« 2016年10月 | トップページ | 2017年1月 »

11月 06, 2016

YAMAHA PAS CITY L8 (2011年5月) 約1万キロで後輪タイヤ交換

2011年の震災直後に発注したYAMAHA PAS CITY L8。最初の年は約2500Km走行し、その後、走行パターンが変化し(通常乗る経路が変わった)、サイクルメーターも接触不良や電池切れ等で、もはや正確な延べ走行距離はよくわからないが、おそらく5年半で1万キロ走行したのでは、と推測する。

先日、平たん路をゆっくり走っていると、「ゴト、ゴト」という定期的なショックが。
ロードノイズかと思って道路を見ても継ぎ目等も無い。
改めてタイヤをよく見てみると、後輪の一部が膨れている。
Dsc_0681a
後でわかったのだが、タイヤが摩耗し、その部分が弱くなって、タイヤの基本的な構造が保てなくなっていたようだ。
PASのホームページでは部品番号を調べることができ、さっそくアマゾンで注文。
送料込みで4500円程(チューブ込み:チューブには28 3/8なんて書いてあったけど、結果としてこの271/2のホイールにぴったり)。高圧タイヤなので致し方ないか。
で、適当に後輪を外し(結果的には後輪全体を自転車から取り外してタイヤとチューブを交換した)
前回は指定の4.5(気圧?)より高めに空気を入れたが、今回はバーストが怖いので、指定のちょっと上程度にしておいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2017年1月 »