« 2015年8月 | トップページ | 2016年3月 »

1月 31, 2016

HP 15-af100 ベーシック・フルHD 価格.com限定モデル SSD換装&メモリ増設

HP 15-af100 ベーシック・フルHD 価格.com限定モデル
http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000835945/#tab
http://h50146.www5.hp.com/directplus/personal/notebooks/hp15_af100_new/kakaku.html?jumpid=af_a52x94qhg3&sisearchengine=130&siproduct=kakaku&sisearchengine=130&siproduct=kakaku
http://h50146.www5.hp.com/lib/jp/ja/products/portables/personal/spec_pdf/hp15_af100_new.pdf
が安く、安いパソコンを探していたので、買おうと思ったら、あっという間に34020円から37260円になってしまった。
安いパソコンで、フルHDを探していた。
2016年1月15日に注文したが、あいにく金曜日の夜だったので、正式受注は1月18日。
実際に届いたのは27日だった。
購入検討時点で250GB程度のSSDに換装し、できれば8MBのメモリを搭載したいと考えていた。
購入時のオプションはリカバリーメディア。これ、HDDにリカバリメディアがあるので自分で作ることも可能だが、結構面倒くさい。PC購入直後はいろいろとやることが多く、一段落するとリッカバリメディアを作る気力も失せるので、4000くらい。ほんたいと合計で税込43750。まぁ、よしとしよう。
SSDは crucial(クルーシャル) の BX200 CT240BX200SSD1 をアマゾンで。
27、28はちょっと忙しかったので、29日にSSDを準備して開梱。
まぁ、ここまで合理化できるんだな、という見本のように簡素な梱包。物流費低減にも貢献している感じ。
早速裏返して本体ウラ側のネジをまず10本外す。次に本体のいわゆる「殻割り」。
本体上部(キーボードのある白い部分)と底部(黒い部分)を外す作業。昔のノートPCはネジを外すとわりと簡単に分離できたのだが、最近のはツメでかみ合っていて、そのツメが見えないところにあるので、少々コツが要る。
プラスチックの成形技術も高く、隙間も少ない。
今回は不要になったクレジットカードの隅の部分をカッターで斜めにそぎ落とし、薄いカードのクサビのような格好にして、目立ちにくい部分に滑り込ませる。
ZENFoneの裏蓋って外したことがありますかね?
ツメ(だと爪が傷つくのでクレジットカードの様な物が良い)を隙間に入れて隙間を空けるように隙間のところをスライドさせていくとツメがカッカッと外れていく感じ。あんな感じで本体内部の配線を切ったり、内部のツメが折れないように気を付けながらカードを差し込んで、どちら側にこじ開けたら爪が外れやすいか様子を見ながっら全体に外していく。
が、ディスプレイのヒンジ近くで「これ以上外れない」状態になった。
ムリは禁物。
よくよく調べると、ヒンジの下の部分にゴムの足があって、それをめくるとネジが隠れていた。 で、それを外すと、意外と簡単に本体と底部が分離しかけた。
「しかけた」というのは、DVDドライブが本体と底部との間に知恵の輪のようにセットされているから。
DVDドライブのトレイ部の穴に細いピンのようなものを差し込んでトレイを開けて、本体と底部を少し開いた状態でDVDドライブを丁寧に引き抜くと本体と底部は分離する。
分離後は取り外したDVDを本体にセットしてみて、その取つき方を研究しておくと、組立時に手こずらなくて済む。
HDDをSSDに簡単。 HDDのマウントを外して、SATAのコネクタを外し、HDDのマウントをSSDに付け替えて、SATAのコネクタを取り付けてマウントごとメジ止めして終わり。
このとき、メモリスロットが空いているので、メモリ増設されたい方はこのときついでにやってしまうのが良い。規格は PC3-12800(DDR3-1600) SO-DIMM 4GB (ただし、仕様上1333MHzで作動)。実際についていたのはサムスンのものだったので、まぁ、どれでも同じとは思うが念のためサムスンのものを購入し増設した。(本当に増設したのはOSやアプリ等をインストールしたりWindowsをアップデートしたりした後だが、まぁ、そういうやり方で)
SSDはフォーマット不要。
リカバリメディアをドライブに挿入してから電源投入。あとは画面の指示に従う。
今回はリカバリメディア(DVD)は全部で3枚。3枚目のSupplement Discも指示通りテンポ良く挿入しないとDVDを読み込まない時がある(私の1回目のインストール時にそうなってしまった)。
画面の指示は「サプリメントディスク」とカタカナだったのに、オプションで購入したディスクには「Supplement Disc」と書いてあったので、確認しているうちにタイムアウトになったようだった。
で、まぁ、OSのインストール、セットアップ等は画面の指示に従いながら小一時間で終了した感じなのだがそれに引き続きアプリヤドライバ等、つまりサプリメントディスクに入っているものを延々とインストールする。何度も再起動する。私は寝てしまったので実際に何時間かかったか不明。翌朝終わっていた。
だから、後からSSDに換装しようとする人は現在使用しているHDDのクローンを作るやり方の方をお勧めする。
リカバリメディアから「クリーンインストール」してもリカバリ領域が作成される。不要と思う人は領域を削除してCドライブの容量に足してしまえばよい。もちろんSSDなのでリカバリする時もそれほど時間は掛からないと思うけど、めったにやらないことだし、本機はDVDドライブ付きなのでDVDのリカバリメディアからやってもそれほど手間でもない。
メモリは増設してみたけれど、まぁオリジナルの4Gでも十分だと思う。
SSDにしたので、スワップを避けたい人ならメモリを増設したうえで「ページファイル無し」に設定すれば良いだろう。
で、皆さんの興味のある速度はといえば、まだメンテナンスが落ち着いていないので何とも言えないが、まぁ「遅い」部類だ。
オフィスソフトとか動かさない方がよさそうだが、動画はハードウェアがわで再生支援するようで、ストレスは無い。
ウェブブラウジングもサクサクとはいかないが、15.5インチのフルHD非光沢ディスプレイは見やすい。情報量も多い。
性能を理解し、用途を限定すればお買い得なモデルと言えるであろう。
HDDの状態を知らないからなんとも言えないが、9000円くらいを出す価値はあるのでは?
私のお勧めは、
・250GB程度のSSDへの換装
・リカバリメディアは自分で作った方が安上がり
・メモリ増設はしなくても良い(コストパフォーマンス的に。)
SSDの価格分だけ高いCPU(i3とか)のマシンが魅力的だが、結局SSDと言う話になり、イタチごっこになるので、5万円以下のSSD、フルHDディスプレイモデル、と割り切るしかないだろう。
読みにくくてごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月 12, 2016

新千歳空港のお店

新千歳空港は北の国際玄関だけあって色々と充実しているが、空港売店の御多分に漏れず、コストパフォーマンスが悪い。
ローソン、吉野家等の場所はわざとわかりにくくしているようだ。
ラーメン工場も行列しているところもあるけど、あまり大したことは無い。
本当にラーメン好き、というか、皆で北海道のラーメンを皆に食べてもらおう、という気持ちが伝わらない。
マーケティングが出来ていない、と言っても良かろう。
個人的には埼玉の「味噌屋 門左衛門」のラーメンの方がまだうまい。
まぁ、ラーメンは個人差の大きな商品なのでこのくらいにしておこうか。
それらの中で、ラーメンと海鮮にこだわらなければフードコートにある「あさひ川 井泉」のかつ丼がコストパフォーマンス良し。
(本家の方はそれなり良いお値段のようですが・・・)
フードコート内ならばイチ推し、です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶏よ魚よ 札幌駅 ザンギ定食398円

札幌に出張に来ました。

せっかく札幌に来たので、ラーメンか海鮮を食べたいのですが。
ラーメンは800円以上。それも私が食べたい八丁味噌の混ざったひき肉と野菜炒めがトッピングされた味噌ラーメンは最近は見当たらない。
(そもそも東京ほど競争が激しくないせいか、味に進化が感じられない・・・)
海鮮ものはバカ高いか量が少ないか。
色々調べたところ、さっぽろ朝市の丼兵衛の500円の「海鮮バラちらし丼(数量限定)」に行こうと思ったら13時で閉店とのことであきらめ。
札幌駅まで戻ってきていろいろ探したけど、表題のザンギ定食は安くてうまかった!
(ちょっと贅沢して+100円でトン汁にしましたけど、しなくても十分でした)
なおかつご飯お代わり自由。
頑張ってから揚げ1個でごはん1杯食べれば・・・5杯も食べられます。
更に、この店は「昼飲み」としょうして、「ドリンク半額」。生ビールも
「ヱビス」か「クラッシック(札幌ではこちらが定番のようです)」選べて税別249円!
(ヱビスは半額で300円でした)  でも350ML~400mlはあったような気がしますけど。
トン汁から揚げ定食食べて小ジョッキ飲んで1000円でお釣りが来るんですよ!
1時過ぎでも15分くらい待ちましたけど。この安さなら海鮮やラーメンよりもコストパフォーマンス良いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2016年3月 »