« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

12月 30, 2014

経済対策と税制大綱

一言でいえば、バラ撒き、責任回避、何もわかっていない対策&ツケを後世に残す、最悪の施策。

地方交付税は、「使い道を限定しない」とあるが、言い換えれば「政府としてどう使ってよいかわからない」ということでもある。交付された自治体だって、公共事業に使うのは簡単だが、地元の経済の活性化させる策は無い。
贈与税の関係は、ほとんど効果が無い。お金を持っている人は既にそんなことはやっているし、ちょっとお金を持っている人は自分の老後のためにしかお金を使わない。
大企業向けの法人税の実効税率を下げる件に関しても、多くの(グローバルな)企業は既に海外移転をしており、日本国内での効果は薄い。
リーマンからの回復以降で明らかなように、多くの企業は税金が減れば内部留保を大きくするだけ。これを取り崩す施策が無い。
安倍さんは給与が上がっていると言うが、多くの企業においては「今まで本当は上げても良い若い中間層の給与をやっと少し上げただけ」。
中高年は昇格停止や関連企業への出向、転籍により給与は減っている。
就業者数にしても、正規雇用者は減り続け、非正規が増え続けている。
安倍さんは自分に都合の良い数字しか言わないが、実態は惨憺たるものであり、多くの庶民が「アベノミクスの効果が感じられない」と言うのは正直なところだ。
今後どうすべきかと言えば、外国人観光客に頼るしかない。
それと、「住宅ローン減税」を中古住宅にも拡大すべきだ。
人口が減少し続ける中で、空き家がどんどん増えている。
これらを上手に活用し、若い世代にお金を使ってもらうにはこれら空き家に人を住まわせ、住宅地を活性化させることも大切だが、こういった庶民感覚の対策がなにもされていないところが、昭和のアタマで考えただけのアベノミクスだ。
以前から言っているが、アベノミクスは単なる錬金術であり、詭弁である。
明確な、誰にでもわかる成長戦略を示さないまま、庶民をだまし続けるのは早くやめてほしい。
それと、巨額の借金の返済を将来にまわしていることに対する明確な回答は無いのも問題だ。「その頃は政権を担っていない」とでもいうつもりなのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月 22, 2014

新型アルト! 買うならX?

出ましたねぇ、リッター37Km!

買うなら?、
毎日乗る人はXが良いでしょう。
2WDか4WDか、というのですが、個人的には2WDで、冬場はスタッドレス、
念のために非金属チェーン。
個人的には軽自動車に100万円以上掛けるのは?と思うので、「通勤には使わないけど週のうちに数日乗る、というひとはLでレーダーサポート付き。
あまり乗らないし、3人以上はまず乗らない、自分の好きな車に仕立てたい、という人はアルトバン、という手もある。色は白しかないけど、痛車にしてもいいし、ピンストライプを貼ったり、ルーフを塗ったりして遊ぶ手もある。
アイドルストップはもちろん手動。AGSも面白そうだ。
レーダーブレーキサポートがプラス13万円かぁ。でもESPもついているから、あまり運転しない人にもありがたい装備だと思う。というか、AGS付きだからお買い得かもしれない。
毎日乗るわけではないから燃費に神経質になることもない。高燃費モデルでも高速では燃費は悪くなる。80Km/hくらいでゆったり走るか、AGSを活かして一般道を気軽に走れば良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月 15, 2014

海江田さん、ご苦労様。岡田さん、野田さん、枝野さん、頑張って

私の信条の一つが「合理的」だ。

スポックの影響を受けている。
だから期待値が4割程度の宝くじは買わない。
2014年12月14日の衆議院議員総選挙はひどかった。
それと、選挙民(有権者)が「もう少し合理的に考え、行動したら」と思った。
大臣を辞任せざるを得なくなった人が、なんの説明もなくまた当選してしまった。本来ならば政治資金規制法違反で逮捕されているかもしれない人が。
それを許してしまう地元民。
安倍さんは自分の都合のよいことしか言わない。
都合の悪「事実、不都合な真実は「そんなことは存在しない」かのように振る舞う。
それが政治家家系のやることなのか?
たしかに自民党で代々やっている人たちはそういう感じの人が多いような気がする。
(※野党にはあまり代々やっている人がいないのも事実)
でも、そんな庶民感覚の無い人の「当たり前」の感覚で政治をやられては困るんだ。
ディベートが成り立たないだろう?
日本人はディベートが下手だ。
日本の政治家は「ディベートが上手なひとたちと、下手な人たち」に分かれる。
(勝手に中略)
今回の選挙の将来縮図が沖縄県だ。
(中略)
アベノミクスには期待している。方向性は間違いない。
ただ、私がアベノミクスが「できもしないこと」と言っているのは、第三の矢がいつまでたっても出てこないからだ。
何をどうしたら「成長」するのか。
それは給与レベルを国際水準まで下げて(もちろん物価も)、そのうえで世界の中で付加価値を作ること、しかない。
水は低いところから高いところへは流れない。
地方創生と言っても、人がいないところではお金は回らない。
地方にあるのは限界集落と耕作放棄地、手入れができなくなった山林等々。
東日本大震災の被災地では、資材高騰、人件費高騰で復興が進んでいない。
要するに「需給のアンバランス」だ。
もっとマンパワーの流動性を高めれば地方でお金を生むことはできると思う。
だが、人口減少、高齢化の中で、高齢者のみならず、高齢者ビジネスも含めて大都市に人物カネが集中してしまう。
石破さん、ここにメスを入れようよ。
2年後、2016年年末頃にはアベノミクスがバブルであり、錬金術であったことに人々が気付くであろう。そして、取り返しのつかないほどの人が捨てられていくのだ。
そういうことにならないように安倍さんに頼るのではなく、自分で冷静に物事を考え、見極め、手を打つしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月 14, 2014

もうすぐ二十歳の娘が保険を契約

二十歳を前に、娘が終身保険の契約をしました。

契約者である私(父親)は保険会社の職員(外交員)の方の話を聞いてそれなりに内容を把握していたつもりですが、娘は娘で自分の気になる疾病に対して保険金が下りるオプションを追加したり、年齢的にまだあまり必要でなさそうなオプションはカットしたりして、自分なりの設計をしていました。同席した妻も納得していたようでした。
娘の成長を実感した一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »