« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

7月 23, 2013

クローズアップ現代 参議院選挙 自民党

まぁ、今回の選挙はインターネット(特にツイッター)をマーケティングした自民党の選挙戦略に情報弱者がマインドコントロールされた、ということ。

おそらく、石破君や優秀な若手参謀が(ふんだんに予算を使って)仕掛けた「勝ち戦」だ。
デザートストーム作戦に似ていないともいえない。
もう少し好意的な言い方をすれば、ロンドンオリンピックでの女子バレーボール、だろう。
例えば、有権者(聴衆)よりも新しい情報をを発信してしまえば聞いている人たちは狼狽し、自分の持っている情報の古さ、弱さを認識し、より新しい情報を提供してくれる人を信頼してしまう。
結局は自民党は情報操作に成功し、それ以外の党は旧態依然の情報戦に負けた、ということだ。大企業と中小企業の違い、にも似ている。
ネット選挙に関しても政権を明け渡したその日から温めていた、準備をしていたのだろう。
また、今回の選挙で露呈したのは野党の質の低さ、理想の低さ、である。
自民党に対抗するには「非自民党」という塊で戦わないと勝てないのはわかっているのに、自分の事しか考えていない連中は、結果としては竹槍で負けてしまった。
 野党第一党、最大野党となるべき民主党は例のヘンな人の為に取れる議席まで失ってしまった。まず一議席とることが最優先課題だったはずなのに。
 しょせん民主党もシロウト集団だったのか。シャドウキャビネットって何だったんだ?
先ほど、大企業と中小企業と書いたが、その違いはただ単に資本金の多寡や従業員数の多少だけではない。一人一人の平均レベルが違うのだ。経営者の「平均的な」レベルも持っている理想も違う。
選挙は持論を演説したり、握手をする場所ではない。当選することが唯一の目的だ。選挙公約を守り、実現するのは、当選した人がやれば良い。
選挙戦とはそういうものだ。
(マーケティングと同じなんだけど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »