安く済んだ。走行方法はほとんど変わらず。むしろ、名古屋⇒横浜の方が渋滞があったり、エアコンの使用が多かったりで使用条件が悪かったはず。
往きはコールドスタート(エンジンもミッションも冷えていた)、帰りはしばらく走行してから高速入口近くで満タン(どちらもセルフで同じようにギリギリまで給油)だが、こんなに燃費に差が出るほどの原因ではない。
 仮にレギュラーで12Km/ℓとすれば29ℓ。レギュラーが145円、ハイオクが155円とすれば、レギュラーなら4205円。ハイオクで3700円。? ハイオクの方が経済的。

ちなみに通常の使用だと同じ程度の距離で45リットル程度。8km/ℓ弱。
なのだが、今回はハイオクでの日常使いでどの程度になるかチェックしてみる。9Km/ℓくらい行けばうれしいけど。

通常はコールドスタートで3Km程度走行の往復が多く、エンジンがくすぶっているのかもしれない。それをハイオクで十分に走り切ったのでエンジン内部がキレイになって燃費が良くなったのかもしれない。

<横浜~名古屋>
8月14(日) 午前2:10発 とにかく名古屋までは渋滞を避けたかったのでこの時間になった。家族は「なんで~?」と言っていたが、後ろで寝てるだけの連中にはドライバーの気持ちは分からない。カミさんはふだんは近所への買い物とかは車を乗っている(月に300キロ程度)が、長距離はダンナが運転手さんだ。(当然と思い込んでいるようだ:交代で走れば長距離もお互いにラクチンなのだが、この人には通用しない)
約2時間走り、日本平PAでトイレ休憩。すぐに再走行。
浜名湖SAで再度休憩。既に夜は明けていて、少し眠いので20分ほど仮眠。
再走行。豊田JCT通過。春日井で降りる。6850円(ETC使わず)。すぐに給油。
昨晩自宅近くでハイオク満タンで、燃料タンクの2/3はハイオクだった。
334Km走行で27ℓ。(12.4Km/ℓ)
いつもよりは1割程度燃費が良い印象(同じルートでのデータ無し)。
東名の流れ:渋滞ほとんどなし。120Km/h走行もあまりない。流しているときは110Km/h程度。大型車が全体の流れを決めている感じ。
インター付近をチョコチョコ走ってコメダコーヒーで朝食後、大阪に向け出発。
小牧前後で渋滞後、瀬田東から京滋バイパスに入り、九御山JCTから第二京阪で門真JCTで大阪東まで行き、大阪城の南で阪神高速を降りる。
大阪上を一回り、その後、空き缶(一斗缶)殺人事件の天王寺付近を通り、まず通天閣へ。
しこたま並んで、串カツ食べて、駐車場が1,500円。
そこから道頓堀見学へ移動。グルグル回って川沿いのグリコのランナーは確認したが、今度は駐車場が無い。
またグルグル回って、ちょっと離れた駐車場に止めて、道頓堀界隈を散策。
時間が中途半端だったが、鶴橋へ向かう。また駅の周辺でグルグル。以前来た時に食べた焼き肉屋さん街が駅のどこに位置するのかが分からない。結局地元の人に聞いて、その近くの駐車場に再度P。
 ところが、以前食べた焼き肉屋さんは娘のテイストに合わず、別のちょっとオシャレっぽい店にて夕食。
肉を食べ出したらキリが無くなるので、お父さんはライスとキャベツ中心。親子3人で7800円。
で、まだ明るい中、ホテルに向かう。ホテルはネットで探した住之江の競艇場の横。雰囲気が今一つだが、USJに近いところはお高いので、我慢我慢。というか、ホテルに入ってしまえば小ざっぱりとしたきれいなホテル。
ヤマザキデーリーストア(デーリーヤマザキ?)もあり、便利。中国からの団体さんも来ていたが、それなりにおとなしかった。
翌朝は6時15分に朝食をはじめ、6時半過ぎにホテルを出、高速経由でUSJへ(700円)。7時10分頃USJ駐車場に入れたが、既に100台以上が停まっている。6時半ごろ開門したか?(USJ公式発表は開門(この日は9時)90分前に駐車場オープンとのことだが、夏のピーク時なので早めに開門した模様。
時間があるのでエンジンかけっぱなしでクーラー掛けて仮眠。8時45分ごろのこのこと行ったら9時の開門のはずなのに既に人が中に入っている。8時半ごろ開門したか?(⇒USJに前日聞いたのだが、ウソをつかれた、というか、裏切られた、というか・・・)  USJ入場に関してはエクスプレスパスもうまく組み合わせるべきだが、訪問日とかにより、年間スタジオパスとかロイヤルとか、の方が使い出がある可能性もある。
ウチの場合はブックレットセブンも買って、3人でチケット代が34200円(一人11400円)したが、このほかに駐車場代2500円も掛っているし、シュレック、セサミストリート、モンスターショーは延々と並んだし、ターミネーターは見ることができなかったことを考えると、夏のお盆シーズンは「高い方から攻める」のが得策かもしれない。一方で、年間スタジオパスとか買って平日に1泊2日で訪問するなんて手もあるので、有給休暇が取れる人はそういう手も考えた方が面白いかも。
で、案の定、夕食も食べずに20時からのパレードに突入し、20時40分頃終わったものの、駐車場から出るのにも時間が掛った。
 大阪なのでコナモンの夕食にしたかったが、娘が「奇麗なところならいいけど」と言いだした。結局ホテル近くにこぎれいなラーメン屋さん(麺匠 味冨久 住之江店 )があったので、そこでラーメンを食べた。おいしかった。

翌日(火曜日)はゆっくりと朝食を食べ、大阪駅(大丸)へ。娘がポケモンセンターに行きたい、と言いだしたから。カミさんは新しい大阪駅とか見て、デパ地下でおみやげを買っていた。昼近くになったが、朝食を遅めにゆっくり食べたのと、昨日の疲れで食欲が無い。で、このまま名古屋に向かうことに。
一般道をあちこち走り、途中コンビニで「関西味」のどん兵衛を買って、門真インターから2日前の逆コースをたどる。途中何度か渋滞あり。4時間近く掛けて名古屋へ。ここで再度ハイオク満タンにして横浜に向かう。
御殿場~横浜町田渋滞40キロ等の表示もあったが、実際にはそれほどでもなく、21時半には帰宅できた。

帰りの東名も交通量は多かったものの、それなりに流れていた。豊田JCTもまだ完了していないが渋滞対策がされており、遅いながらも車が動いていたのでストレスは少なかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月 12, 2011

TACの有名講師陣 テレビに登場

今日はちょっとおもしろい日だった。
たけしの「ニッポンのミカタ」を見ていたら、「見せる、クリーニング店」のところにTACの高久先生の記事が紹介されていた。

WBSを見ていたら、同じくTACの洞口先生が朝トクゼミで出てた。英語を教えているとは思わなかった。ちょっとびっくり。

今年(2011年)の診断士試験1次試験会場に昨年同様高久先生が来ていた。

私はTACに限らず、「スーパーフリーライダー」なので、けっこうTACの先生方の顔とか名前とか知っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »