« 母親用 アンドロイドタブレット | トップページ | Android タブレット 新しい潮流は来るか? »

10月 05, 2011

7インチ中華タブレットが来たけれど

早速送られてきた。注文画面には書いてなかったが、付属のマニュアルにはM70007Tシリーズ、となっている。 で、 メーカー名が無い。

インターネットで調べると、http://www.sooydoor.com.cn/product/430045757-210619545/LOWEST_PRICE_EVER_Sooydoor_Hot_New_upgrated_7_Tablet_PC_VIA_8650_Flytouch_Android_2_2_Tablet_WIFI_256MB_2GB_FT_1S.html

って、説明書きがURLそのものになっちゃってる。他の製品ものぞいてみたけど、こういうものを次から次へとどんどん作って世界に売り出しちゃう香港中華パワーには感心する。

これ、単体で見るとちゃんとした製品なのだが、なんせ75歳の高齢の母の最初のパソコンにしてあげるにはちょっと可哀想なので、来週あたりオークションに出して第二の人生を送ってもらうことにした。 私が使っても良いのだが、さすがに800x600はチト使いずらい。
タブレットの使用目的の一つにインターネットの閲覧があるのだが、多くのホームページは横1024を基本に作られているから。
パネルも静電式ではないので、指先があやしくなってきている母にはつらそう。画面も7インチではちょっとつらそう。

ということで、10インチ、1024x600(以上)のマシンを探していたのだが、結局 Acer ICONIA TAB A500-10S16(アイコニア タブ A500-10S16)   28千円チョイで買うことにした。

7インチモノから比べるとずいぶん高いものになってしまったが、逆に9000円の7インチものでアンドロイド端末のボトムを垣間見たので、お金はないものの、納得のモノが買えたのでは、と思う(まだ到着してないけど)。

お母さん、うまく使ってくれるかなぁ。

|

« 母親用 アンドロイドタブレット | トップページ | Android タブレット 新しい潮流は来るか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7インチ中華タブレットが来たけれど:

« 母親用 アンドロイドタブレット | トップページ | Android タブレット 新しい潮流は来るか? »