« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

8月 29, 2012

縦列駐車が怖い

Yomiuri Onlineの@carsの質問箱に「縦列駐車が怖い」という質問があった。
回答者はご丁寧にコツを伝授していたが、私の回答は簡単。「新しい車に買い替えよう!」だ。
最近は「駐車支援システム」「パーキング・アシスト」といった駐車支援システムがあるので、そういう便利なものを使った方が確実。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月 28, 2012

つるかめ助産院 いいわぁ~

http://www.nhk.or.jp/drama10/tsurukame/index.html

沖縄の方はいいねぇ。「ちゅらさん」以来の久々に「気になる」番組だね。
(その前は「ロッカーのハナコさん」⇒ちゅらさんの方が前だった)

仲里依紗カワイイ。 でも、第一話は笑っていない。笑わない彼女を見るのはつらい。

そういえば、ちゅらさんでもまりあさん(城ノ内 真理亜(じょうのうち まりあ)さん:菅野美穂)とかがいい味出してた。と思ってwiki見てると、ちゅらさんには余貴美子もゴリも出ていたんだな。平沢とみさんも。

今後がたのしみ。

※菅野美穂系では「曲げられない女」が好き。
 「すみません、正確に言っておきたいので」は私の人生に影響を与えている。(というか、私の気持ちを代弁する言葉の一つ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電気自動車のメリット

こんな記事があった。
http://www.yomiuri.co.jp/atcars/weekly/qa/20120820-OYT8T00314.htm

はっきり言って、「全く違う」と思う。

1)いわゆる電気は、その使用量が一日の中で大きく変化するが、発電はその需要どおりに発電量を調整することが難しい。

2)発電は需要のピーク(夏だと14時頃)時に、さらに余裕を持たせて発電能力を設定しないといけない。これが逆に、電力の使用量に余裕があるとき(1日のなかで一番電力の使用量が少ない時間帯)にはムダとなる。

したがって、今求められているのはそういった電力の使用量に余裕がある時間帯に充電できる機器はできるだけ充電して、電力使用のピーク時間帯は充電した電気を使用することにより電力使用のピークを低めに抑えることができる、ということだ。

電力会社が作る電気をバッテリーに充電するときには交流を直流に変えなければならない。そしてバッテリーに蓄えられた電気を動力に帰るときには電圧を変えたり交流にしたり、その交流の周波数を変えたり等、様々な「変換」があり、その時に必ず変換ロスが発生する(多くの場合、熱が発生する) 電気をモーターで動力に変換するときのエネルギー効率はガソリンが持っている熱エネルギーを動力エネルギーに変換するよりも効率は良いが、変換効率も考慮しないといけない。

自動車の燃料源はガソリン、軽油(ともに原油が原材料)、天然ガス等がメイン。電気は石炭、石油、天然ガス、水力、太陽光、風力、地熱、原子力等々。化石燃料以外の「再生可能エネルギー」への模索がどんどん続いており、結果として電気自動車の燃料源も化石エネルギー以外の発生源の割合が増えていく。

ただ、最初に書いたように、電力の需要のピークを下げて、オフピークの電力の余剰電力を有効に活用するためには電気自動車は有効な策の一つ。

再度強調するが、「節電」で求められているのはマクロ(電力会社)的に言うならば、ピークの削減とオフピークの有効活用。ミクロ(個人レベル)で見るなら「電気の総使用量」。

最近は例の「計画停電」の不安もあり、電気自動車のバッテリーの使い方への新提案として、car to home(houseだと思う)に「カッコよさ」っぽく見せる工夫がされている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月 26, 2012

平成25年(2013年)の24時間テレビ チャリティーマラソンのランナーは?

北斗は武道館まで3キロ。最後にピッチが上がっているので、9時に間に合うか微妙なところ。

このチャリティーマラソン、時間に間に合わないと「どういう計画立ててんだよ!」と思うし、時間内に到着しちゃうと「まだ余裕あるじゃん」と思う。
エド・はるみの時は時間内に走ったし、彼女のプロ根性には感心したが、番組的な感動は今一つだったのかもしれない。

で、平成25年だが
1) やめてしまう ランナー選定にも限界が見えてきている。
   ただ、これをやめてしまうと24時間テレビが持たなくなる。
2) ももクロが走る。 ただ、警備とか問題になりそう。
3) KARAが走る。 色々と難しい問題もあるが、意義あるイベントになりうる。

あとは、これといった人はいないなぁ。

2015年(平成27年)は西條秀樹で決まり。
なぜなら「秀樹!還暦!」だから。

2013年5月11日追記:
今年のランナーは森三中の大島さんに決まったようです。
このページへのアクセスありがとうございます。
(デヴィ夫人かと思った):
いっそのこと林修先生にでも走ってもらったほうがオモシロかったろうに。
(おそらく出演交渉はしたと思うけど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北斗の走り方は自殺行為

2012年8月26日11:30

テレビで北斗さんの走りを見たけど、日射対策がなにもされていないのに驚いた。
・帽子をかぶるべき
・長袖にして、肌が日光に触れる部分を極力少なくすべき
・着衣はアルミコーティング等で日光(外部からの赤外線)の侵入を阻止すべき
(逆に、16時過ぎになれば別のウェアに着替えるべき)

それと、11時頃に息子さんから交代したけれど、13時ごろにすべきと思う。

例年に比べ、特に今年は暑さと日光が厳しい感じ。

北斗さん、超大変だと思う。体調からのシグナルに耳を澄ませながら走ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月 25, 2012

なぜそんなにムキになって「わが領土!」と教育せざるを得ないのか?

それは、不法に占拠していることを正当化するための洗脳教育でしかない。
ちょっと冷静に事実を調べればわかるが、韓国の人は主張だけして根拠を何も示すことができない。

李承晩ラインも世界的に見て誰も認めていない。また、韓国では日韓併合(韓国併合)のことはきちんと教えられていないようだ。

あれだけ国際派の韓国の人たちが韓国における竹島(独島)教育の異常さに気づかないのはおかしい。

野田総理が言うように、自分の主張を繰り返すのではなく、客観的な事実に基づいた法と正義に基づいた判断をしてみてはどうだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Music Fare 2012年8月25日 アイドリング+エビ中

改めて、AKBの(オリジナルの)ヘビーローテーションってちゃんと上手だなと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月 24, 2012

野田佳彦総理、よく言った!

2012年8月24日18時より、野田総理は会見を行った。

http://www.kantei.go.jp/jp/headline/takeshima.html

ちょうど、その日の昼間、私も色々と思うところがあってインターネットで色々と調べていたが、野田総理のスピーチはそれらを総括した論理的なものであり、日本人として冷静に受け入れることができたし、韓国の人たちには冷静に、客観的に対応してほしい。

これ以上感情的になると、本当に国際的に孤立してしまうよ。

と、言ってあげたいが、すでにそちら側は火が付いちゃったようなので、冷静になるのは難しいだろうなぁ。冷静になったら国内で火が付いちゃうだろうし。

それと、「窮鼠猫をかむ」という言葉もあるが、韓国の人は火病で無茶苦茶な行動に出ないように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再稼働反対 デモ

理解できない。
彼ら(毎週金曜日に首相官邸前で行うデモに参加する人たち)は原発を再稼働させなければそれでよい、という、無責任この上ない言動だし、労力のムダだと思う。

それは、経済界も政界の人たちも、「危ないものならないほうが良い」と思っている。
でも、できるだけ低コストで安定したエネルギーが無いと、日本の未来が無い、ということも政財界の人は良く理解しているし、日本の未来に対する責任を負っている。

大飯原発が動かなくても「最低限の生活」はできるが、持続的成長は望めない。あくまでも臨時処置でしかない。走行しているうちに、大量の原発で発電した電気をふんだんに利用する東南アジアその他の国に完全に生産の主導権を持って行かれてしまうのである。

企業はgoing concernだから、生き残るためにどんどん海外に出ていく。
日本には女性と子供と高齢者と失業者があふれることになる。とにかく日本国内で外貨を稼がないと「明日は無い」ことに「原発反対」と言っている人は気づいてほしいし、責任を感じてほしい。

皆さんが「原発を放棄して、原発を放棄するすべてのコストを織り込んでなおかつ日本経済を持続的に成長させる」案を「原発再稼働反対」をいうときに一緒に出してほしい。

それと、日本は民主国家なのだから、原発反対は総理官邸前で騒ぐのではなく、それぞれの選挙区から選出された人が民主主義の原則にのっとって国を動かしてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野田総理の親書を送り返した韓国 世界中の笑いものに

2013年5月24日発売 2013年docomo夏モデル SHARP AQUOS PHONE ZETA SH-06E に関する情報はこちら↓
http://mycalk.cocolog-nifty.com/china/2013/05/aquos-phone-zet.html

ここから本文です。このサイトに訪問して頂き、誠にありがとうございます。

基本的に国境線を陸上に持たない日本は、「国境線」とか「領土」に関する意識も低く、それにまつわる外交手腕もあまり洗練されていないので、1945年8月15日~9月3日(?)のドタバタでいまだに引きずっている諸問題のきっかけを作ってしまった。

さて、竹島問題に関しては、これほどの問題になるとは過去も誰もが思っていなかったと思う、と書きかけたが、Wikipediaを見ると、「サンフランシスコ講和条約発効直前の1952年(昭和27年)1月18日、大韓民国大統領李承晩は李承晩ラインを一方的に設定して竹島を占領した」とある。アメリカに韓国の主張が認められなかったために軍事行動に出たのである。

さて、私もかつてはアジアやアメリカを出張や研修で短期長期にわたって行ったり来たりしたことがあるが、日本人の私だからというわけではなく、現地の人の韓国の人に対する評判は良くない。一番ひどいのがゴルフ場。
ご存知の通り、ゴルフは紳士のスポーツであり、フェアプレイで品よく行う「たしなみ」でもあるが、韓国の人たちのパーティー(4人組)はひどい。マナーのマの字もない。
彼らが我々の前の組の場合、グリーン上で大騒ぎしている。4人目がホールアウトしてもまだグリーンの上で大騒ぎしている。掛け金の話なのだ。

我々の後ろにいる場合。 どんどん打ち込んでくる。 キャディーさんの言うことなんか聞かない。 キャディーさんの人格も認めない。 キャディーさんたちは日本人につくと生き生きし、韓国の人たちのパーティーにつくことを極端に嫌う。

アメリカで韓国の人の評判が良いのはクリーニング屋さんである。料金が安くて仕事が丁寧。態度もまじめ。

2番目に評判が良いのは「日本料理屋」をやっている韓国人。一般的にド田舎で、まともな日本料理を食べたことの無いアメリカ人に好評。(その韓国人も日本でまともな日本料理を食べたことは無い)

中国人の朝鮮人嫌いは根深い。基本的に中国人(漢民族)から見れば、朝鮮人は「少数民族」。どちらが上でどちらが下、とかいうレベルではなく、「朝鮮族という少数民族がいるのは事実だが、そんな連中が東の方の半島で独立国家を形成している」こと自体、理解不能の事態。

あと、手が付けられないのは「火病」の件かな。持病と言えばそれまでだが、おそらく世界で朝鮮人(韓国人+北朝鮮人:中国の朝鮮族の人たちは???)以外には理解のできない行動パターン。だけど、韓国の人はIMF以降、世界で生きていこう、と決めたのだから、どうしたらもっと世界で受け入れられるのか?をもっと素直に研究して身に着けたほうが自分のためだと思うよ。 ロンドンオリンピックのフェンシングのときだって、単なる迷惑でしかなかったし。男子柔道の曺準好(チョ ジュンホ)選手の態度は海老沼選手より立派だった。

作法とか振る舞い、という点では、日韓両国で面白い現象がみられる。つまり(日本人の私が見聞きする範囲では)、韓国、朝鮮の立ち居振る舞いは「品が無い人の行為」とみなされるものがいくつかある。

例えば、立膝。
例えば、ご飯の時の汁物の食べ方(日本はご飯に汁を掛ける?韓国はスプーンにご飯をもって、それに汁をつけて食べる)等々、いくつかある。
そういう意味でも激高しない日本人は火病をみて「ああはなりたくないなぁ」と思い続けた結果なのかもしれない。でも年配者の前で顔を隠して(横向いて)お酒を飲むのは美しいと思うよ。

戦後というか、日本の高度経済成長を目の当たりにし、その後の通貨危機を乗り切った韓国には「日本」という乗り越えるべき相手があったのは、とても便利なことだった。スリップストリームのようにぴったりと日本の後を追い、すきを見て追い越す。

でも、2010年代に入り、日本も韓国も気を付けなければいけないのは中華人民共和国なのですよ。
中華人民共和国は日韓とは別の大陸的セオリーでアフリカや南米に進出している。
売れるものをコピーするのがなぜ悪い?売れるからコピーするんだ、という思考回路。

話が逸れた。
韓国は国際的に恥ずかしいよ。振り上げたこぶしの下ろし場所が無くなっちゃったみたいだけど、さりげなく事態を収束させないと「ニセ日本」とか世界で言われちゃうよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月 19, 2012

ヤマハ PAS CITY L8 運行記録2012

以前の記事はコチラ↓
http://mycalk.cocolog-nifty.com/china/2011/04/pas-city-l8-ac6.html

(前回の最終の記事は)
2012年 5月15日 3000Km  本当に1年で3000Kmぴったり。 特にトラブル無し。充電は月イチ。

この後、6月ごろから一時自転車を中止し、8月より再開。300Km乗っているし、坂を上ったりしたので、おそらく5回充電したとして合計40回充電し、次回は41回目。
2ヶ月程度であったが、脚力の衰えを感じる。
これからはあまり「1回の充電で(オートエコモード中心で)何キロメートル走れるか」は気にしないような乗り方に変えるが、バッテリーのヘタリ具合にも注意してみたい。

2012年08月19日 3305.7Km  30%
2012年08月21日 3317Km/1     41回目
2012年08月28日 3396Km/70(1) 42回目
2012年09月05日 3469Km/74(6) 43回目 ※アシストなし走行あり
2012年09月12日 3541Km/72(2) 44回目  ※アシストなし走行あり
2012年09月20日 3605Km/64(9) 45回目 同上
2012年09月28日 3668Km/63(1) 46回目 強モード走行多い 空走もあり
2012年10月06日 3734Km/66(1) 47回目 通勤先変更 強モード&空走あり
2012年10月18日 3791Km/57(0) 48回目 強モード&空走あり
2012年11月01日 3853Km/62(0) 49回目 強モード&空走あり
2012年11月14日 3926Km/73(0) 50回目  同上
2012年11月26日 3982Km/56(1) 51回目  あまり空走なし、寒くなってきた
2012年12月06日 4043Km/61(6) 52回目
2012年12月16日 4098Km/55(4) 53回目
2012年12月26日 4152Km/54(1) 54回目 寒い 電池もあまり持たない

(記入フォーマットの参考例)2012年 1月12日  1975Km/63(3) 32回目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月 17, 2012

鮎澤由香理さんの2012年9月2日のオペラ 神奈川県民ホール10000円8000円6000円

2012年8月15日の「笑ってコラえて!」で特集されていたローマにオペラ留学している鮎澤由香理(あいざわゆかり)さんのことがなんとなく気になっていろいろと調べてみたら、テレビで言っていたビゼーのカルメンを2012年9月2日に神奈川県民ホールでやることが判明。

なんと、神奈川県民ホールは私が通勤で毎日通っているところ。

で、席の値段が表題のように10000円、8000円、6000円、と。

ムリだねェ~。   残念!

鮎澤さん、頑張って!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月 12, 2012

柔道とJUDO

まぁ、言い尽くされた感もあるが、やはり語らずにいられない。

男子柔道は「重圧」というが、それは間違っている。
要するに、戦い方が変わって来ているのに、新しい戦い方を取り入れないから負けたのだ。
それは、(戦艦)武蔵が、大和が(戦費を浪費した上に)戦果を挙げられなかったことに似ていないだろうか?

アーチェリーの試合に弓道で臨んでもやっぱり勝てないでしょう。

今回のオリンピックでメダルや入賞を果たした人たちは海外での試合、海外との試合経験が多い種目が多かったような気がする。

要するに、リオ五輪でJUDOでメダルを取りたければ過去の柔道は忘れてJUDOでの対外試合で勝つ体制で臨まなければ。(オリンピック優勝者のいる国への留学とかも)

決してメダルが取れないわけではないのだから、今から勝てる体制を整えてね。
篠原さんは確かにオリンピックでメダルを取ったかもしれないけれど、もうその時の柔道とは別物になっているんだよ。たぶん。(日本ではリネールの話はほとんど出なかったな)

<8月14日>
野村さんが「柔道は全選手が『金メダルを目標』と言ってますから」といったコメントをしていた。全日本で代表に選ばれれば=金メダル、ではないだろう。全日本で代表に選ばれることはクーベルタン男爵の言う「参加すること」であり、それ自体意義深いことは間違いない。だが、たとえば女子バレーボールのように、オリンピックで勝つための仕組みを作ってきたのか、シロウトの私にはわからない。

今回のオリンピックは団体戦とか、「チームジャパン」が大活躍した。そして、その中で個人が力を発揮した場面も多い。そして、多くのメダリストが「オリンピックは楽しかった」「こんなに楽しいものだとは思わなかった」と言っている。JUDOの選手たちにもオリンピックを楽しんでもらいたいと思う。
そして反省は謙虚に。「欲しかった色のメダルじゃない」⇒馬鹿野郎!だよ。吉田沙保里が言うのならわかるが、世界選手権で10連勝とかしているわけではない人が言うセリフではない。

それと、よく「柔道家」というけど、それはやはり「柔道」を極めようとする人であって、オリンピックで金メダルを目指す人は「JUDO選手」の方があっているような気がする。「柔道家」と言い続ける限りオリンピックでは勝てないかもしれない。

<8月24日>
要するに、どんなに負けても「柔道」を貫くのか、「JUDO」でトップに立つのか、そこをはっきりしないと今後の日本の柔道は無い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月 09, 2012

ミノキシジルが薄毛の周囲に効いて・・・

ミノキシジルを一生懸命に塗り込んでいるのだが、

・肝心の薄毛はあまり改善しない感じ
・薄毛の周囲(というか、頭全体?)髪の毛が伸びる速度が速まった感じ。

以前は1ヶ月に1回のQBハウス通いだったが、1ヶ月経過するかなり以前から(3週間目に入ったころ)
髪の毛が増えて床屋に行きたいときの気分になっている

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月 07, 2012

最近の出来事 自転車 スマホ 試験 等々

ブログの良いところはある種の匿名性。
Facebookのように何でもかんでも「友達」に手の内(気持ち)をさらすのはあまり好きではない。
日記というほどではないが、「今、こんなことを考えてます」ってなことを記録的に、そして他人に公開するのがなんとなく好き。人間の本性?

ブログはあまり頻繁に書き込んでもしょうがないけど、かといってあまり書き込まないと「検索ヒット数」が減ってくる。まぁ、1週間に1回程度更新しておけば間違いない。

さて、最近の出来事といえば

・ちょっと理由があって自転車をやめてバスにしたら、1ヶ月でおなかが出てきたので、2012年8月よりまた自転車に戻した。2ヶ月チョイ。8月は暑いけど、自転車に乗ると風が心地よい、ハズなのだが、2ヶ月のブランクで体力が落ちたのと、思ったより季節風(不思議なことに行きも帰りも向かい風:陸風と海風?)で、以前はアシストなしで1ヶ月とか平気だったのだが、自転車再開後は標準とか「強」モードを多用している。したがって、それまで週に1回だった充電が週に2週で3回程度に増えている。電池のヘタりではなさそうだ。

スマホは思ったほど電池は持たない。「電池持つわ~」というのはある意味で正しい表現であり、ある意味でウソである。通勤の時に「らじる」とか聞くとそれなりに減る。YouTubeのように自分で何を見たい、と探す必要は無いが、朝いちばんとしてはもう少しビジネス系のコンテンツが聞きたい。radioNikkeiなんてのもあるけど、かなり「手抜き」の感。

試験。今年も夏の試験が終わってしまった。受験料14000円。安くない。会場までの交通費もあるし。
実は昨年の11月頃から対策を始めたのだが、年末から1件転職話があり、結局それが5月まで尾を引いた。
歳のせいもあり、勉強しよう!という気持ちになかなかならない。
試験会場を見まわしてみると、女性は5%程度か(昨年の1次試験では8%チョイ)。
私が女性で社会人ホヤホヤ程度なら間違いなく30歳までに受験して合格するのだが。
それと、私より年配の人もこれまた8%チョイ。 第二の人生用に受験するにはちょっとハードルが高いね。
(ちなみに私の年齢層の合格率は10%を超えていて、これは全体の合格率と大体同じ)
こんなに女性においしい資格は無い。 なんの資格? まぁ、それはわかっている人ならわかる。

しかし、50歳を超えると本当に「おいしい」転職の話は無くなる。採用する側もちゃんと足元を見ている。
私の人生も実はリーマンで大きく変化した。まぁ、それまで平均よりちょっと上に居たのが平均に戻った、と思えば良いのだが、人間、「ラチェット効果」というのがあって、一度おいしいことを味わうと中々レベルを下げることが出来ない(特に女の人はね)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »