« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2月 28, 2012

スマートフォンと相性の良い2012年の手帳・カレンダー、メモを考える:「どこメモ」2012-2013

「2012-13.xls」をダウンロード

6年ほど前からアイディアを暖めていて、実は大もうけしようと考えていたのだが、そんなに美味しい話でもなさそうだとわかってきたので、この場を借りて再発表しよう!

Cimg7679_1
 その名のとおり「どこでも使えるメモ」のこと。

①用意するもの。A4の紙 52枚(できれば再生紙ではなく、ちょっと良い紙が良い。できれば「耐水紙」
 (理由は後述)
 ・A4のファイル。できれば見開きで右表紙と左表紙にファイルできるもの。ファイルするときに簡単にはずして閉じられるもの。(通常のファイルの左表紙にファイル用のクリップを自分で取り付けても良い)

②作り方: 52枚の紙にパンチで穴を開ける。 (こう書いた時に一番オーソドックスなやり方でよい)
 穴が開いたら、左表紙に綴じる。これで終わり。
 できれば、紙の左上に1年52週の月曜日の月日を書いておく。「8月7(月)」とか
  人によって、左上の日付は日曜日だったり月曜日だったりする。私の場合は月曜日。
③使用方法。
  月曜日の朝、当該日付の書かれた紙を左表紙からはずす。
  紙を折る。 人によって折り方はさまざまだが、私の場合は

  月  水
  火  木
  金  買い物
  単語 メモ

  となるように折る。つまり、まず「火木」の部分と「金買い物」の間の線が山になるように折る。
  次に「月火」の部分と「水木」の間の線が山になるように折る。最後に月と火の間の線が山のようになるように折る。
  そうすると、月が表、火がウラになるようなメモが出来上がる。
  水曜日になったら、「月」と「火」の間の線が谷になるように折り直せば「水」が表、「木」がウラになる部分が出現する。

  要するに、ハガキの半分程度の大きさのメモを常に携帯することになる。書き込む場所が無くなったら紙を広げてA4用紙全体のウラ面に書けば良い。
  「買い物」「単語」「メモ」の部分は自分の好きなようにアレンジすれば良い。
 一週間が終わったら、月曜日の朝に新しい紙を左表紙からはずし、前の週のメモを右表紙に閉じる。
  これだけ。  (必要に応じて、未完了事項を新しいメモに転機する。)

このアイディアは皆さんにどんどん使って頂きたいが、商品化を考える人がいたら、「私がアイディアのおおもと」です。勝手に商品化したら攻撃します。商品化にあたっては私だって少しは欲しい。

何で再生紙やウラ紙ではなく「耐水紙」の方が良いのか?   
 それは、誤って洗濯しちゃった時の為です。再生紙はボロボロになっちゃいますよ。

記入にあたっては3色ボールペン+シャープが良い。
黒⇒事実や予定、お客さんの発言等  青⇒自分の考え、個人のこと 赤⇒重要事項

ちなみに、A4の紙を使うと、ワイシャツのポケットに丁度良い大きさですが、「名刺入れサイズが良い」という人はB5の紙でやってください。但し、メモが書きにくくなります。

私が商品化したかったのは、
①まず52週、365日を全部印刷しておく
②52枚に全部パンチしておく
③A4ファイルに整理しておく
④余白もしくはウラ面に前後月のカレンダーや六曜を印刷しておく
⑤単語欄に30個単語を印刷しておく(一日5個)
⑥蛍光マーカーインク等で「秘密印刷」しておく  何でも可。

とにかく今までの手帳は電車の中でアイディアが書けない。
ジャケットレスの時に困る

またな!  (最近、やっくん見ないですね!)

(2009年10月8日追記)
昨日あたりから「教えて!goo」を見てこちらに来てくださりありがとうございます。
私のブログの中にもいくつか「どこメモ」の件がありますので、ついでに検索してみてください。
最近は耐水紙の「わたしは泣かない」も入手が困難になり、またパソコンのプリンタで印刷できる耐水紙はかなり高価なので、最近は私は通常の「OA共通紙」を使ってます。
また、紙代節約と一覧性向上のため、A4ウラオモテで2週間分を1枚でやりくりしてます。
ただ、「再生紙」はすぐにボロボロになるので、そのへんの「費用対効果」は皆さんご自分で決めてください。まずは手元にある紙ではじめるのがよいでしょうね。

(2010年3月15日追記)
最近またこのブログを見に来てくれる人が増えてます。ありがとうございます。
私は現在、この「どこメモ」は裏表両面で2週間使用してます。(もう3年半も使っているんですね)
「わたしは泣かない」が入手困難なので最近は「OA共通ペーパー(0,1mm厚)」を使用しています。それなりに厚みとコシがあって価格もリーズナブルです。
上の「またな!」は桜塚やっくんが流行り始めた頃だったと思います。

※この記事は2006年8月8日分の再掲載(少々アレンジしました)および、2010年12月1日の再掲載です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月 19, 2012

EMOBILE(EM)のGS02というスマートフォンを購入した  電池持つわ~

※2012年11月19日追記
結局国際通販で3800mAhのバッテリーを購入し、それでやっと朝~帰宅まで持つ感じ。
バッテリーが持つようになると動画コンテンツとかたくさん見るようになるので、結局電池が持たなくなる。それの繰り返し。

EMOBILE(EM)のGS02というスマートフォンを購入した。中国の華為技術有限公司(HuaweiTechnologies Co. Ltd)が2011年11月に発売を開始した、Huawei Honor(U8810)というモデルをEM用にカスタマイズしたモデルだ。
http://gpad.tv/phone/huawei-honor/
EMの発売当初からこのモデルを狙っていたわけではない。2012年2月頭までは、同じHuaweiのIDEOS X3(U8510)をそれなりに(割り切って)使用していた。何よりも小さくて、ワイシャツの胸ポケットに入れても気にならないのは大変重宝した。SIMフリー(SIMロックフリー)なのも購入時には重要な要素だった。
ただ、画面が小さく(3.2インチ 320x480)、表示情報量が少ないのと、日本語入力が大変(IMEのソフトキーボードの各キーが極小))、電池の持ちが悪いこと(カタログ上は待ち受け300時間、連続通話300分だが、実際には節約して使用しても朝満タンで、帰宅まで持たない)、それと、AEON専用b-mobileの月987円(100Kbps)プランは一番スマホが活躍して欲しい通勤時間帯にほとんど機能しないのが問題点だった。
やはり、通常使用で丸一日(27時間くらい)、何かあった時には(節約しながら)3日くらいは持って欲しい。

ここに至るまでにはX3のSIMをBIGLOBEのプラン(2時~20時限定で月々1770円のBIGLOBE 3G データイムプラン)にしようか、でも出張とか行くと夜使えないのはつらいなぁ、とか、7インチのタブレット+X3(タブレット使用時はX3でテザリングする)とか、色々と考えたが、GS02をいろいろと調べていくと、EMのスマートプランライトをうまく使えば端末代は別にして月々580円からなんとかなる可能性が出てきた。
自宅にいるときは自宅の無線LANが使用できるので、アプリのダウンロード等は極力自宅で行うようにすれば何とかなりそうだ。

もちろん、LTEとかXiとかWiMAXとかも気になる存在だが、まずは負担を増やさずに現状の問題を解決する方が先だ。

X3は「スマホ入門用」「スマホで何ができるの?」ということで購入したのでこの6ヶ月弱でいろいろと長所短所がわかってきた。と同時になんとなくではあるが、このHuaweiという会社の製品に興味を持つようになった。
X3はアマゾンで入手したこともあり、Huaweiのスマートフォンを調べているうちに、Honorという新しいシリーズが出ていることを知る。ただ、海外SIMフリー品でも45千円以上した(私が見た時点)ので一旦あきらめた。だが、さらに色々と調べていると、EMOBILEからGS02という名前でこの製品が販売されていることを知る。(カタログ上は待ち受け500時間、連続通話540分とX3の1.8倍くらいあり、期待が持てる。「国内最長」とのはなしもある)ただし、本体定価は49,800円(もちろん、色々な料金プランで割安にはなるのだが)。
さらに色々と調べていくと、本体が1万円以下で購入できることを発見(ただし、通販ではなく、店頭販売価格)。料金プランも購入時は「スマートプラン」だが、翌月から「ライト」に変更できることを発見。
ということで、早速購入してしまった。(中古品の落札価格が19,000円)

画面サイズ 4.0インチ 854x480なのでX3と比較すると2.7倍の情報量。ただし、これもGS02の最大の特徴の一つであるが、本体横幅が61.5mmなので持ちやすい。ただ画面が大きいだけのスマホとはこの点が異なるのだが、逆に、日本語入力は劇的には改善されないのが難点。
854x480って中途半端な気がするが、計算してみると16:9。HD画像を表示できるようになっていた。欲を言えばもう一回り多い1024x576位あって欲しかったが、安いのでこれで妥協しよう。
     画面     大きさ  
iPhone4s 3.5 960x640 115x59x 9.3 140g
GS02    4.0 854x480 122x62x11.5 134g
X3       3.2 480x320 110x57x11.2 104g ←意外と厚みがあったんですね

購入して初めて気づいたのだが(知らなかったわけではないが、情報と現実が一致していなかった)、これは「電話番号が付与された、通話のできる情報端末である」ということ。
いわゆる「ケータイメール」やSMSを利用するにはEMnetの契約が必要だが、これを契約すると、「ライト」の場合、月々600円(最大)割り引かれる。ま、しょうがないか。

2月21日 まだ月替わりで無いので料金コースの変更ができない。
      しかし電池持つわー。2日くらいは平気で持つ感じ。Skype 入れっぱなしにしてみる。

2月22日 やっとEMからハガキが来たので、早速My EMOBILEに登録。請求書のオプション(+105円)で、使用パケット数を確認すると、既に100万パケット越え。(!!) 1週間も経たずに満額4980円に張り付いている。
購入当初はいろいろとアクセスするのでパケットが増える傾向があるのかもしれないが、しばらくの間パケットの推移を注視してみる。 ライトに変更せずに、「スマートプラン」を使い倒すことを考えたほうがよさそうだ。
 そういえば、昨夕、母にSkype outで固定電話に電話したが、帰宅ラッシュ時間帯で、上りが全然スピードが出ていなくて、母は「なんだかすごく変な声よ。聞こえないわ」とか言っていた。オレオレ詐欺になりかねない。
母もSkypeをインストールしているが、まだ上手にはつかえない。
 電池の持ち、は、Skypeを入れっぱなしにしていても、丸一日持っている感じ(だけど、電源オフで画面を切るとSkypeも寝ている感じ。)

2月23日 一日で17万パケット。たいして使っていないのに。スマホ恐るべし。
気が付くと、GS01が発表になっているが、電池の持ちが悪い。先行き思いやられる。

2月xx日 それまで使用していたスマホがオークションで売れた。これでGS02購入のための実質負担は2500円程度。

4月22日
料金内訳 内訳金額(円) 税区分 備考 ご利用月数:0年 2ヶ月 
<基本料 計> < 4,362 >
 電話基本料  0  合 算  スマートプラン:シンプルにねん 基本料  4,362 
合 算  3/ 1~ 3/31 契約期間はMy EMOBILEを参照ください。
<データ通信料 計> < 0 >
 ご加入プラン通信料  0  合 算17,451,178パケット
<音声通話料 計> < 94 >
 音声通話料  90   合 算
   ショートメッセージサービス送信料  4  合 算 2円×2通
<オプション使用料 計> < 400 >
 EMnet月額使用料  300 合 算  明細発行サービス月額使用料  100  合 算  
<ユニバーサルサービス料 計> < 5 >
 ユニバーサルサービス料  5 
合 算 1番号分の請求となります。詳細は、弊社ホームページ等をご参照ください。
<月額割適用額 計> < -1,048 >
 月額割適用額  -1,048   合 算  
<小 計> < 3,813 >
<消費税額 計> < 190 >  消費税額(税区分:合算)  190  対象外  
【合 計】 [ 4,003 ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月 07, 2012

フレッツ光ライトとイチロー 「プロでライトやっている」 やめてくれ!

いいかげん、LIGHTとRIGHTを「ライト」で同一視するのはやめてくれ!

イチローもこんな仕事を引き受けるな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月 03, 2012

日本の高度成長がもたらしたもの

いきなり結論で申し訳ないが、今の高齢者は日本の高度成長期にそれなりに頑張ったのでそれなりに高い年金をもらうのはそれなりに理由がある。

ただ、昨今の家電業界の軒並み赤字を見ると、「赤字⇒リストラ⇒失業者増大」の連鎖となる。
企業はゴーイングコンサーンなので、企業体そのものはあらゆる手段を尽くして生き残り策をとる。結果として大量の雇用が失われるのだ。
雇用が無い、ということはニーズが無いということで、そこにはお金が無い。結果として社会保障等、昔のたくわえを食いつぶしていくのだが、それにも限界がある。

今、一番の危機は「買うならやっぱり日本製だよね」「日本のメーカーの製品が良い」といった忠誠心が一気に崩れ始めていることだ。要するに、「今、安く手に入れば良い」。

自動車の部品だって重要機能部品はヨーロッパ勢に席巻されているし、今年からは韓国製(韓国メーカー製)部品の採用も拡大している。
要するに「何を買っても日本がたくわえた外貨を食いつぶす」状況になってきているのである。

そういった中で、雇用と老後を維持するためには「賃金の低下」「各種サービスの低下(低価格化)」を容認せざるを得ない時代になった、ということだ。
中国のように共稼ぎは当たり前。どちらかの親と同居して子供の面倒を見てもらうしか外貨の流出を食い止める方法は無いだろう。

若い人は海外で稼ぐしかない。
もちろん、ガイジンさんがどんどん買いに来て外貨を落としてくれるビジネス分野には力を入れたほうが良いが、でも、基本は華僑の人たちや、韓国の人たちのように、「自国以外で稼ぐ」しかないだろう。

どうなることやら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »