« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

4月 24, 2012

モバイルバッテリーチャージャー 発注!

Androidスマホ(EMOBILE GS02:HUAWEI HONOR)用のモバイルバッテリーチャージャー(5000mAh External Battery Charger Power Bank 2 Dual USB 2A for iPad/iPhone 4 4S)をeBayで$13.99(決済後でJPY1172.- Free Shipping)でポチってしまった。5000mAhなのでスマホに2回分+アルファ充電できる。 通常便(船便)なので3週間くらい掛かるけど、来るのが楽しみ!
(同じものを日本のAmazonで買っても1700円程度で購入できるけど)
‎142g 110*71*16(mm) なので、ちょうど、スマホ1個分くらい。電池の切れかかったスマホにつなぎながら使用するのではなく、机の上とかの安定したところでケーブルでスマホに接続して充電するのが良いでしょう。一方で、私の知り合いは「バッテリーケース」というものを使ってましたが、こちらは常に予備のバッテリーをiPhoneとかスマホとかと同時に持ち歩くことになるので、安心は安心ですが、重く、分厚くなります。

スマホの充電用にニッケル水素単三電池を使用するものとか、色々と試してみましたが、結局、電圧が安定して(高めで)、容量が大きい物でないと、スマホに「負けてしまう」。
以前のiPod用とか、ガラケー用のアダプターを変換しても電圧的には「充電しているように見える」ものの、気が付くとスマホから電流がどんどん流れ出してしまうものもあり、スマホにはスマホ以上の強力なものが必要。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月 22, 2012

鈴木明子さん、すごいなぁ

2012年国別対抗のエキシビジョンをテレビで見ている。
今年は安藤美姫さんが休養宣言したり、浅田真央ちゃんが不調だったり、村上佳菜子が安定しなかったりする中で、最年長選手として日本をきちんとまとめていた、というか、お姉さんとして見守っていたというのかな。
その中でも演技は安定し、また、高難度のワザを(この年になっても)身に着け、世界の水準の中で頑張り続けていることがすごい、と思う。

ショートプログラムが終わった時にぴょんぴょんと飛び跳ねて喜んでいたところが印象的。
村上佳菜子も(おそらく)今シーズン最高のショートプログラムだったと思う。終わった時の佳菜子スマイルは大好きだ。だけど、どんなに失敗しても演技中、そして演技が終わり、kiss & cryを去るまでは、どんなことがあっても佳菜子スマイルはキープしておいて欲しい。

層の厚い日本なので、若い人たちのチャンスは少なくなってしまうのだが、だからこそみんな頑張ってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月 09, 2012

重複は「ちょうふく」と読もうよ

今の職場の人は(発音するときは)100%「じゅうふく」と発音している。
老若男女すべて。私より年配の人たちも。 どういう教育を受けてきたのか・・・

基本的には「じゅう」は「重い」で「ちょう」は「重なる」ときに使用する。
そういった、「もともとは~」というのを無視して、「重」=「じゅう」だから「じゅうふく」という、単純な理論で片付けてしまうから言葉が乱れてくるのだ。残念。

もちろん、言葉は生きているので変化していくものではあるが、それは「新しい意味」とか「意味するものが変化する」ことにともなって変化するのなら理解できるが、無知な人が強引に自分勝手に読んでしまった読み方が一般的になるのは許せないな。

「重」=「ちょう」と読めないのはそれは勉強が足りないだけである。「重」=「ちょう」が間違いなら仕方ないが。

重複を「じゅうふく」と読む人は言葉のオリジナル、語源について無頓着な場合が多い。
他の人がそう使っている、とか、自分が間違って使っているのに他の人から指摘されないから、間違いに気づかない(というかむしろ「正しい」と思いこんでいる)のだ。

最近、「アッコにおまかせ」の1コーナーに「まちがいカタカナ語」(ウロ覚え)というのがあるが、これもオリジナルの英語の単語に戻れば簡単にわかることなのだ。

最近は携帯電話やスマートフォンでも簡単に検索、調べものが出来るようになったので、怪しい言葉が出てきたら、「もともとはどんな言葉だったのか」を調べるクセをつけよう。

それが結果として自分自身を高めていくことになるのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月 01, 2012

午後の紅茶とJINS(メガネ)のCMがかぶってる

蒼井優のイメージが同じ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »