« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

11月 19, 2014

第一次安倍内閣と同じ、「何もしないで投げ出してしまう解散」

ひどいねぇ。

「国民の信を問う」なんてかっこつけても、
・議員定数の話は無かったようなフリをする
・円安誘導で輸入物価上昇だけを招いた
・物価上昇=インフレと定義し、生活水準は増税分以上に悪化した
その他もろもろ。
アベノミクスは「できるはずがない(成功する要素が無い)」と最初から言っている私にとっては、根本的に国民をだましているし、だまされている国民にも責任の一部がある、と思っている。
過去2年間で国の借金はどれだけ増えたのか?
次の世代にどれだけツケを回せば気が済むのか?
これらは「失敗」ではなくて、犯罪、しかも過失ではなく、故意。
責任を取るつもりがある、と言っても辞任するだけでしょ。それは責任を取るのではなくて、責任を放棄するだけ。
本当に責任を取るなら、経済規模を拡大して、物価を安定させて、輸入品を安くする、ということだ。できないことを簡単に言うものではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月 14, 2014

安倍さん、論点をすり替えてはいけない

今度の解散は「アベノミクス失敗」なのに、「消費税増税を先送りするのは国民の総意だ」という論点のすり替えを行っている。

大義ではなくて論点のすり替え、だし、もっと言えば全責任を国民に押し付ける無責任内閣、だよね。
2年前、手詰まり状態だった野田政権に対し、劇場型振込み詐欺で国民を欺いた罪は重いよ。
今度は、
・増税先送り(=国際乱発の継続)は国民が望んでいること、と言い換え、
・万が一増税容認になったら景気対策はお構いなしで増税する。「だって国民が望んでいるのだから」
みんなも知っているように、消費税2ステップ増税と「セットになっていた」ものがあるはずだ。
それらには一切触れずに増税を先延ばしにするかしないか、で国民に信を問う、というのはあまりにも乱暴だし、「私は悪いことはやってません」的な発言。
治療方法無し。
かといって、今の野党には任せられないし・・・・  結局消去法でまた自民党?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月 10, 2014

低燃費で低価格

深田恭子さんのCM。

なんで彼女起用なのか、おそらく社内のそれなりの人が「好き」だからだと思うけど、30代半ばにまい進している彼女自体も立ち位置を見出せなくて苦労している姿が痛々しい。
で、耳に残る「低燃費で低価格~」だが、こればっかりは結構難しい路線。
低燃費で低価格なのは大変良いことなのだが、車というものは安ければよい、というものではないからだ。もちろん、基本的な走る、曲がる、止まる、という機能はちゃんと持っているのだが、「無いものが多すぎる」。
もともと車を持とうという人はそれなりに「楽をしよう」という気持ちがどこかにあるもので、「安いから我慢しよう」「安い分、自分でなにかしよう」とは思わない。
また、後付で自分の好みにカスタマイズしたとしても、中古車査定の時はそれらは加点されない。
一度、価格に惑わされて最低グレードのものを購入してしまうと、次に買うときは「もうちょっと良いグレードを」と思ってしまう。で、その時、多くの人が「他社」へと流れてしまう。
一度安いグレードを買ってしまって、次に買い替える時にもうちょっと良いグレードを探しても同じ会社の車だと(フルモデルチェンジしたとしても)すごく割高に見えてしまうからだ。
そのへんをスズキはつらい思いをしながら数年間耐えてきた。
だから昔からの軽自動車ファンは「やっぱり軽はスズキだね」となってしまう。
(日産の軽を買う人は軽と小型車の区別のつかない人だから「小型車と比べて安い」軽を買っちゃう)
ダイハツさん、頑張らないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »