« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

9月 25, 2013

安倍首相 賃金増を図る企業を税制支援する考え

私が経営者だったら、海外移転して、リストラして、気に入った社員だけ賃金を上げて。

そもそも賃金を上げたらその分収益(税引き前利益)は減るから納税額は減る。
安倍ちゃんの考えは賃金が上がれば、その分消費に回り、消費税収入が増えるので、企業の方はちょっとくらい減税しても大丈夫、という、高度成長期の考えだ。
今の経営者はそんなに甘くない。そもそも法人税を支払っている企業がどのくらいいるのか。
また、世界一高賃金な日本のワーカーの給料を上げるなら、国際競争力は一気に下がる。
インフレというものは、貨幣価値が下がることであって、経済成長ではない。
そのあたりをよ~く考えて、庶民がその気になる政策を実行して欲しい。
頼むよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月 22, 2013

厳俊さん ありがとう

2013年の台風18号の後で大阪でおぼれている小学生を助けた厳俊さん、本当にありがとう。

あなたの勇気に感謝します。
この話で思い出すのはもう20年も前の事だが、私が勤めていた会社の北京駐在員事務所のスタッフの事だ。
 日本語も堪能で日本人からの信頼も厚かったのだが、ある日、故郷(たしか黒竜江省)に帰っていた時に、洪水でおぼれていた人を助けようとして帰らぬ人となってしまった。
今回は助かって本当に良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月 08, 2013

2020年東京オリンピック開催!

まぁ、莫大なお金をかけて招致したんだから、きっちりと経済効果を上げて欲しい。

気を使ってほしいのは、
1)東京に集中するお金、ビジネスを上手に地方と共有すること。
2)東京、東京周辺の中小企業の従業員に、インフレ以上の経済効果をもたらすような工夫をして欲しい。
その逆もあり、で、中小企業、地方の企業は待っていても東京のお金は回ってこない。
取りに行くしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月 02, 2013

さくら観光 SFT02便 新宿→仙台 なんと8時間30分

夜行バスの多くは23時台の出発で、それまでどうやって時間をツブすか悩みどころなのだが、東京(新宿)→仙台便にさくら観光のSFT02便というのがある。

新宿を21時20分に出発し、仙台に翌朝5時50分頃到着。なんと8時間半も掛るのだが、夜の9時半に出発してくれちゃうのはラクちんだ。
 だが、385Kmを8時間半、他のバスは福島に立ち寄らないにしても新宿→仙台を5時間半~6時間で走るのだから、何が違うのだろう、と思う。
 実際に乗ってみると、JR系のバスとは違い、すぐに消灯してしまい、スマホとかの使用がはばかられる。まぁ、ラジオでも聞くしかない。
 で、どんなルートでどんな走りをするか、というと、ルートは通常の「高速主体」。違いは「ひたすらゆっくり」「長めの休憩」ということになる。
 ゆっくり走ってくれるお蔭で、走行音が静かだ。すこしゆっくり寝られる感じ。
 JR東北バスと異なり、解放休憩(サービスエリアでの休憩時に車外に出ることができる)なので、ゆっくりとトイレに行ったり、顔を洗ったりすることもできるし、サービスエリアの「お茶サービス」を利用することもできる。(私はアツアツの玄米茶が好き)
 どうせやることが無いので、早めに乗車できて、仙台でも比較的ゆっくりと到着するこの便は私にとっては便利でリーズナブルな夜行バスである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »