« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

11月 23, 2012

欧米自動車部品メーカーは永遠に日本市場で成功できない

まぁ、表題の通りで、それ以上の何物でもないが、欧米の自動車産業におけるビジネスモデルと日本の自動車産業のビジネスモデルの違いが大きすぎるのだ。そして、グローバル化を推し進める欧米企業は(それまで成功していた)日本専用ビジネスモデルをどんどんと時刻方式、グローバル統一方式に統合しようとしている。

 ただし、それは絶対に成功しない。日本の市場、市場構造、市場の歴史、市場マインド、そして顧客のマインド、商習慣等々を欧米人は理解できない。想像できない。
 莫大なお金を掛けて日本でそこそこうまくいっていたビジネスモデルを欧米本国式に変えつつある会社もあるが、その会社は最終的には日本で大失敗をし、日本でのビジネスを縮小せざるを得なくなる。
 まぁ、欧米企業にしてみれば、何をってもうまくいかない日本企業は放っておいて、中国にエネルギーを注いだほうが早い、ということだ。
 短期的にはそうかもしれない。
だが、中期的には日本のやり方のほうが影響力がある。
日本のやり方はコストが掛かるのだが、最終的にはエンドユーザーのメリットになるのだ。
お金は「エンドユーザー」が払う。現時点では日本のエンドユーザーはあまりお金がないので一見、安い欧米のやり方に手を出すが、数年たつとそれが「安物買いのゼニ失い」であることに気付く。チャイナリスクも大きくなり、中長期的な保有コストにシビアになってくる。
そこに気付いた欧米企業なら日本で成功することができるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月 22, 2012

vista ノートパソコンにwindows8を3300円でインストールしてみた!

Winodws8が出た。期間限定で3300円でvistaからアップグレードできるとのことなので、早速手続きをした。

ダウンロードされ、いくつかの質問に答え、あっさりとアップグレード完了。
注意事項
1)必ずディスクイメージを作成し、DVDを作成しておくこと。
2)VISTAからのアップグレードの場合、使えないアプリケーションとかが山のようにゴミファイルとして新しい環境に引き継がれるようで、後から消して良いファイルかどうかわからなくなるので、アップグレード前にはできるだけきちんとデータのバックアップを取った後に、vista環境を極力スリムにしておくことをお勧めする。できれば「工場出荷状態」に戻した後に、さらに使い道のないおまけプログラムとか削除しておくこと。「重要な更新」等を行う必要はない。
 で、スリムな状態になったところで(1)で作成したDVDからブートしてアップグレードインストールを行う。できることならば、スリムな環境を作ったうえで、いったんデフラグを行い、さらにパーティションを上手に割り振ると良いと思う。Cは50Gくらい欲しいところ。
3)注意しなければいけないのは、(1)で作ったDVDで、まっさらなHDD(SSD)にクリーンインストールができてしまうこと。安心して「重要な更新」とか「オフィスソフトのインストール」とかやってしまうと、翌日あたりに「プロダクトキーが違います」と言われて起動できなくなる。3300円のアップグレード&ダウンロード版は、あくまでも以前のvistaの上に構築されるシステム、と理解したほうが良かろう。
で、ちゃんとインストールされた後は、どんな感じかというと、
<動き>は、vistaの時よりもサクサクしている感じ。特にスリープに入るときと、スリープからの復帰。
<使い勝手>は、まだまだ慣れない。どうしても、以前の「スタート⇒プログラム」を探してしまう。頻繁に使用するプログラムはデスクトップに「アプリ」として置いておけるが、たまにしか使用しないプログラムを探すのに慣れない(すべてのアプリ、を表示させてそこから選べばよいのだが、以前よりアクション(クリック等)の回数が多い感じ
<全体的に>3300円で、パソコンがリフレッシュしたと思えば安い買い物かもしれない。
ただ、これを機会にパソコン全体をきれいにしたいので、できれば以前より容量の多いHDDを購入して、そこにvistaをインストール(工場出荷状態にして、そこから要らないソフトをアンインストールしてしまい、最小構成にしておく)し、そこに3300円アップグレードを当てれば良いと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月 21, 2012

2012/11/20(火) リンカーンSP 21:00~22:48 TBS系 舟盛りの数の限界を調べてみよう

もはやこれだけの規模になると「最悪」ですね。

大食い番組を見るといつも腹が立ってくるけど、これだけの人数で無駄に食べ、酔った醜態を晒す。
何を考えているんだか。
参加者が食事代を全額自腹で払うとか、食べたのと同じ金額をチャリティーで寄付するとかならまだしも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月 20, 2012

転職感覚で政党を替わるんじゃない

本当にこの「替わる」でいいのかどうかはわからないけれど・・・

日本は一応、「政党政治」である。だから基本的には有権者は「この政党ならわたしがこうなって欲しい、という日本に近づけてくれるはず」ということで政党に投票する。
例えば公明党なんかはそういう選挙戦略だ。
結局国会議員をえらぶ、と言っても、政権運営能力があり、選挙公約を実現してくれそうなところに自分の貴重な一票を投じるわけで、(大変申し訳ないが)政局を左右するのに関係ない政党に一票入れたところで、それは単なる死に票でしかない。
勝手に政党を作ったところで、有権者にとっては迷惑な話だ。
本来政権運営能力があるか、もしくは与党の暴走に歯止めを掛ける能力のある政党しか要らない。要らない、というよりは、議員さんたちはそういう政党に属して国会を運営して欲しい。
ただ単にお山の大将でいたい人や、大きな政党にいると息苦しくなるだけの人には議員を目指して欲しくない。
2012年11月の解散、総選挙にあたっては民主党を離れる議員が相次いだが、前回の総選挙で「政権交代に期待をした」有権者の貴重な一票で当選した人たちは、その思いをきちんと受け止めていれば民主党を離れることは無いはずだ。
たしかに当時の野党には官僚から正確な数字や情報が開示されておらず、バラ色のマニフェストを掲げて政権をとったものの、実際に始めてみれば「こんなはずじゃ無かった」ということが多々あったかもしれないが、たった3年でなにができるというのか。まだ道半ばではないか。もちろん、民主党の中にも経験不足や実力不足、さらには人格的にあやしく言動が首尾一貫していない人もたくさんいるが、だからこそ、そういう人には退場してもらって、きちんとした人で政権を運営して欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

客単価にこだわりすぎると

マクドナルドではないが、「客単価」という言葉は私は大嫌いだ。

要するに「この客からどれだけふん取れるか」と聞こえるからだ。そう聞こえると極端に警戒心が起こる。私はちょっと変わった考えを持った人間だから、「この店でお得なものは?」と探し出す。マクドナルドでいえば「ドリンク類」だし、居酒屋で言えばサワー類だ。
基本的に私はビンボーであり、「自分なりに合理的なお金の使い方」を目指している。
例えばマクドナルドでハンバーガー無料券を配布する場合、その分母となる「無料券をもらう為に購入するバーガー類」は間違いなく「ハンバーガー(100円)」だ。これでやっと「ハンバーガー2個で100円(つまり50%引き)」となる。だから無料券を使うときは無料券だけで「ハンバーガー1個下さい」といって、他の物は購入しない。
無料券をもらう為にビッグマック(340円)を購入すると、340円掛けて440円分の買い物をするだけだから、割引率は22%にしかならない。
まして、無料券の使える期間はすごく短いので、私の勝手な予想では約4割の券が使用されずに期限切れになる。ビッグマックの例では割引率は13%にしかならないのだ。
多くの経営者は客単価、客単価というが、基本は来店者数の向上だ。
無料券だって、元来、再来店を期待してのもの。
マクドナルドで「ハンバーガーが食べたい」(ビッグマックやフィレオフィッシュとかではなく、100円のハンバーガー)という人がどれだけいるだろうか?
ビッグマックが好きな人はビッグマックが好きなんだ。だから無料券を配布するなら「同じもの」の無料券、「同じもの」の半額券+ドリンク無料券を配る方が消費者としてウレしい。
ただし、ビッグマック+ドリンクだと多くの女性はおなか一杯になってしまい、「ご一緒にポテト」は買わなくなるかもしれない。 その辺は無料券、クーポン券の配布方法や利用方法限定(500円以上購入時、とか)にするとかの工夫、思い切って「100円券」とかにした方が良いと思う。
 「独自の価値を常に創造しなければ価格競争に向かうのは当たり前。日本企業は価格でなく価値で勝つ。すべての業界、政治のリーダーも、これを徹底しなければ日本は沈没する」。原田(マクドナルド社長)はそう断言する。⇒これは正しい。客が認めた客単価なら客はお金を払う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月 18, 2012

ボジョレー? ボージョレ? Beaujolais

2012年はマスコミ各社は「ボージョレ」と表現している感じ。

私はフランス語はわからないが、Beaujolaisに関するWikipediaの「カタカナ表記について」の項が私にとって理解しやすい。そこから言えば「ボジョレー」の方が現地での発音に近いのでは、と思う。
でも、サントリーのwebサイトでは日本で最初に紹介されたときはメディアはほとんど「ボジョレー」と呼んでいました。その影響でいまも「ボジョレー」が正しい名称と思っている方も多いようです。ただ、フランス語の発音に近いのは「ボージョレ」のため新聞やワインの輸入元では「ボージョレ」と呼ぶことが多く、一般的になりつつあります。
なんて書いてある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

発音はちょっとゆっくり、明瞭に

政治家(安倍晋三さんでさえ)で発音が不明瞭(最近は「滑舌が悪い」というようだが)な人は最悪だね。何を言っているかわかり辛い。
公明党の山口代表や野田総理は聞きやすいし、内容も比較的理路整然としている。福島さんはゆっくりとしゃべってくれるので単語としては聞きやすいが、内容が無い。
党首の皆さんの多くはほかの政党の批判ばかりしているし、自分の政党が掲げていることは現実離れしていて説得力が無い。

でも、もっと気になるのはNHKの解説委員とか「デスク」とか呼ばれているような人たちの発音がたいへん不明瞭なこと。特にラジオの場合は顔が見えないので発音が不明瞭なことは致命傷だ。
 文脈等から何を言っているかの想像はつくが、リスナーに「理解する努力」を求めてはいけない。リスナー側が努力を放棄したとたんに聞いてもらえなくなる。
意識すべきは「どういう人が聞いているか」というマーケティング。要するに聞いている人にわかりやすい「話し方」、明瞭な発音、聞きやすい速度は意識し、練習しないと身につかない。
学芸会でさえリハーサルをするのに、重要なプレゼンテーションや選挙の街頭演説になんの練習もせずに臨んでいる人が多すぎると思う。
アメリカの大統領選挙では原稿を効果的にしてくれる人や、プレゼンテーションを効果的に見せる方法をアドバイスしたり、念入りにリハーサルをしているのだ。
※TPPに参加すれば日本は丸裸にされてしまうけれども、参加しないと世界から置いてきぼりになってしまう。丸裸になっても皆(ほかの国の人たち)といっしょにいれば活路は開けるかもしれないが、置いてきぼりになってしまうともう生き返ることができなくなることまでは共産党も説明していない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月 16, 2012

2012年12月16日総選挙 政権交代は?

まぁ、シロウトと世間知らずの民主党政権にもあきれたけれど、お金がなければやっていけない自民党の人たちにまたやってもらおうとも思わない。

第三極とかいう話もあるが、もともと既存政党というよりはきちんとした枠の中での秩序を保てない人や、人のいう事を聞けないワンマンな人が作った小集団だから党首だけが目立っていて、他の人はほとんど存在感が無い。
そういう意味では議会制民主主義(政党政治)が崩れてしまっているとも言える。
これだけ政党があると「○○党の人だから」と投票するわけにもいかず。
結局は日頃こまめに駅前で演説していて顔を知っている人、とかになっちゃう。
ただ、橋下氏が言うように、葬式と結婚式に忙しい議員さんも定数が削減される時代では「いかにコツコツと民意をくみ上げ、政策に活かしているか、民意を国政で実現している人か」が決め手となるだろう。
有名だから、ということで票が取れる時代は終わりつつある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月 10, 2012

「えびフィレオ」150円! 2012年11/5 14:00~11/9 4:59まで 短すぎ

次回は早めに食べよう。「えびフィレオ」150円! 2012年11/5 14:00~11/9 4:59まで⇒短すぎ
他の限定もそんなものかもしれないけど、なんとなく期待感もあって、金曜日(11月9日)の夜に食べようと思って携帯のクーポンを見たらもうすでになかった。
ショック。
次回は早めに食べよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月 04, 2012

田中真紀子 非常識 被害者はかわいそうとしか言いようがない

2012年11月3日

3大学の新設の不認可。

大学が簡単に増えるのはよくないし、質が低下している大学があるのは当然。
そういった中で、時代を担う人材を育成する新しい教育を目指す大学、学部を新設しようと数年前から準備していたものを無にするのは、野田総理の任命責任だと思う。

まぁ、多くの方が私と同じ意見なので、これ以上はやめておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールかけはやめよう⇒その分を復興支援として寄付する勇気はないのか?

まぁ、タイトルがすべてを物語っているのだが。

2012年11月3日 読売巨人軍が日本一になり、ビールかけが行われた。

選手たちは何の疑問も持たないのか?
ビールは飲むものであって、捨てるものではない。ビールかけではビール2000本が使用されたというが、会場の準備、片付け、ユニフォーム類のクリーニング代、もろもろにいくらかかるのだろう?

パーティは盛大にやって頂くのは結構だが、「ムダ」につかうお金は復興に回して欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »