« 2015年3月 | トップページ | 2015年6月 »

5月 06, 2015

HUAWEI MEDIAPAD X2 到着しました (Android 6.0になりました)

※いつも関心を持ってくれてありがとうございます。

2016年6月22日頃にAndroid 6.0に更新されました。

そこそこの性能で通話もできる7インチタブレットを探してました。

で、目についたのがHUAWEI MEDIAPAD X1。
ただし、既に海外ではX2が発売になっているし、X1はややもっさりする、とのクチコミもあり、どうせならロリポップ(Android 5.x)が欲しい、というか、これから買うならロリポップでしょ、ということで、海外通販で約5万円でゲットしました。
連休等ありましたが、約1週間で到着。到着したモデルは(Model: GEM-703L)
あけてみると、中身が中華PAD。 簡体字がデフォルトなので、中国(大陸)用?
さっそく、中国関連のプリインストールアプリを削除、GoogleIME等をインストール。
bmobileのSIMを入れ、APNを設定してOK。
このSIMはデフォルトではLTE(4G)サポートだが、3GBまでの量なので、とりあえずモバイルでは3G運用にしてみた(3GがLTEじゃない方の3Gなのかデータ量の3GBなのかヤヤこしい)
(ショートカットで「4Gを使わない」をワンタッチで選ぶことができる)
しかしまぁ、サクサク動いてくれてうれしい。やはりRAMが3Gだからか(これもまた3Gかぶり)。
新品ではあるが、ディスプレイに保護フィルムのようなものが貼ってある。
工場出荷仕様なのか、出荷業者が貼ってくれちゃったのか(それにしてはきれいに貼ってある)
電池のモチは良い感じです。
今度Quick Charge 2.0対応のモバイルバッテリーが来ますので、それで高速充電できるか試してみます。
2015年5月13日  片道130Km、往復260Kmのドライブに使用。(一般道優先:片道3時間半)  ルートとしては幹線道路メインだったので、車載のカーナビとルーティングはほぼ変わらず。ただし、一か所、車載機のルートとは違う迂回路を指示された。結果はよくわからず。(迂回したルートはたしかに渋滞はほとんどなかったが、かなり大回りしたので。帰りは迂回せず:たしかに渋滞しそうなルートでした。。。)
ナビの描画もダレることなく、自社周辺の細い道を表示していました。
バッテリーは2時間で80%から60%程度になったので、その後は充電しながら使用しました。
時々直射日光が当たる環境でしたが、充電しながらでも本体温度は45度程度までしか上がっていません。細かく見るとちょっと充電してから充電を止め、様子を見てから(温度?)また充電をしながら次第に満充電に近づいていく、という感じです。途中でディスプレイの輝度が下がる、ということもありませんでした。
Hisilicon Kirin 930 Octa Coreは発熱が少ないのかもしれません。
充電時間:
使用を続け、残が6%になったところから、「STYLED 10400mAh Quick Charge2.0/急速充電2対応 大容量モバイルバッテリー 両面挿しUSBポート搭載 2ポート合計2.4A 急速充」で充電専用ケーブルを使用して充電してみました。
カタログスペック通り、約3時間半で満充電となりました。
Battery Mixのグラフを見て気づいたのは、カーナビや地図アプリのように負荷の掛かる作業をしながらの充電では本体温度が45度になると充電を止めて発熱を抑え、44度に下がると再度充電を行い、結果として充電されていく、という感じです。
モバイルバッテリーの方は、最大出力を出していた感じですが、3.6V⇒5Vの昇圧時のロスが多いのか、5000mAhのMediaPadを充電すると、モバイルバッテリーの残量はほとんどなくなってしまいました。
モバイルバッテリーはまだ1回しか充電したことが無いので、きちんと目覚めていないのかもしれません。
5/30
最近、バッテリーは長持ちしてます。
ホームアプリを変えようと思ったのですが、簡単にオリジナルに戻っちゃいます。
壁紙だけ変更後のものになるので、「変わった」と思っても、レイアウトやウィジェットがオリジナルのままです。
WidgetHome ランチャーでやってみてもダメでした。
結構、中華APK強力です。
6/2
docomoの夏モデルを手にする人も増えつつありますが、snapdragon 810の潜在的(顕在的?)問題が明らかになりつつあります。バッテリー消費とそれと二律背反の発熱問題。二律背反というか、避けて通れないというか。
 一方でこのMedia Pad X2 (私のは中華仕様のhonor見たいですけど)に搭載されている Highsilicon Kirin 930は熱とは無関係と言っていいくらい「熱く」はならないです。もちろん、カーナビ等、厳しい環境下で充電しながら使用すると熱くはなるのですが、前述のように45度くらいで温度上昇はストップします。明らかに何かを制御していると思われますが、画面が暗くなるでもなし・・・ 
CPUが45度ということは、ケースの外から触ると「温かい(高めの温かい)」くらいです。
中華パッドではありますが、このCPUとその制御は秀逸です。
6/3  ベンチマーク
AnTuTu 64ビット用でやってみました。 47000~47200くらいです。
Huaweiの発表会のときは44000以上とか言っていたみたいです。
その後、端末に最初からインストールされている「端末マネージャー」なるアプリで不要なキャッシュを削除したり「最適化したり」して再計測したら48774を記録しました。
その後、再起動して再計測すると47350。???
で、そのまままた最適化して計測するとなんと48953。
電源コードを外し、バッテリーだけで更に計測すると49530!
だんだん最適化してきた?
で、調子に乗って、挿入していたmicroSDHCカード(class10 32GB)を抜いて計測してみたらなんと49020!!! あれ?
気を取り直してもう一度端末マネージャーで最適化して計測すると49684。
50000が見えてきましたが、まぁこのくらいにしておきます。
いつものようにアップデートを確認していると、新しいのが来てました。
GEM-703LV100R001C233B12
で、早速インストールしてまたベンチマークを取ってみると、49033でした。
6/6  対応バンド
2チャンネル等ではMedia Pad x2日本発売に際し、FOMAプラスエリアでの対応を期待されている方が居るようです。私は詳しくないのですが、UMTS: band6のことを指しているのであれば残念ながら対応していません。
http://consumer.huawei.com/en/tablets/tech-specs/mediapad-x2.htm
のスペックによると、UMTSでの対応バンドは1・2・5・8となっています。
6/10 (11日になっちゃったけど)
ホームのアプリは変えられるようです。
設定⇒アプリを管理⇒アプリの一覧ではなく、一番下の「デフォルトアプリの設定」⇒ランチャー
で変更できました。当たり前?

6/16
ランチャーの件ですが、ZEAMランチャーとは相性が良くないようで、「不具合が発生したので云々」という文言が出て強制的にオリジナルに戻ることがしばしば。
オリジナルもそれほど嫌いではないので(慣れた?)、オリジナルを使います。ZEAMはアンインストールします。
6/17
どうもHUAEI JAPANはMEDIA PAD X2ではなくて、Ascend P8 max を日本国内に投入するようですね。こちらが6.8インチなので、MEDIA PAD はMediaPad m2 8.0という、音声無しの8インチタブレットとして登場しそうです。(発売は2015年8月中旬以降)
位置づけが難しいですね。Ascend P8 じゃなくてHUAWEI P8maxはスマホとしてはデカい。Kirin 935がどの程度魅力を発揮できるか?
恐らく、近年まれにみるマーケティングミス。 MediaPad X2を出せばそれなりに売れると思うけど、多くの人の期待を裏切ってしまったようだ。残念。
ちなみにHUAWEI P8liteはスペック的に魅力無しZenfone 2ほど魅力は無いと思う。せっかく素晴らしいスピーカーを準備しても、日本ではイヤホンが多いしね。
そういえば私のMediaPad X2 (honor?)は2日半経過したけどまだバッテリー50%残ってます。使い方にもよるけどね。

6/25
仕事でシンガポールに来ています。
シンガポールでは7-イレブンでも販売している「Hi!tourist」という15シンガポールドル(約1400円)のSIMカードを入れました。
http://info.singtel.com/personal/phones-plans/mobile/prepaid/hitouristsimcards
期間限定ですがなんと5日間で100G も使えます。(使用を開始した日を1日目と数えます。何時から、ではありません)
単体で速度を測ると、32ms 72.89Mbps  21.24Mbps(スピードテスト、の結果)と、日本国内のLTEよりも早いくらい。
で、全期間、本機からテザリングでPCや携帯電話も快適です。
ただし、テザリングの場合は 48ms  35.5Mbps  9.31Mbps と少々遅くなりますが、それでも十分な速度。(時間帯により異なるようです)
MediaPad X2はズボンの後ろのポケットにも入るので、移動中に地図を調べたり、行き方を調べたりで、大活躍でした。
 
8月4日
シンガポールでは水を得た魚のようにバリバリ動いてくれていたMediapad x2 (honor 2)君だあるが、住んでいるところのLTE環境があまりよろしくないようで、家では「遅い」です。

Model: GEM-703L

GSM: band 2/3/5/8

UMTS: band 1/2/5/8

TD-SCDMA: band 34/39

LTE-TDD: band 38/39/40/41

LTE-FDD: band 1/3/7

Wi-Fi: 2.4 GHz/5GHz

なのですが、 なにがいまひとつなのかよくわかりません。

 

8月28日

別の「家」です。同じSIMですが、上り下りとも13MBPS以上。やはりSIMの問題ではなく、LTEネットワークの問題のようでした。

本日はアップデートが来ました。アンドロイド5.1.1になりました。

相変わらず中華アプリ満載(削除不可が多い)だけど、RAMが3GBあるのでけっこう余裕。

アプリによっては音声認識が全く機能しないものもある。

AliExpressでの購入ですけど、私はGEM-703Lだったけど、最近は702Lを購入された方(しかも安価で)もおられるようだ。

ベンチマークは45865

低くなった感じもするが、今回は通常使用するアプリもインストールしたままなので、以前の50000近いスコアと単純に比較することはできない。あくまでも参考値。

10月14日

結局、日本の格安SIMはLTEとか言っても高速では無い、ということ。ストレスが溜まる。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年6月 »